人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

猪鹿倉の家2 屋根工事と第三者検査

猪鹿倉の家Ⅱでは、屋根の平板陶器瓦の工事が終わりました。
e0273217_18254512.jpg
びおそーらーの集熱パネルを乗せるための金属瓦の設置も終わりました。
陶器瓦と同じ形状をした金属製の支持瓦を同時にかぶせることで、雨漏りの
心配がありません。
e0273217_18253224.jpg
棟瓦の下には、屋根の暑い空気を抜くために換気部材を仕込んであります。
これで、夏の暑い空気を抜きながら断熱する仕組みを作ってあります。

さて、住宅瑕疵担保履行法によるまもりすまい保険の第三者検査を受けました。
e0273217_18255799.jpg
図面通りに施工されているかをチェックしています。構造体や金物の検査が主です。
e0273217_18260986.jpg
内部の工事も着々と進んでいます。また、報告しますね。


by kirakunaie | 2019-03-14 18:35 | 猪鹿倉(伊集院)の家Ⅱ | Comments(0)

猪鹿倉の家Ⅱ 屋根瓦工事中です。

猪鹿倉の家Ⅱでは、屋根の陶器平板瓦工事中です。
e0273217_19150130.jpg
びおソーラーのパネル取り付け口の開口を開けて、専用ボックスを取り付けています。
その周りから雨が侵入しないように、板金で防水処理をしています。
e0273217_19145223.jpg
万が一、雨が侵入してきても、その雨水を軒先から排水するための捨て樋を
仕込んでいます。
e0273217_19152575.jpg
1階の下屋も遮熱シートの上に通気層を作っています。
e0273217_19154893.jpg
その上に陶器平板瓦が被りました。
そして2階の屋根は、
e0273217_19161738.jpg
瓦上げが終わり、配り終わっています。
e0273217_19163116.jpg
びおソーラー取り入れ口も仮の蓋をかぶせて、瓦工事を進めていきます。

真夏の日射が強い鹿児島では、屋根の表面温度は60℃を超えます。その熱が
室内へ入らないようにするには、やはり空気層を作ることが出来る瓦が一番
優れていると私は考えています。それ故、木楽な家の屋根は陶器瓦なのです。
では、また。

谷山中央の家 完成見学会のお知らせ
  ~パッシブソーラーと床下エアコンで床暖房する2階建ての住まい~

3/9(土)10(日)10:00~17:00(完全予約制)
見学場所:鹿児島市谷山中央3丁目
お申し込み:尾堂産業(有)担当:尾堂里美
電話099-272-2656
MAIL odosan20@guitar.ocn.ne.jp

見学予約時間 10時・11時・13時・14時・15時・16時
よりご都合のいい時間をお選び下さい。

お申し込みは下のバナーをクリック!



by kirakunaie | 2019-03-02 19:32 | 猪鹿倉(伊集院)の家Ⅱ | Comments(0)