人気ブログランキング |

カテゴリ:製材( 3 )

丸太を買い付けに行きました。

隼人木材流通センターに杉丸太の買い付けに行きました。
毎月2回市場が開催され、丸太の入札が行われます。
e0273217_17314029.jpg
寒い時期になると、樹木は水分を吸い上げなくなります。この時期に丸太を伐採すると、腐りにくい強度の
強い木材が取れます。一般には切り旬と呼ばれていますが、通常11月頃から3月中旬くらいまでです。
なので、市場には大量の丸太が入荷しています。
e0273217_17321167.jpg
これは本の一部ですが、私が落札したいのはこんな50㎝以上の丸太です。
もちろん、入札ですので、一番高値を入れた人が落札します。
e0273217_17330392.jpg
これは、一山での入札です。丸太をその場で見て、札を手渡します。
すごいスピードで落札されていきます。
e0273217_17331012.jpg
これは、一本単位の径の大きな丸太の入札です。いよいよ、私の出番です。
様子を見ながら、目詰まりのいい丸太のみを狙って札を入れますが、なにせ一発勝負の
入札なので難しい。イイ丸太は、皆狙っていますので、高値を入れねば落ちません。
e0273217_17331710.jpg
負けたり勝ったりしながら、何とかほしい丸太を落札しました。
今日の一番丸太は、これです。
e0273217_17542071.jpg
樹齢130年の杉丸太です。目の詰まった美しい丸太で、根本は90㎝、上は75㎝はある上物です。
さて、こいつをどう製材していこうか、今から楽しみです。では、また。



by kirakunaie | 2019-02-06 17:57 | 製材 | Comments(0)

ウッドマイザーで丸太を製材しました。

新たに導入した製材機ウッドマイザーLT15ワイドにて市場で購入した
丸太の初製材です。
e0273217_18333300.jpg
e0273217_18354160.jpg
この丸太は、末口40㎝超の杉材です。杉の中でも鹿児島の地杉メアサ材です。
木目が美しい、ピンク色をした樹種です。これで、8寸角の柱と階段材料を取っていきます。
e0273217_18341623.jpg
根元と末口の柱芯を水平になるように高さ調整し上から順番に板を取っていきます。
とても美しい板目が出てきました。
e0273217_18340287.jpg
横を落として、ひっくり返すと8寸角の柱がみごとに製材されました。
ほぼ4方無地(4面とも節のない状態)のメアサ材独特のゆれる板目が
浮き出てきました。美しい。
e0273217_18334878.jpg
今度は直径が50㎝程度の丸太です。これは、カウンターの板材となる丸太です。
e0273217_18342837.jpg
巾45㎝のカウンター材です。綺麗なピンク色の板目ですね。見ているだけでなんだか幸せな気分
になるのは何故なんでしょうか。
あなたも、こういう美しい木材を使った住まいづくりを一緒にやりませんか。
では、また。

by kirakunaie | 2019-02-01 18:53 | 製材 | Comments(0)

製材機導入しました。

念願だった製材機をついに導入しました。
当社は創業当時、先代は製材所もやっていましたが、高度成長期に入り
建物の着工棟数がうなぎ登りに増えていったので、製材を止めてしまいました。

当社は、特殊な木材を使うことや家具作りも多く、自社で目詰まりのいい丸太から
板を切り出し、自由自在に木材を作り出したいという思いが日に日に強くなり、
ついに製材機を購入するに至ったのです。
e0273217_18264796.jpg
製材機 ウッドマイザーです。アメリカ製ですが、優れものです。
大径木の丸太は直径約90㎝まで、また最長で9mまで製材可能です。
e0273217_18271420.jpg
この丸太を見て下さい。鹿児島の地杉「メアサ材」です。60㎝以上のカウンター材は
楽に取れます。
e0273217_18273156.jpg
e0273217_18274863.jpg
美しい年輪です。
e0273217_18282214.jpg
直径50㎝以上の丸太は、現在ほとんど需要がありません。残念なことに、一般の製材所も買わないため
、中国勢が買っていくのです。なにに使うのかと聞いたら、なんと棺桶だそうです。

こんな美しい丸太は、是非とも僕らが使いたいものです。中国送りにさせないように、少し高くても落札して
是非あなたの家に使っていきたいと考えています。
こんな美しい木材でカウンターや家具を作ると、毎日の生活がきっと楽しくなりますよ。
では、また。



by kirakunaie | 2019-01-21 18:41 | 製材 | Comments(0)