タグ:木の家 ( 101 ) タグの人気記事

永池の家着工します。

姶良市永池町で着工します。
当社姶良モデルⅢの川向うに御夫婦と2人のお子さんのための家です。
e0273217_18283457.jpg
100坪という広々敷地に平屋建てにびおソーラー搭載します。
五月の連休の合間に地鎮祭を執り行いました。
無事の完成を願い土地の神様に願います。
e0273217_18251516.jpg
e0273217_18251387.jpg
e0273217_18251467.jpg

永池町という土地名から地耐力を心配しましたが、表層よりすぐ下にN値5tという強い地盤が
ありホッとしました。
e0273217_18283376.jpg

今回はフラット35Sの金利Aタイプ利用ということで温熱等級5をクリアします。
まずは、外皮等の面積や熱還流率などから1次エネルギー消費量を計算します。
木楽な家は標準仕様のままで軽々クリアしましたよ。
これで耐震等級3、耐風等級2、温熱等級5と全て最高等級です。

全ての許可がおり建築スタートです。
それでは、また。

by kirakunaie | 2018-05-12 18:31 | 姶良永池の家 | Comments(0)

【末吉の家・・・外壁の隙間の秘密】

e0273217_08145713.jpg

末吉の家
外壁にラス板と呼ばれる板を取り付け完了しています。

この板の隙間を今日はレポートしますね。

板の上には、セメント+砂+水を混ぜた【モルタル】を塗るので
完成したら見えなくなる部分ですが、
この隙間に快適に暮らす秘密があります。

完成した外壁はモルタルに塗装するのですが、
夏の強烈な日差しを受けます。

そうなると外壁は熱くなり、その熱が家の中に入ってくるのです、
あなたも夏の夜に、熱がジワジワ出てきて寝苦しい思いをした事ないですか?

そうならないための工夫の一つが、
壁の後ろに【空気が流れる隙間】を作るという事です。

e0273217_08145809.jpg
熱い空気は上に上がる性質を持っています、
大きなバルーンも空気を暖めて上に上がろうとする空気を
集めて飛べるのもその性質のためです。

外壁のモルタルの後ろに隠れている
板と板のこの隙間を作る事で熱くなった空気を上に逃がしていくのです。

e0273217_08145865.jpg

上にきた空気はこの隙間から一番上に取り付けた木の裏に入っていくのです

e0273217_08145861.jpg
最後はこの隙間から外へ排出されます。



夏外壁が熱くなるのは避けられません、
熱くなった外壁の後ろで暖められた空気を逃す事で
外壁の熱が家に伝わりにくくしているんですね。

木楽な家には快適に暮らす為の工夫がちりばめられています、
次回は室内の湿度対策をレポートしますね。

それだはまた。







by kirakunaie | 2018-05-02 11:22 | 末吉の家 | Comments(0)

【末吉の家・・・外壁の秘密?】

e0273217_08145730.jpg

末吉の家・・・外壁工事も進んでいますよ

外壁にはモルタルを塗ります、
モルタルとは、セメント+砂+水を混ぜて作るんですよ。

一般の方がセメントを塗ると良くいいますが、
実はセメントは材料の名前。

正式にはモルタルといいます。


e0273217_08145797.jpg

そんなモルタルを塗る下地ですが、
板を斜めに取り付けています。

なぜなら地震や強風など横から押される力を
家全体で耐えるためです。

あなたも横から押されたら
足を広げて押し返して耐えますよね?
私も一緒です。

実は家も同じです。
足を広げて三角を作るように、
モルタルの下に貼る板も斜めに貼る事で
小さな三角を作る事で、横からの力に
家全体で耐えるのです。

見えなくなる部分ですが、木楽な家には
安心して暮らせるこのような工夫が
沢山あります。

次回は板の隙間の秘密をレポートしますね、
それではまた。






by kirakunaie | 2018-05-02 11:19 | 末吉の家 | Comments(0)

【末吉の家・・・コーディネートの打ち合わせしました】

e0273217_09405377.jpg
末吉の家 第一回カラーコーディネートの
打ち合わせを行いました。

木楽な家では、専属のコーディネーターと
一緒に色を選定していきます。

なぜなら壁や木部の塗装などバラバラで決めていくと
完成した時にチグハグなイメージの家になるからです。

色もオーケストラと一緒です、
一つ一つではなく、全体でコーディネートしないと、
バラバラになるのです。

あなたも街でいいな?と感じる家があると思いますが、
何か統一感があったり、色のコンセプトがあったりしていませんか?

