タグ:上棟式 ( 2 ) タグの人気記事

武岡の家 上棟です。

建て方2日目
構造材の組み上がった屋根にァコースティックパネルを取付け木の繊維断熱材をはめ込んでいきます。
建て方の時点で屋根の断熱工事は終了します。
アコースティックパネルの隙間からの光がきれいです。

e0273217_08525835.jpg
e0273217_08525903.jpg
e0273217_08530031.jpg
e0273217_08530042.jpg
e0273217_08531649.jpg
断熱材が充填されると28mm厚みの構造用パネルが打ちつけられ屋根の剛性を確保します。
遮熱する防水シートを敷き込み屋根仕舞いは終了。
これで雨が降っても大丈夫です。
e0273217_08531945.jpg
e0273217_08531894.jpg

3日めは上棟式。
近所の方々がたくさん集まって戴き福のお裾分けです。
構造材のヒノキを下さったお父様も一緒に孫と餅捲き。
直会(なおらい)の席で梁や屋根を見上げて満足気です。
自山の木材を賃引きから乾燥、プレカットといつもより大変でしたがやって良かった。
そんなひと時でした。
e0273217_08531726.jpg
e0273217_08532462.jpg
それでは、また。

by kirakunaie | 2018-08-30 08:54 | 武岡の家 | Comments(0)

上棟しました。

建て方開始から5日目の大安吉日に上棟式を行いましたよ。

たくさんの人や近所の子供達も集まり賑やかに餅捲きです。

最近は上棟式をやらない住宅メーカーや建設会社も多くなりましたが、木楽な家は

出来れば上棟式をやりましょうとお勧めしています。

日本に古くから伝わる伝統行事みたいなものですから体験しないのはもったいないと思います。

地方により形式は違いますが、鹿児島の場合は妻側の片方に弓と鏑矢を引き絞り反対側に

五色の旗に鏡、櫛、共白髪を結わえ日の丸の扇子を的にしますよ。

100回近く経験しているわたしでも屋根に上棟の旗と弓があがるとワクワクしますね。
e0273217_18295712.jpg

屋根に上がり、まずは東に向かい神様に無事の完成と家の繁栄を祈念してから餅捲き開始です。

上棟の神様は天照大神ですがこの地は東に大きく迫る桜島でしたからたくさんのパワーをもらったようでした。
e0273217_18300600.jpg
e0273217_18300147.jpg
次回は瑕疵保証保険による中間検査をレポートします。

それでは、また。



by kirakunaie | 2017-09-25 18:31 | 南新町の家 | Comments(0)