タグ:基礎工事 ( 8 ) タグの人気記事

基礎工事

基礎工事に先立ち、既存ブロックを解体して駐車スペースを確保します。
外構図通りに新規のブロックを積み上げ土留めとします。
e0273217_16052599.jpg
e0273217_16070551.jpg
さらに合併浄化槽工事、給排水工事を事前に済ませてから基礎工事へと進めてます。
家が建つと後で重機を入れての工事は出来ません。
e0273217_16052405.jpg

びおソーラー、床下エアコン仕様の内部に基礎の立上りの無いお盆型の基礎ですよ。
構造計算により配筋を決定した基礎です。

千年の家でも紹介されてますから、またかよ!って感じですが。(笑い)
e0273217_16052205.jpg
e0273217_16055007.jpg
e0273217_16055075.jpg
地盤の転圧が終わると断熱材を敷き込んでいきます。断熱材の無い部分は地中梁となる部分です。
ここには鉄筋がダブルに組まれます。
応力により基礎のスラブがたわまない様にするためです。
瑕疵保証保険による配筋検査を受け検査員も文句無しに合格の判定をもらいました。
e0273217_16054955.jpg
e0273217_16054817.jpg
e0273217_16060125.jpg
鉄筋工事が終わり外周部を浮かした型枠を組み立て床スラブと立ち上がりが一体となるよう
コンクリートを一発で打ち込みます。
一般的な基礎は床スラブを打ち、後日立上り型枠を組み2回にわけてコンクリートを打ち込みますが
逆に立上りからコンクリートを打ち次に床を打つことになります。
これで地震や台風でびくともしない強い基礎が出来上がります。
e0273217_16060254.jpg
次回はいよいよ建て方です。
それでは、また。


by kirakunaie | 2018-05-19 16:16 | 姶良永池の家 | Comments(0)

基礎工事完了

東餅田の家は基礎工事も配筋が終わり瑕疵保証保険による配筋検査を受けました。
びおソーラー搭載の基礎は基礎内部にまんべんなく暖気が廻るように内部立ち上りを極力減らしています。
その為に構造計算によって配筋が決められています。
e0273217_16062752.jpg
e0273217_16063789.jpg
内部立ち上りの代わりに地中梁を設置して強度を確保しています。
検査も無事合格、コンクリートを打設しきれいな基礎が完成しました。
e0273217_16063388.jpg
e0273217_16063533.jpg
e0273217_16063208.jpg
e0273217_16063058.jpg
南側の庭を嵩上げし室内~デッキ~庭と段差を減らし室内と庭の関係をぐっと近づけます。
家が建った後では出来ない工事を今の段階で済ませておきます。
e0273217_16062822.jpg
建て方までの間に合併浄化槽の工事も済ませておきますよ。
それでは、また。

by kirakunaie | 2017-12-06 16:07 | 東餅田の家 | Comments(0)

基礎工事

基礎工事に入りました。
e0273217_15262438.jpg
地鎮祭前に地盤調査の結果、地盤の改良も必要もない良好な地盤でしたので
砕石地業のあと丁寧に鉄筋を組み上げ、まもり住まい保険による配筋検査を受けました。
配筋も許容応力度計算という構造計算によって設計してありますよ。
e0273217_15262509.jpg
e0273217_15263416.jpg
e0273217_15263824.jpg
指摘事項も無く無事検査完了。
翌日にコンクリート打設というところで雨の予報!
一日先送りし晴天の中コンクリートも打設出来ました。
e0273217_15263778.jpg
e0273217_15263674.jpg
立ち上りのコンクリートも天気に恵まれ基礎工事も無事に完成しました。
1週間程の養生期間を取って来週から建て方に入ります。

それでは、また。

by kirakunaie | 2017-09-12 15:29 | 南新町の家 | Comments(0)

南新町の家着工しました。

南新町の絶好のロケーションに家族3人の為の家を着工しました。
鹿児島市南部の町並みやマリンポートに豪華客船の着岸まで見渡せる素敵な土地ですよ。
土地の取得にもだいぶ時間かかりましたけど。笑...
e0273217_08395870.jpg
夏真っ盛りのお盆前に地鎮祭を済ませ、建築確認申請の検査済証が下りるのを待っていよいよ基礎着工です。
e0273217_08393776.jpg
e0273217_08392871.jpg
眺めが良いということは、風当たりも強いと予想されるわけで外構工事の一部として木製フェンスの基礎も
鉄筋コンクリートで施工します。
ブロック積みでもし風圧で倒れたら想像しただけでも恐ろしいですもんね。
e0273217_08395516.jpg
e0273217_08395328.jpg
e0273217_08395297.jpg
地盤調査の結果も良好でしたから標準のベタ基礎です。
砕石を入れ地盤を締め固めていきますよ。地鎮祭で頂いた鎮め物を埋めて家の繁栄を祈りました。

