家具製作

ここT様邸では大工工事も終盤に近づき家具製作に入りました。
木楽な家の家具は造り付けですが、材料は集成材は使わず、1枚板からの加工です。階段、キッチン、下駄箱、吊戸棚、全て、大工による手作りです。
1枚目の写真は、カンナ掛けの終わった加工を待つ一枚板。
2枚目は取り付けが終わった階段。木目がきれいでしょう?
3枚目は取り付けられた、ブレザータンスと地袋、吊戸です。これに、建具屋さんの手による扉が入るとこの場所にしかありえない家具に変貌するんです。

連休明けには左官が入り漆喰塗りが始まって行きます。漆喰塗り体験のイベントも計画しますので、お楽しみに。


e0273217_1533957.jpge0273217_1533312.jpge0273217_15335390.jpg
# by kirakunaie | 2009-04-18 15:32 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)

かわいい検査員

施主のTさんの子供たちが見に来てくれました。
あちこち見て回っていましたが、一番のお気に入りスペースはやっぱり、自分たちの部屋となるロフトでした。
中でも、大人はやっともぐりこめる収納場所。
子供って、隅っこ好きですねぇ。
おっと、子供だけじゃなく大人もそうですね。
研修会場や、忘年会などの席でも中央や、前に席が空いてても隅っこの席を探しますもんね。

e0273217_15311100.jpge0273217_153262.jpg
# by kirakunaie | 2009-04-13 15:27 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)

電気工事

中盤に差し掛かった電気工事状況です

木楽な家は、配線を隠せる天井が少ないので壁の中や、梁を抜いての隠蔽配線になります。
失敗しても、やり直しが効きません。電気屋さんも慎重に気をつかいます。 うまくいったね。お疲れさん!

棟梁は、おなじみのスノコ天井に貼るスノコ板のカンナ掛けです。やっぱり手でカンナを掛けた板は艶が違います。

e0273217_15253139.jpge0273217_15263945.jpge0273217_1527323.jpg
# by kirakunaie | 2009-04-09 15:24 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)

外装工事(終盤)

外壁のサイディング貼りも終わり、破風と軒天のサイディング貼りとなってきました。
この家が、どんな色で装うのか楽しみです。
インテリアコーディネーターの平石さんのセンスに任せましょう。
それと先日のロフトの写真。
工事途中の写真撮影は難しいですね。
というか、自分の撮影センスの無さに落ち込んでしまいそうです.....広角レンズのカメラが欲しい!

e0273217_15235677.jpge0273217_15241841.jpg
# by kirakunaie | 2009-04-06 15:24 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)

工事状況・完成写真DVDをご覧下さい。


# by kirakunaie | 2009-04-04 17:20 | 写真スタジオのある住宅 | Comments(0)

造作工事

相変わらず造作工事が続けられています。
ですから、あまり変わりばえのしない写真なんですが...

この写真は、ロフト出入り口の鴨居を削るところです。

内部は、ロフトの造作中です。勾配屋根の2階部分は子供にとっては絶好の隠れ家的場所です。
(子供どころか、男ならこんな部屋が欲しいと思いますけどね。)
アルプスの少女ハイジが住むあの小屋裏部屋のイメージです。 
さすがに、丸太をくりぬいた窓は付いていませんが。
残念ながら、カメラの電池が切れてしまって...。    次回に掲載しますね。

e0273217_1523258.jpg
# by kirakunaie | 2009-04-04 15:21 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)

造作&外装

内部は造作工事が続いています。
写真は、床を嵩上げした部分の階段を取り付けているところ。
 僕らは設計で、ここを185mmの高さにステップを造るように指示しますが、大工さんは更に、どうすればきれいに、確実に納まるかを考え、柱や、床板を刻み図面を形にしてゆきます。
ありがとう。

外部は、サイディング貼りの最中です。
いつもは、ラスモルタル塗りという現場も多いのですが、この現場では、敷地の接道が4m未満の道路ということで、建築法規上、防火地域並みの防火構造にしなければならないのです。軒裏の仕上げに杉板を使えないのが残念です。
(だからといってラスモルタル塗りが防火にならない訳ではないのですが...)

e0273217_15173137.jpge0273217_1519197.jpge0273217_15204277.jpg
# by kirakunaie | 2009-03-30 15:16 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)

現場報告

長かった菜種梅雨が過ぎて、ここ姶良町でも桜満開です。
すっかり暖かくなり、公園では、満開の桜と花見の場所取りのブルーシートとの対比で目に鮮やかです。

今週は外部周りから、防水シート貼りです。 

 木楽な家は、透湿防水シートに遮熱性能をもった製品を使用しています。屋根で使っているヒートストッパーと同じようにアルミニウムをコーティングしてあります。
夏の熱射を防ぎ、涼しく過ごしてもらおうと採用しました。

1枚目はシート貼り状況です。

2枚目は通気層になる、胴縁取り付けです。
通気層は壁内部で発生した湿気を外に逃がし、外壁が受けた
熱を直接伝えない機能を持ちます。
サッシ下端に間隔をあけ、湿気や熱気がこもらないように通気の経路を確保します。

3枚目は床板貼りですが、床板が敷居を兼ねる部分のカンナ掛けをしている所です。

木楽な家の現場は、昔ながらの大工の技が見れるところでもあります。時間があれば是非どうぞ。
それでは、また

e0273217_15151756.jpge0273217_1515353.jpge0273217_15155784.jpg
# by kirakunaie | 2009-03-24 15:14 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)

中間検査

中間検査を受けました。
もちろん指摘事項も無く、無事に終わったんですが、検査員の方に、息子さん夫婦の家のことで相談されてしまいました。
とある、大手住宅メーカーで建てたいと相談されているそうなんですが、「僕は、こんな家を建てて欲しいんだよね。」とのこと。建築のプロ(元県の土木事務所の建築課長)からの言葉は建築屋として、とてもうれしいことでした。

2枚目は床に張る“うづくり”のフローリング 杉板厚み38mmです。足ざわりがよく、冬でも暖かいんです。
もっとも床60mm壁45mmの断熱材(ポリスチレンフォーム3種B類が、きっちりと入ってるんですけどね。

家の基本性能は最後に見えなくなってしまうところに、性能のよい材料を使い、間違いの無い施工をしてあることが大事なんですよね。

e0273217_15132222.jpge0273217_15134144.jpge0273217_151416.jpg
# by kirakunaie | 2009-03-19 15:14 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)

上棟式

10日遅れの上棟式でした。
今日は天気にも恵まれ、お餅拾いの近所の人たちや学校帰りのかわいい子供たちがたくさん集まってくれました。
無事に上棟式を済ませ、直会(なおらい)が始まりました。
施主のご両親も遠方から駆けつけていただき(なんと、大分県、宮崎県)立派な家が建ったと喜んでもらいました。

やはり、毎日の“だれやめ”と違い、棟上の焼酎は格別です。 施主さん、また格別な酒を飲みましょうね。

e0273217_1511278.jpge0273217_15114332.jpge0273217_1512325.jpg
# by kirakunaie | 2009-03-13 15:10 | 姶良町の木楽な家 | Comments(0)