基礎工事3

コンクリート打設にはちょうどいい天気でした。
1枚目の写真はコンクリート打設前の水道管のサヤ管取り付けと配水管取り付け状況です。
2枚目はコンクリート打設状況。生コン車が10台分です。
進入路が狭いと大型車が入れなくて割高になります。
3枚目がスラブコンクリート打設完了です。
基礎工事一つとっても、いろんな業者さんが関わっていくんですよ。

e0273217_14142644.jpge0273217_14144357.jpge0273217_14151318.jpg
# by kirakunaie | 2009-02-11 14:13 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)

基礎工事2

今日、基礎の配筋検査を受けました。もちろん合格です。
施主様にも立ち会って頂きました。
私も5~6年ぶりに鉄筋組み立てを手伝いました。
足、腰ガタガタです。
明日はスラブ底盤のコンクリート打設です。
写真は、砕石転圧状況、配筋状況です。およそ3tの鉄筋です。鉄筋の錆は前夜の雨の所為ですがコンクリートは強アルカリ性のためきれいに落ちてしまいますので心配要りません。

e0273217_14111816.jpge0273217_14113966.jpge0273217_1412151.jpg
# by kirakunaie | 2009-02-10 14:10 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)

基礎工事1

遣り方、床堀を行いました。
既存宅地であったためにブロック塀添いに植栽がありましたが、年数をかなり経ていた為に抜根しました。
ブロックに影響がないように神経を使います。

e0273217_149588.jpge0273217_1492536.jpg
# by kirakunaie | 2009-02-04 14:08 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)

本日、引き渡し式を行いました。

無事、建物が完成し、引き渡し式を行いました。

心を込めて着工し、心を込めて引き渡す、それが木楽な家流です。

 「徐々に出来上がっていく姿を、毎日のように見ながら本当に楽しみでした。ここまで本当にご苦労さんでした。
 これから、大切に使わせていただきます。」

 施主さんから頂いた、ありがたい言葉です。
 
この声のために仕事をしてるようなもんです。

 なんてすばらしい仕事だろう、この瞬間いつも感動します。

 そして、頑張ってくれた職人の皆さんに感謝!

 これから、家と共に成長し、幸せな家庭を築いてくださいね。有り難うございました。

尾堂 竜太


e0273217_17211372.jpge0273217_17213618.jpge0273217_17215072.jpg
# by kirakunaie | 2009-02-02 17:19 | 写真スタジオのある住宅 | Comments(0)

地鎮祭&着工式

天気予報では雨の予定の地鎮祭が施主様の日頃の行いのお陰で天気にも恵まれ無事に済ませました。
同時に、この工事に関わるほとんどの工事業者も集まり始めての顔合わせです。

着工式って何だと思われますか?

普通は、自分の家を建てるのにどんな人が自分たちの家を造ってくれるんだろうと思っているうちに工事が終わってしまうなんてことはよくある話です。

でも建ててからのお付き合いが長いんです。電気屋さん、水道屋さん、建具屋さん、畳屋さんなどね。

造る側も、このご家族のためによい仕事をしようという気持ちにもなるし、依頼するほうもこの人たちがやってくれるんだという安心感も生まれるとおもいませんか?

着工式はこの家の新築工事という絶対に失敗できないプロジェクトを成功させようという決起式なんです。

e0273217_8381085.jpge0273217_8382790.jpge0273217_8404499.jpg
# by kirakunaie | 2009-01-30 08:37 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)

姶良町の土地

ここに木楽な家が建ちます。
写真には写っていませんが正面に桜島が見えています。
後ろには米山薬師という神様が守ってくれています。
きっといい家が建ちますよ。
明日は地鎮祭と着工式です。

e0273217_8371344.jpg
# by kirakunaie | 2009-01-29 08:36 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)

建具製作状況です。

建具屋さんの仕事がたてこんで遅れていた木製建具がやっと完成しました。

 当社が床板として使っている、杉のうずくり加工をした
板を使って、素朴な感じのする建具を作りました。

 ロートアイアンの飾り物も取り付けて、少し古びた感じを出しています。

 建具屋さんの工場で、オーナーも交えて最終打ち合わせを
している写真です。

 店舗部分に使うので、好みは別れるところでしょう。e0273217_17201417.jpge0273217_17202877.jpge0273217_17204376.jpg
# by kirakunaie | 2009-01-27 17:18 | 写真スタジオのある住宅 | Comments(0)

屋根断熱パネル

姶良町鍋倉に木楽な家を着工します。

着工前に屋根パネルを製作します。壁は充填断熱になりますが屋根は外断熱になります。
このパネルも合板を使用せずに杉板で作ります。
パネル化する理由は、建て方時に雨仕舞いまでの時間短縮と
小屋組みの構造材に熱を伝えないようにする為です。
屋根の天井板張りまでやってしまいますから大工さんは傷が付かないように気を配ります。

e0273217_8353668.jpge0273217_8355254.jpge0273217_836733.jpg
# by kirakunaie | 2009-01-26 08:34 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)

外部工事完了しました。

店舗エントランス部分のタイル張りが完成しました。
タイルはテラコッタ調のタイルです。
店舗部分は300角を、住宅玄関部分は150角としています。

 お客様駐車場部分のアスファルト舗装も完成しました。
この舗装の一番重要な点は、アスファルトではなくて、
その下地となる砕石です。
 この下地を如何に平滑に、そして転圧を十分にやるかで
表層のアスファルトの精度は決まってしまいます。

 すべての仕事で大事な部分は、下地なんです。
家を作っていく過程で、仕上がりだけを見る方がいますが
本当に大事なのは、見えなくなる下地の部分なのです。
ここですべてが決まってしまいます。

 あなたが家を作っていく段階で、そう頻繁に現場を見には
行けませんよね。そうなんです、下地部分をなかなか見る機会はないんです。業者にまかせるしかありませんよね。

 だから、いい業者選びが必要なんですね。
もしまだ、「失敗しない業者選びの秘訣」セミナーを受講されていない方がいましたら、一度受講してみてはいかがですか。必ず参考になりますよ。

 受講方法は、問い合わせ掲示板よりメールセミナー希望と書いて送って下さいね

e0273217_17191266.jpge0273217_1719273.jpge0273217_1719383.jpg
# by kirakunaie | 2009-01-24 17:17 | 写真スタジオのある住宅 | Comments(0)

階段製作

手刻みによる杉板の階段です。
最近はプレカットによる既製品が多いのですが木楽な家はすべて大工による手作りです
踏み板が取り付けられ出来上がりをみると杉の柾目や板目がとてもきれいです。





e0273217_17394026.jpge0273217_17401521.jpg
# by kirakunaie | 2009-01-22 17:38 | 土壁の家(霧島市溝辺町) | Comments(0)