永池の家 左官工事です。

永池の家は木工事が終わり、現場には左官が入りました。
壁の漆喰塗。
まずは木部の養生のマスキングテープ貼り。
テープ貼りの良し悪しで漆喰塗の7割程が決まります。漆喰の厚みを残してテープを貼りますよ。
剥がすときにテープの上に漆喰が乗っていると漆喰まで剥がれます。
漆喰を塗る技術だけではないんですね。
e0273217_16555429.jpg
e0273217_16555329.jpg
e0273217_16560625.jpg
e0273217_16560622.jpg

きれいに塗り上がりました。

漆喰が終わると浴室製作!
FRP防水の終わった下地に腰壁の御影石貼りです。
微調整を繰り返しながら作業は進みます。
e0273217_16560581.jpg
この御影石貼りが終わると浴槽を据付け床のサーモタイル貼りに入っていきます。
また次回、続きを紹介しますね。
それでは、また。

# by kirakunaie | 2018-09-03 16:57 | 姶良永池の家 | Comments(0)

武岡の家 上棟です。

建て方2日目
構造材の組み上がった屋根にァコースティックパネルを取付け木の繊維断熱材をはめ込んでいきます。
建て方の時点で屋根の断熱工事は終了します。
アコースティックパネルの隙間からの光がきれいです。

e0273217_08525835.jpg
e0273217_08525903.jpg
e0273217_08530031.jpg
e0273217_08530042.jpg
e0273217_08531649.jpg
断熱材が充填されると28mm厚みの構造用パネルが打ちつけられ屋根の剛性を確保します。
遮熱する防水シートを敷き込み屋根仕舞いは終了。
これで雨が降っても大丈夫です。
e0273217_08531945.jpg
e0273217_08531894.jpg

3日めは上棟式。
近所の方々がたくさん集まって戴き福のお裾分けです。
構造材のヒノキを下さったお父様も一緒に孫と餅捲き。
直会(なおらい)の席で梁や屋根を見上げて満足気です。
自山の木材を賃引きから乾燥、プレカットといつもより大変でしたがやって良かった。
そんなひと時でした。
e0273217_08531726.jpg
e0273217_08532462.jpg
それでは、また。

# by kirakunaie | 2018-08-30 08:54 | 武岡の家 | Comments(0)

石谷の家 階段仕上がりました。

石谷の家の階段が仕上がりました。
直線部分の踏み板も入れ込み、綺麗に出来ています。
32才の社員大工、初階段への挑戦でした。
e0273217_08081466.jpg
上3段廻りの難しい階段です。
e0273217_08082236.jpg
後は、手摺りを取り付けるだけです。
杉の木の乾燥から、成形まで自社製造ですよ。
e0273217_08090776.jpg
リビングから見るとこんな感じです。
e0273217_08083059.jpg
ついでに、木のお風呂は、床のFRP防水が完了し、左官の登場を
待つだけとなっています。
では、また。


# by kirakunaie | 2018-08-30 08:16 | 石谷の家 | Comments(0)

石谷の家 特殊な壁下地

石谷の家では、外壁廻りの内壁に砂漆喰を塗るための下地作業が行われています。
木楽な家では、鹿児島のジメジメした暑さを少しでも軽減できるように、湿度対策
にも取り組んでいます。

e0273217_07512716.jpg
外壁廻りの木の繊維断熱材や砂漆喰に吸湿させることにより、湿度をさげる工夫をしています。
エアコンだけに頼るのではなく、もっと「建築でやろう!」という試みです。
e0273217_07513631.jpg
漆喰の下地は、どこの工務店も石膏ボードを使っていますが、木楽な家では、木ずりを空かして打っています。
ここに、砂と漆喰を自社調合した砂漆喰を使って、塗り込んでいきます。
そして、その上にいつもの漆喰を塗り、仕上げているのです。(法22条地域では出来ません。)

まるで土壁のような厚塗りの漆喰層をつくり、調湿させるのです。

e0273217_07514441.jpg
仕上がるとこんな感じです。今だけしか見られない現場風景です。
調湿とは関係ない、内部壁には石膏ボードを使い、漆喰を塗っています。
続きはまた、漆喰塗りの時にお話ししますね。

# by kirakunaie | 2018-08-29 08:09 | 石谷の家 | Comments(0)

武岡の家 建て方です。

猛暑が続く八月後半に、3日程の好天続きの予報を信じて建て方作業開始です。

武岡の家は住宅街の一角に位置し道路は6mと大型車の入れる便利な場所ですが
車通りが多く角地ということも有り道路使用の許可申請が必要です。
さらに道路にクレーンを置くと交通整理の警備員を手配しました。
住宅密集地は経費がかさみますね。笑
e0273217_09501146.jpg
前日に土台や大引きの取り付けまですまされた現場で熟練の大工たちにより
柱が建てられていきます。
e0273217_09501222.jpg
柱が建つとJPウォールと呼ばれる杉の3層パネルがはめ込まれ外周部を固めていきますよ。
外周周りで耐力壁のほとんどが負担できると内部は自由になります。必要最小限の柱で
済みますから将来、間取りの変更が簡単に出来るのは大きな強みです。
e0273217_09501355.jpg
e0273217_09502016.jpg
e0273217_09502001.jpg
一日目は構造体の建て込みまでで終了です。