色で家のイメージは大きく変わります、
その為 コーディネーターと一緒に選んでいくんですね!


e0273217_09405308.jpg
今回は初回だったので、外壁のイメージのヒヤリングを行いました、
どんな色が好きなのか? どんな色がいいなと感じるのか?
薄い色? 濃い色?

そんな事を会話の中から引き出して
次回 色サンプルを数種類準備して提案します。

他にもトイレの色や浴室の色など決めていきますよ。
家造りでワクワクする時間ですね。

それではまた


by kirakunaie | 2018-03-26 23:58 | 末吉の家 | Comments(0)

【末吉の家・・・快適に暮らすために屋根にする2つの秘密】

e0273217_10273437.jpg

【末吉の家】

今日は前回の最後に少しだけお伝えした
防水シートを含めた屋根の秘密をレポートしますね。

快適に暮らす為、
屋根には2つ熱対策をしています。

あなたも夏 屋根から熱気がムンムン出てきて
夜暑いなと感じた経験や、
暖かい季節に家に帰ってきて、
家の中がモア~と感じた事は無いですか?

これは太陽の熱が屋根や壁を暖めて屋根、壁そのものを
熱くしているのですが、熱を反射させる事で
暑くなる事を抑える事ができるんですよ。


e0273217_10265944.jpg
その秘密は屋根に使っている遮熱のルーフィングと
呼ばれる防水性のあるシート。

このシートは表面にアルミを蒸着して赤外線を
反射させる効果があるんですね。

防水という屋根の大切な働きに、
「遮熱=熱を遮断する」という効果を加えたシートなのです。

これで家の中に入る熱を少なくして
います。


もう一つは「暑い空気を抜く」という事です。
先ほどのシートを貼った後には木材を取り付けます。

e0273217_10265969.jpg

40センチ間隔で取り付けられたこの木材には
大切な役割があります。

e0273217_10265970.jpg


瓦は夏すごく熱くなります、
その熱くなった瓦がそのまま屋根に載っていたら
その熱で家が暑くなるのです。

なんとなくイメージできますね。


そうならない為にこの木材を取り付けます。
瓦の下に隙間を作って、瓦下の暖められた空気が
溜っていると家が暑くなります。

そうならないように、熱くなった空気が
流れるように空気の通り道を作るのです。

暖められた空気は屋根の一番高い場所から抜けるように
工夫しています。

この3センチの隙間が大切なのですね。

それではまた。







by kirakunaie | 2018-03-08 10:23 | 末吉の家 | Comments(0)

【末吉の家・・・建方2日目】

e0273217_17201446.jpg


末吉の家 建方(たてかた) 2日目の様子をレポートしますね!

初日に柱や梁などの構造体は組立ていたので、
アコースティックパネルから取り付けます。

e0273217_17212699.jpg

木を格子に組んだアコースティックパネル
実は節がほとんどない材料を選んで
組み立ているんです。

材料を購入する前に、木材市場の市場長が沢山入ってくる材料から
厳選してくれているんですね!
もちろん、節有りより高価です。
このアコースティックパネルに使える材料の割合は、
約3割です、とっても少ないですね。

現場とは関係ない人の手を経て
取り付けられています、みなさんも見る機会があったら
そんな想いを経たアコースティックパネルにも注目してみて下さい。


e0273217_17203423.jpg
一瞬だけ見れるアコースティックパネルの隙間から見える空はとっても綺麗です。



e0273217_17215304.jpg


次は断熱材を入れます。
北海道産の断熱材です。

使っているのは「木の繊維断熱材」
北海道の間伐材などを原料に造られたエコな断熱材です。

なぜこれを使っているかというと、
湿度を調整してくれるのです。

壁にも入れますので、梅雨時期などは屋根+壁全体で湿気を吸って、
乾燥時期には湿気を吐き出して調整してくれます。

実は先に取り付けたアコースティックパネルの隙間は、
湿気をこの木の繊維断熱材に吸わせたり、吐いたりさせるために
空けているんですね。

ピアノの鍵盤のように隙間を開けて
規則的に並んでいることから「アコースティックパネル」
というのです。

この隙間と木の繊維断熱材のおかげで、
梅雨時期でも家の中は【サラッ】っとしています。
快適に暮らすには必要な断熱材です。


e0273217_17205559.jpg

断熱材を入れた後は、ネダノンという厚さが2.8センチもある合板を敷き詰めて


e0273217_17211709.jpg


防水シートを貼って建て方は終わります。

またこの防水シートは詳しくレポートしますね!
それではまた。


by kirakunaie | 2018-02-27 17:55 | 末吉の家 | Comments(0)

【末吉の家・・建方開始】

e0273217_11380138.jpg

末吉の家・・・建方が始まりましたよ、
普段はそれぞれ別の家を造っている大工さんたちが
この日だけは集まってみんなで造っていきます。

今回も8人の大工で建てました。



e0273217_11382971.jpg
e0273217_11384620.jpg

柱を建てたら、厚さ3cmの板を入れていきます。
柱に溝を作ってくるのはこの板を入れるためなんですね!!