次回は基礎完成を紹介します。それでは、また。

by kirakunaie | 2017-09-02 08:42 | 南新町の家 | Comments(0)

【千年の家・・・造成工事】

e0273217_18294081.jpg


千年の家

地盤調査も終わり造成工事を行いました。


今回は駐車場部分と家に段差がありますので、
基礎工事に入る前にコンクリートブロックを積みます。

土を掘って鉄筋を組み立てたら、ブロック用基礎のコンクリートを流します、
ブロックは土の重さに耐えないといけないので大切な部分ですね。

その後はブロック職人が一つ一つ水平を見ながら積んでいくんです、
簡単そうで難しいブロック積、手際よく奇麗に積んで完了です。



e0273217_18295281.jpg

ブロックを積んだら、土を入れてしっかりと締め固めながら
高さ調整をします。

ここでしっかり締めないといくら強い基礎を作っても
様々な不具合が発生する事があるので、【土を締め固める】がポイントです。


e0273217_18295440.jpg

最後に機械をクレーンで出して造成は完了
次は基礎工事に進んでいきます。

それではまた。


by kirakunaie | 2017-05-16 19:00 | 千年の家 | Comments(0)

基礎工事

瑕疵保証の配筋検査が終わるとコンクリートを打設しますよ。
耐圧盤となる基礎のベースは、面積が広いのでクレーンを使います。
e0273217_15515462.jpg
鉄筋の保護をするコンクリートは鉄筋の被りを確保し規定の厚みになるようにところどころに
テープで印を付けています。
e0273217_15515312.jpg
e0273217_15515572.jpg
e0273217_15515135.jpg
充分にバイブレーションをかけてコンクリートを打っています。
5時間ほどおいて水分が引いてくると金コテで平滑に押さえています。

e0273217_15515096.jpg
e0273217_15514899.jpg
翌日には立ち上り型枠の墨を打ち、型枠を設置してまたコンクリートを打つ作業が続きます。
コンクリートの打設は時間との勝負ですよ。
コンクリートプラントで練られた生コンは25℃以上では90分以内に打ち終わらないといけないのです。
これは、コンクリートの品質を確保するためです。
e0273217_15514643.jpg
土地を選ぶときはコンクリートプラントからの時間も確認することが大事ですよ。
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-12-05 15:53 | 加治木星原の家 | Comments(0)

配筋検査受けました。

基礎工事も順調に床堀、砕石地業、配筋と進みコンクリート打設前に
住宅保証機構による瑕疵保証の配筋検査を受けましたよ。
e0273217_18291137.jpg
これは、設計通りの配筋や、鉄筋の太さ、ピッチ、コンクリートの被り寸法、
補強筋の設置などを入念にチェックする検査を受けます。
e0273217_18290947.jpg
e0273217_18290748.jpg
e0273217_18290534.jpg
コンクリートを打たれたら見えなくなってしまう部分ですから重要な検査項目ですね。
もちろん、底盤に配筋した鉄筋ピッチは安全率をはるかに超えていますから文句なく合格でした。
e0273217_18290361.jpg
次回の検査は、防水工事が確認できる時期に構造体や耐力壁、耐震金物の設置状況の検査を受けていきます。
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-11-30 18:30 | 加治木星原の家 | Comments(0)

基礎工事始めました

先行配管の工事が終わるといろいろな業種の職人さん達が入りますよ。

まずは、浄化槽の設置業者。

指示した場所にバックホウ(パワーショベル)で埋設するための掘削をし、浄化槽の基礎の

コンクリートを打ち翌日には浄化槽を埋設して行きます。
e0273217_18111023.jpg
e0273217_18114209.jpg
e0273217_18114951.jpg
e0273217_18140750.jpg

ここ星原の家は、真南を向いて配置した為に宅地に対して平行な部分はどこにもありません。

しかし、基準線を出してしまうとあっという間に遣り方完成です。
e0273217_18112867.jpg
e0273217_18113273.jpg
e0273217_18113847.jpg

この現場は、残土処分の為の処理場が近いのでほぼ一日で床堀終了しましたよ。

来週は配筋の現場をレポートします。

それでは、また。

by kirakunaie | 2016-11-26 18:16 | 加治木星原の家 | Comments(0)