次回は二日目です。それでは、また。


# by kirakunaie | 2018-08-28 09:51 | 武岡の家 | Comments(0)

石谷の家 階段製作中

石谷の家は、階段製作中です。
上部3段周りの難しい階段です。階段下は、トイレになっているので
階段裏は化粧仕上げで、全て見えてきます。
さあ、階段作りを見ていきましょう。
e0273217_13440705.jpg
まずは、上の3段周りの踏み板をささえる、側板を綺麗にノミで
さらって形を彫り込んでいきます。
e0273217_13441768.jpg
そこに、型板を作って切った踏み板をはめていきますよ。
3段の廻り段が出来てきました。
e0273217_13442587.jpg
そして、表面の蹴込み板をはめ込み、踏み板に強度が出るように
支えていきます。
e0273217_13443465.jpg
階段裏は化粧として見えてきます。トイレの天井です。
綺麗に仕上がっています。
e0273217_13444379.jpg
下の段の直階段部分を彫り込んでいます。
e0273217_13445571.jpg
取り付けるとこうなります。彫り込んだ部分に階段板をはめ込むと
綺麗な階段となります。
e0273217_13450385.jpg
階段の仕上がりは、また後日UPしますね。
では。

# by kirakunaie | 2018-08-26 16:13 | 石谷の家 | Comments(0)

石谷の家 左官の登場です。

石谷の家は、外壁のモルタル塗りの準備に入りました。
e0273217_18540840.jpg
大工さんが打った斜め張りのラス板の上に、左官さんがアスファルトフェルトを張っていきます。
黒いシートがフェルトです。モルタルの水分が浸透しないように、防水します。
その上にメタルラスという特殊な金網を張り、これにモルタルを引っ掛けて塗り込んでいきます。
e0273217_18541653.jpg
最近あまり見ない工法ですが、木楽な家では標準です。きちんと施工すれば非常に丈夫な
外壁材です。
湿式なので時間も手間もかかるため、ハウスメーカーや一般の工務店では乾式のサイディング張りが
多くなっています。職人の技が、どんどん減っていくことは残念な事ですね。
e0273217_18542540.jpg
木楽な家では、日本古来からある職人の技を大切にした住まいづくりに取り組んでいます。
では、また。

# by kirakunaie | 2018-08-22 19:05 | 石谷の家 | Comments(0)

石谷の家 木のお風呂作っています。

石谷の家は、木のお風呂を作っています。
木楽な家の定番、木のお風呂の作り方を公開しますよ。
大工さんが手作りで作っていきます。
e0273217_08162559.jpg
まずは、床組ですね。しっかりと、床下の配管も点検できるようにしてあります。
これで長期優良住宅でも認められます。
e0273217_08163257.jpg
お風呂の設計図に合わせて、大工さんが床の形を作っていきます。
合板2重張りの上に、FRP防水をして水漏れがないようにします。
今回は、全開口サッシが入っていますので、景色を楽しみながらゆったりとくつろげる
お風呂になりますよ。
e0273217_08164154.jpg
天井・壁の下地組も出来ました。
e0273217_08164974.jpg
お風呂の湿気が室内や下地へいかないように、しっかりとビニールシートで養生
します。
e0273217_08165691.jpg
天井のヒノキ板張りが出来ましたよ。もし、壁が腐食して取り替える必要が出てきたとき
でも、簡単にできるように天井先行張りとしています。
e0273217_08170345.jpg
続いて壁に入ります。天井と同じように湿気を通さないようにビニールシートで養生
していきます。
e0273217_08171006.jpg
壁のヒノキ板張りです。だんだんと仕上がってきましたね。
e0273217_08171761.jpg
壁のヒノキ板が仕上がり、なんだか気持ちのいいお風呂が出来てきました。
ここから、排水金具を取り付けて、FRP防水をしていきます。
また、続きは後日UPします。

# by kirakunaie | 2018-08-22 08:37 | 石谷の家 | Comments(0)

千年の家Ⅱ 完成見学会のお知らせ

千年の家Ⅱ 完成見学会のお知らせです。
明日8/18より2日間完成見学会を行います。ご興味のある方は是非この機会に
「木楽な家」家事楽ハウスをご覧下さい。
今回は、平屋28坪の住まいです。びおソーラーを搭載したパッシブな住まい方も
参考になりますよ。
e0273217_17073101.jpg
では、会場にてお待ちしています。


# by kirakunaie | 2018-08-17 17:11 | 千年の家Ⅱ | Comments(0)

千年の家Ⅱ 完成写真を少し

千年の家Ⅱの完成写真を少しだけピックアップしました。
どうぞご覧下さい。
e0273217_16122551.jpg
庭へのアプローチです。大きな南窓を開放しても周囲の目線は気になりません。
e0273217_16123906.jpg
キッチン横の家事机、子育ての合間にちょっと休憩。自分の居場所があるってイイですね。
e0273217_16125226.jpg
もちろん、ご主人の居場所もちゃんとありますよ。1帖の書斎、まるで宇宙ですよ。
e0273217_16131697.jpg
木楽な家の定番、木のお風呂です。気持ちのいい明るいお風呂になりました。
e0273217_16132834.jpg
時間のかかる洗濯動線は最短で。洗う→干す→取り込む→しまう、を最短動線で出来ますよ。
是非参考にしてくださいね。
e0273217_16130681.jpg
平屋のロフト空間を有効に使っています。リビングのエアコンをロフトに設置することで
ロフトも涼しい空間になります。余すところ無く使う、小さな家の極意です。
楽しい住まいが出来ました、是非完成見学会にお越し下さい。お待ちしています。


=完成見学会のお知らせ=
鹿児島市千年団地内にて、千年の家の完成見学会を開催します。
平屋28坪の木楽な家です。
開催日:8/18(土)・19(日)10:00~17:00
見学ご希望の方は、当社HPでまたは下記まで直接お電話でお申し込み下さい。
受付担当:尾堂里美 099-272-2656


# by kirakunaie | 2018-08-13 16:28 | 千年の家Ⅱ | Comments(0)