<   2018年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

千年の家Ⅱ 漆喰工事の続きです。

千年の家Ⅱは、左官による漆喰工事の続きです。
木に漆喰がつかないように、テープ養生を入念にしたら、いよいよ塗り出します。
e0273217_14055807.jpg
練り漆喰を柔らかくし、さらにミキサーでスサが一箇所に固まらないように
撹拌して塗り出します。
e0273217_14061021.jpg
コテで、このどろどろした漆喰をすくい取り、塗っていく作業はやはり修行を
重ねないと一朝一夕には出来ません。
e0273217_14062281.jpg
見ていて気持ちいいぐらいにスピーディーに塗り進めていきます。
e0273217_14063447.jpg
白い漆喰がとても落ち着いた空間を作り出して行きます。
工事も終盤に入ってきました。これから色んな職種の工事が
入ってきます。どんどん変わる空間をまた報告しますね。


by kirakunaie | 2018-06-30 14:12 | 千年の家Ⅱ | Comments(0)

石谷の家 上棟しました。

石谷の家は、無事上棟しました。
天気に恵まれ、木材を濡らすことなく屋根仕舞いまで終わりました。
e0273217_13530001.jpg
木の繊維断熱材をタルキ間に入れ込み屋根断熱をします。この断熱材は市販品とは違い
密度60㎏/㎡で屋根から入ってくる暑い熱を断つのと同時に蓄熱した熱の伝わり方を
遅延させる目的があります。
e0273217_13531464.jpg
さらにその上にネダノンの28㎜を張り、屋根強度を確保します。
そして、遮熱防水シートを張り、暑い熱を反射させ、上部の通気層
より廃熱しています。この仕組みで2階部分が暑くなりにくいように
しています。
e0273217_13532796.jpg
e0273217_13533918.jpg
これで無事上棟しました。台風の影響もありそうなので、この後ブルーシートで建物全体を
きっちり養生して終了しました。では、また。

by kirakunaie | 2018-06-30 14:02 | 石谷の家 | Comments(0)

石谷の家 上棟工事が始まりました。

石谷の家の上棟工事が始まりました。
梅雨の晴れ間をぬって、建て方開始です。
e0273217_19132641.jpg
足場を建て、隣近所にゴミが飛散しないように、しっかりと養生シートを張りめぐらします。
e0273217_19134146.jpg
1階の床の下地となる土台を敷き込みます。内部柱は、ベタ基礎まで落とし
固定します。
e0273217_19135639.jpg
オール4寸の杉の梁を架けると、がっしりした2階床の下地が出来上がります。
Jパネル耐力壁を柱間に落とし込みながら、建てていきます。
e0273217_19140961.jpg
2階のJパネル耐力壁も入り、家らしくなってきましたね。
次は、屋根組に入ります。
e0273217_19142196.jpg
e0273217_19143330.jpg
4寸角の太いたるきを架けていきます。しっかりと金物で固定していきます。
e0273217_19144576.jpg
朝から始まった工事も夕方には、屋根組まで完成しました。
タルキの間には、湿度コントロールをさせるため、当社独自の
アコースティックパネルを落とし込んでいきます。
e0273217_19145859.jpg
内側から見るとこんな感じ。とても綺麗です。
明日は、この上に木の繊維断熱材を載せ込み屋根仕舞いを行っていきます。
では、また。



by kirakunaie | 2018-06-28 19:29 | 石谷の家 | Comments(0)

千年の家Ⅱ 漆喰塗りとお風呂の工事です。

千年の家Ⅱは、大工さんの工事も終わり、左官工事に入っています。
漆喰を塗る作業は、漆喰が木や他の部分につかないように、テープ養生
するところから始まります。
漆喰塗りの80%は、この作業の腕で左右されます。
e0273217_18584599.jpg
造作キッチンや家事机・食器棚の周辺をテープ養生するのは大変です。
でもこの作業を完璧にやらないと、綺麗な漆喰塗りは出来ないのです。
左官の力は、半端ない ですね。
e0273217_18590212.jpg
造作浴室の腰から上は、大工さんによるヒノキ板張りで腰の部分は、左官さんに
よる御影石張り、そして、床面は冷たくなりにくいタイル、サーモタイル張りです。
e0273217_18591618.jpg
一枚一枚切りそろえながら、水がきちんと流れるように勾配を
付けながら張っていきます。これで、お風呂の最終仕上げです。
気持ちのいいお風呂の出来上がりです。
是非、見学会が確認して下さいね。では、また。

by kirakunaie | 2018-06-27 19:09 | 千年の家Ⅱ | Comments(0)