この厚さ3㎝板は何の為に入れているかというと、
台風や地震の時など横からの力で家が倒れないようにしているのです。

今造っている家は耐震等級3の家
最高ランクの強さを持った家です。


e0273217_11381436.jpg

末吉の家では1・2階合わせて
26ヶ所この板をいれました。

【住む人の命を守る】

デザインなども大切ですが、一番大切な目的のために
万全の対策をしているのです。


e0273217_11392036.jpg

初日は2階の屋根の骨組まで組み立てました、
2日目はいつものアコースティックパネルや断熱材を入れていきます。

その様子はまたレポートしますね、
それではまた。






by kirakunaie | 2018-02-22 17:59 | 末吉の家 | Comments(0)

【末吉の家・・・足場が建ちました!】

e0273217_21231718.jpg


末吉の家・・・足場が建ちました!!

基礎工事が終わり、設備屋さんが北風と戦いながら
土の中に配管を埋めています。

トイレの排水や、雨どいから流れてくる排水
また水道などを埋めているんですね!



e0273217_21231742.jpg

水なので流れないといけません、
配管を少しだけ斜めにして高さを確認しながらの作業です。

上にコンクリートなど載せるのでやり直しのきかない作業
慎重に何度も確認しながら埋めていきます。

設備屋さんが配管が終わったらブルーシートを敷きました、
末吉の家の土は大隅半島に多い【黒土】

雨が降ったら靴の裏に雪だるまのように
付いてくるのです。

作業する時に付いた土を取るという時間がもったいないのと、
あちこち汚すので防止のためにブルーシートを敷きます。

このシートである程度は防げるはずです。


e0273217_21231783.jpg

シートを張り終わった頃には足場屋さんがきました、
安全に作業するためにも、作業しやすい足場を組み立てて建て方に備えます。

それではまた



by kirakunaie | 2018-02-19 17:17 | 末吉の家 | Comments(0)

【末吉の家・・・建て方の準備完了】

e0273217_21231884.jpg
末吉の家 建方の準備が着々と進んでいます。

屋根の防水シートや釘などの金物
その種類は60種類以上

留める材料によって釘の長さやビスの長さも数種類準備します、
それぞれに役割のある材料を搬入して建て方に備えるのですね。



e0273217_21231758.jpg

大きな物ではJPWを搬入しました。

この厚さ3cmの板を柱と柱の間に入れて
地震等横からの力に耐える壁を造るのです。

この様子はまたレポートしますね。


それではまた。



by kirakunaie | 2018-02-13 16:17 | 末吉の家 | Comments(0)

【末吉の家・・・・基礎工事完了しました】

e0273217_08275608.jpg


【末吉の家】 

基礎工事中は天気も良く予定通り工事が終わりました、
この家は床の下に暖かい新鮮な空気を送り込む
「びおソーラー」を載せた家。

屋根で暖められた空気を床の下に送りので、床の下が一つの部屋のように
基礎の中がスッキリしています。

床の下に送った暖かい空気が、1階の床のあちこちから部屋の中に上がってくるので
まんべんなく出てくるようにスッキリさせているのですね。


e0273217_08335191.jpg

通常はこのような形
迷路のようになっています。




e0273217_08275510.jpg


今日は大口から材料を運んできましたよ、
家の柱などを組み立てる建方(たてかた)の時には
天井のアコースティックパネルも取り付けます。

来週からの建方に備えて着々と準備しています。


e0273217_08275640.jpg


外周りでは設備屋さんが準備を始めました、
雨どいの水を流したり、お風呂のお湯を流したりする排水の配管や
水道の配管を土を掘って埋めていきます。

目立たない部分の工事ですが、生活に欠かせない工事ですね、
様々な人の手で家は造られているのです。


それではまた。

by kirakunaie | 2018-02-08 08:43 | 末吉の家 | Comments(0)