土造り

土壁に使う土は良質の粘土(窯土)をふるいにかけ稲藁を鋤き込み半年から1年間熟成醗酵させていきます。
川砂を混ぜ練りこみます。
昔の人は全て人力でこなしていたかと思うと頭が下がります。寝かせた土は嫌気性バクテリアと藁の醗酵の所為で臭いのですが壁に塗った時からまったくの無臭に変わります。
好気性バクテリアの働きなんですね。目に見えない癖に凄い働き者です。



e0273217_17325681.jpge0273217_17332268.jpge0273217_17334323.jpg
# by kirakunaie | 2009-01-09 17:32 | 土壁の家(霧島市溝辺町) | Comments(0)

竹小舞

昔は竹を棕櫚紐や藁縄で編んだ物ですが現場での施工性を考えて加工場で事前に竹のパネルを製作したものを使いました。 
これを断熱材を取り付けた後に貼っていきます。
貼られた直後はこのままの仕上げでも美しいと思えます。
これからは左官の腕の見せ所です。


e0273217_173179.jpge0273217_1731282.jpge0273217_17315578.jpg
# by kirakunaie | 2009-01-08 17:30 | 土壁の家(霧島市溝辺町) | Comments(0)

TIP工法と屋根遮熱

土壁の家を造るに当たって一番気を使ったのが耐震性でした
地震のたびに土壁にクラックが入っては大変です。
おまけに吸放湿性は他の材料に比べて群を抜いています。
合板などで囲っては放湿性は望めません。そこで行き着いたのはTIP工法でした。従来の筋違いに加えて、三角のガセットプレート(鉄板入り)それにラス板の斜め張りです。
簡単な仕組みですが強さは抜群です。
それと同時に屋根では瓦葺き前の遮熱シート貼りです。
これで断熱パネルの性能を更に上げることができます。


e0273217_1729022.jpge0273217_17294797.jpge0273217_17301086.jpg
# by kirakunaie | 2009-01-07 17:28 | 土壁の家(霧島市溝辺町) | Comments(0)

上棟

刻まれた構造材が大工の手によって組まれていきます。
2枚目の写真は屋根の断熱パネルです。加工場で事前に
作ってあったものです。
3枚目は施主さまと大工さんたち。私も入ってハイチーズ。
無事の完成と安全を祈願します


e0273217_1725032.jpge0273217_17252487.jpge0273217_17254555.jpg
# by kirakunaie | 2009-01-06 17:23 | 土壁の家(霧島市溝辺町) | Comments(0)

霧島の土壁の家

この家は施主様の希望により自分の山の木を使いたいとのことから伐採から始まりました。
山から運び込まれ製材を待つ杉丸太と製材後の木材です


e0273217_17214617.jpge0273217_1722956.jpg
# by kirakunaie | 2009-01-06 17:20 | 土壁の家(霧島市溝辺町) | Comments(0)

手刻み

熟練の大工による手刻み風景です
このタイコ梁の太さではプレカットも出来ません。
大工の経験がものを言います


e0273217_1723421.jpge0273217_17232811.jpge0273217_17235050.jpg
# by kirakunaie | 2009-01-05 17:23 | 土壁の家(霧島市溝辺町) | Comments(0)

外壁塗装完了です

新年明けましておめでとうございます。
本日より2009年の営業を開始しました。皆様にとっても
良い年となりますように。

 さて、外壁の塗装が完了しました。オーナーがイメージしている写真館が南欧風を意識してるんで、こんな感じのファサードになりました。今までの木楽な家の外観とは違いますが、施主の価値観とのすり合わせの結果です。
 2枚目と3枚目の写真は、1階店舗の前面外壁塗りの完成です。この壁は左官が塗りました。
変化をつけながら、コテあとを出す塗り方はとても難しいんです。好みがありますからね。
でも、この出来には施主も大満足してます。

さあ、そろそろ工事も追い込みに入ります。
2月の上旬には完成見学会を行う予定ですので、お楽しみに!

e0273217_17144872.jpge0273217_17145929.jpge0273217_17151567.jpg
# by kirakunaie | 2009-01-05 17:13 | 写真スタジオのある住宅 | Comments(0)

幻の漆喰に赤色が

幻の漆喰塗りの下地に使う石膏ボードに赤マジックで表記

してあったんですが、なんと幻の漆喰が吸い上げてしまいま

した。

さて、数日後にはどうなるでしょか?

また報告しますね


e0273217_17112440.jpg
e0273217_17125746.jpg
# by kirakunaie | 2008-12-27 17:10 | 写真スタジオのある住宅 | Comments(0)

幻の漆喰塗り始まりました。

木部と幻の漆喰が触れる部分には、あらかじめテープ処理

を行っていきます。この作業が結構大変です。

しかし、一番重要な作業でもあります。

練って柔らかくした幻の漆喰とみごとなコテさばきで塗って

いきます。

幻の漆喰が乾くまでは、海草糊のいい香りが部屋中に充満し

ていきます。まるで海辺を歩いているようです。

是非この機会にご覧下さい。

e0273217_1793937.jpge0273217_1795575.jpge0273217_1710991.jpg
# by kirakunaie | 2008-12-26 17:08 | 写真スタジオのある住宅 | Comments(0)

施工中から完成までのフォトムービーをご覧下さい。


# by kirakunaie | 2008-12-25 15:08 | 車椅子スロープのある家 | Comments(0)