石谷の家 基礎工事編です。

石谷の家の基礎工事状況です。
木楽な家の基礎は、外周のみ立ち上がりをつくるお盆型基礎です。
びおソーラーを採用する場合は、基礎断熱になるので、床下に送り
込まれた温度を持った新鮮空気がうまく室内へと導かれるように
工夫しています。もちろん、許容応力度計算をして強度を確保して
あります。
e0273217_18383512.jpg
地中梁をつくるため、断熱材をコンクリートの下に敷き込んでいます。
e0273217_18385418.jpg
鉄筋工事の完了です。地中梁に囲まれた耐震等級3、耐風等級2を標準でクリアー
した丈夫な鉄筋の完成です。
e0273217_18393194.jpg
e0273217_18391436.jpg
鉄筋工事が完成すると、「まもりすまい保険」の検査を受けました。
設計図通りに鉄筋の本数が入っているか、形状はあっているか等の
検査を受けました。もちろん、合格です。
e0273217_18394388.jpg
コンクリートを流し込むために、型枠を完成させて、ベタコンと立ち上がりコンクリート
を一体打ちします。打ち継ぎ箇所が出来ないため、強度も強く、漏水やしろありの予防にも
役立ちます。
e0273217_18401670.jpg
e0273217_18400021.jpg
基礎の完成です。一緒に出来る外構部分もでき、いよいよ上棟工事に
入ります。では、また。

by kirakunaie | 2018-06-27 18:56 | 石谷の家 | Comments(0)

千年の家Ⅱ びおソーラー工事です。

千年の家Ⅱ、びおソーラー工事の様子をご覧下さい。
自然にあるものを使う。これがパッシブな住まいづくりの基本です。
心地よい風を導き入れること。そしてお日様の力を効率よく取り入れること。

そのひとつとして、「びおソーラー」に取り組んでいます。冬は暖められた新鮮空気
を、夏は夜中や明け方の少し冷やされた新鮮空気を床下に送り込み、家中を温度をもった
新鮮空気で常時満たしていきます。とてもすがすがしい空気感をもった住まいが出来ます。
では、屋根に取り付けるパネルの工事状況を見て下さい。
e0273217_17271474.jpg
木楽な家の屋根は、平板の陶器瓦です。屋根通気層をつくり、瓦の下地桟を
取り付ける前に、びおソーラーからの空気の取り入れ口を取り付けます。
雨が漏らないように、入念に板金下地処理をやっています。
e0273217_17273003.jpg
瓦と同じ形をした支持瓦という金属製に瓦を設計図に合わせて
入れていきます。これで、瓦を傷めることなく、びおソーラーの
取り付け下地が出来ました。
e0273217_17275826.jpg
空気の取り入れ口には、温度スイッチを入れ込んであります。このスイッチは、バイメタルという
2つの性質の違う金属に温度を形状記憶させたもので、冬はこのボックス内が25℃になると、
夏は30℃になるとスイッチが作動する仕組みです。
とても簡単な仕組みなので、壊れる心配がないですね。
e0273217_17281891.jpg
支持瓦に縦ラックを固定して、位置を決めます。
e0273217_17285729.jpg
そして、アルミアングルを渡して下地は完了です。
e0273217_17292020.jpg
ここに、びおソーラーパネルを設置して外周りの工事は完成です。
是非あなたも、びおソーラーの心地いい空気感を体験してみませんか。
では、また。

by kirakunaie | 2018-06-25 17:42 | 千年の家Ⅱ | Comments(0)

石谷の家 地盤調査しました。

石谷の家は、地盤調査を行いました。
この土地は、茶畑に囲まれた丘陵地の真ん中に位置しています。
地形としては、段差や川などもなく、埋め立てでもないため地盤は安定していると
予想しています。ただ、茶畑を造成した土地なので少し心配でした。
e0273217_16513715.jpg
e0273217_16511706.jpg
当社では、表面波探査試験という方法で地盤調査をやっています。
通常よくやってるスウエーデン式サウンディング試験と比べると
より広い範囲で、より深く地中の中の様子が分かるので安心です。
e0273217_16514963.jpg
調査の結果、地表面付近は30KN/㎡で、より深くなると100KN
を超えることが分かりました。木楽な家は、全棟構造計算を行い、基礎の地耐力は
20KN以上あれば問題ないように設計していますので、今回も無事合格でした。
これで安心して基礎工事に入れます。
もし地耐力が悪いようであれば、地盤改良工事が必要となり、100万円近い費用が
必要となる場合もありますのでご注意下さいね。
では、また。






by kirakunaie | 2018-06-25 17:16 | 石谷の家 | Comments(0)

石谷の家 着工します。

鹿児島市石谷町にて2階建て約27坪の木楽な家づくりが始まります。
お茶畑に囲まれた気持ちいい土地です。
南と北に対角に開けた全開口サッシで、外と内とをつないで、居心地のいい居場所
をつくっていきます。是非お楽しみに!
e0273217_16241886.jpg
e0273217_16240520.jpg
まずは、地鎮祭の様子です。雨の予報だったのでテントを用意しましたが、ご夫婦の晴れ男と晴れ女の力で
なんとか天気が保ち、ほっとしました。これで、上棟式も大丈夫かな?
e0273217_16252494.jpg
神主の祝詞(のりと)の後、「地鎮の儀」を行います。
刈初の儀の様子です。施主が鎌で盛り土に差してある忌草をエイ、エイ、エイと
3回声を出して刈ります。
e0273217_16244428.jpg
e0273217_16250400.jpg
それが終わると、それぞれひとりひとり祭壇に玉串を供えて、2拝2拍手1拝で
拝礼します。この土地の永遠の安定と工事の安全を祈ります。
無事、地鎮祭が終わり、いよいよ工事に入って行きます。
次回は、「地盤調査」の様子をUPしますね。では、また。


by kirakunaie | 2018-06-25 16:49 | 石谷の家 | Comments(0)

木工事

屋根工事も終り、瑕疵保証保険とフラット35の中間検査が終わると現場にはうづくりの床板が
運び込まれます。
この床板は燻煙乾燥といい名前のとおり煙で燻され乾燥させた木材です。
この良さは形状記憶木材と呼ばれる程反りや変形が少なく吸放湿性が格段に良いのです。
うづくりを施された30mmの板を大工によって一枚づつ丁寧に貼られますよ。
同時に基礎内部の掃除も忘れずにやっておきます。
引渡前にはもう一度床下にもぐり掃除機掛けるんですがね。笑
e0273217_14415020.jpg
e0273217_14415209.jpg
e0273217_14415115.jpg
e0273217_14415297.jpg
外部はおなじみのラス板斜め貼りです。
通気層を兼ねた外壁下地が耐震も兼ねています。30mm透かした部分が揺れを吸収し斜め貼りが
地震や風に対抗します。
e0273217_14425611.jpg
先週も大阪で震度6弱という大きな揺れが襲いました。
いつどこで起きるか分かりませんが、耐震設計がいかに重要か分かりますよね。

あなたが家を建てるときは(どこの工務店や、建設会社でも良いです)必ず、耐震等級3でお願いしますと要求して下さいね。

それでは、また。

by kirakunaie | 2018-06-23 14:46 | 姶良永池の家 | Comments(0)

電気工事

永池の家は先週無事に上棟式を済ませました。
e0273217_15184679.jpg
内部はうづくりの床板を貼りだす前に電気屋さんの登場です。

真壁に天井は表し、更にロフトとあっては電気配線は至難の技ですね。

基礎内部を有効活用し配線ルートを取っていきます。
e0273217_15184895.jpg
e0273217_15184873.jpg
基礎の床はルンバが自走できるように配線は吊ってありますよ。

天井裏と室内から配線の作業中。
e0273217_15184799.jpg
e0273217_15184680.jpg
親子での作業は息も合い小気味よい掛け声で仕事が捗ります。

来週は床貼りへと工程は進みます。

それでは、また。

by kirakunaie | 2018-06-16 15:19 | 姶良永池の家 | Comments(0)