人気ブログランキング |

カテゴリ:谷山中央の家( 18 )

谷山中央の家 外構工事真っ最中

谷山中央の家は、完成に向けて外構工事に入っています。
天候が悪いため、思うように進みませんが、今日は天気も良く
順調に進みました。
e0273217_18484999.jpg
来週のコンクリート工事に向けて、砕石を周囲にいれて整地をしました。
e0273217_18490341.jpg
敷地が34坪と限られているため、南側の庭はこれだけです。
ここに木柵フェンスで囲まれた、洗い出しのテラスができ、リビングから
眺めるともう一つのアウトドアリビングが2つの全開口サッシとつながって
内と外が一体となった空間になります。

是非、完成見学会でご覧下さい。

谷山中央の家 完成見学会のお知らせ
  ~パッシブソーラーと床下エアコンで床暖房する2階建ての住まい~

3/9(土)10(日)10:00~17:00(完全予約制)
見学場所:鹿児島市谷山中央3丁目
お申し込み:尾堂産業(有)担当:尾堂里美
電話099-272-2656
MAIL odosan20@guitar.ocn.ne.jp

見学予約時間 10時・11時・13時・14時・15時・16時
よりご都合のいい時間をお選び下さい。

お申し込みは下のHPをクリック!


by kirakunaie | 2019-02-23 19:08 | 谷山中央の家 | Comments(0)

谷山中央の家 完成見学会のお知らせ

谷山中央の家 完成見学会のお知らせ
  ~パッシブソーラーと床下エアコンで床暖房する2階建ての住まい~

3/9(土)10(日)10:00~17:00(完全予約制)
見学場所:鹿児島市谷山中央3丁目
お申し込み:尾堂産業(有)担当:尾堂里美
電話099-272-2656
MAIL odosan20@guitar.ocn.ne.jp

見学予約時間 10時・11時・13時・14時・15時・16時
よりご都合のいい時間をお選び下さい。

お申し込みはこちらからどうぞ。




これまで、現場レポートをお伝えしてきました「谷山中央の家」の完成見学会を行います。
建坪27.3坪の2階建て。町中の狭小地に建つ住まいです。38坪の土地ですが、気持ち
のいい光や風を取り入れ、パッシブデザインを施した住まいです。
e0273217_19532614.jpg
2つの全開口サッシを開けると、コンパクトな庭と一体となり気持ちのいい風が入り込みます。
また、木の繊維断熱材で湿度コントロールをし、太陽の恵みを利用したびおソーラーを搭載。
太陽熱と床下エアコンによる床暖房を是非体験して下さい。
e0273217_19533847.jpg
では、お待ちしています。




by kirakunaie | 2019-02-18 20:13 | 谷山中央の家 | Comments(0)

谷山中央の家 バルコニーの手摺製作しました。

谷山中央の家では、バルコニーの手摺・雨戸の戸袋を大工さんが製作しています。
e0273217_17313300.jpg
オーダー製作した手摺柱の芯となるスチールのバーを取り付けています。
もちろん、腐食しにくいように溶融亜鉛メッキ処理してあります。
e0273217_17314299.jpg
スチール柱を挟み込むように、柱となる杉の木を取り付けていきます。
これも腐りにくいように、高圧注入した木材を使用しています。
e0273217_17320636.jpg
ここに壁手摺り板を取り付けて、バルコニーを囲んでいきます。
e0273217_17322474.jpg
そして、木部浸透性塗料を塗って完成です。2回塗りですから
明日もう一度塗ると完成です。
e0273217_17323231.jpg
平行して雨戸の木製戸袋も完成しました。
明日雨が降らなければ、2回目を塗って足場を解体できるのですが・・・。
この天候には頭が痛いところです。

完成見学会のお知らせ

この谷山中央の家の完成見学会を3/9日,10日で行います。
駐車場の関係上、予約制にて行いますので、10時,11時,13時,14時,15時,16時
のご都合のいい時間を選んで、お申し込み下さい。
申し込み先:尾堂産業(有) 担当尾堂里美  099-272-2656
odosan20@guitar.ocn.ne.jp



by kirakunaie | 2019-02-14 18:00 | 谷山中央の家 | Comments(0)

谷山中央の家 完成間近です。

谷山中央の家は、外壁の塗装も終わり、内部の仕上げ工事に入っています。
e0273217_17273206.jpg
外壁の色は、木楽な家の定番色 日本の伝統色 藍色です。木部に塗ったパイン色
との色の対比が鮮やかです。
さて、内部では、電気屋さんが照明器具を取り付けています。
e0273217_17280812.jpg
内部壁の漆喰も仕上がり、照明器具を取り付けています。
e0273217_17282092.jpg
定番のヒノキ板張りのお風呂にも照明がつきました。
さて、2階では建具屋さんが無双窓を取り付けています。
e0273217_17283400.jpg
寝室の吹き抜けに面した壁には、無双窓が付いています。
まず隙間があいた、固定板を少しずつ調整しながら隙間無くはめ込んでいきます。
e0273217_17284723.jpg
1㎜以下の調整は、手カンナです。よく切れるカンナで少しずつ調整していきます。
e0273217_17290487.jpg
吹き抜け側の固定板をはめ、寝室側には連子板とよばれる移動する板を
取り付けます。すると、
e0273217_17291645.jpg
連子板をしめると、板壁となります。これを開け閉めすることで、自然の風を入れたり、
エアコンの温度調整をしたりするために使います。この上には障子戸が入りますよ。

この無双窓は、ばあちゃん家の縁側の上(ランマ)に昔はよく付いていました。
木楽な家は、そんな日本の伝統文化を再現し、後生に伝えていくことも大切な役目だと考えています。

by kirakunaie | 2019-02-13 17:54 | 谷山中央の家 | Comments(0)

谷山中央の家 外壁モルタル仕上げ完了

谷山中央の家は、外壁モルタル塗りが乾燥し、取り付けた目地棒を外し
仕上げをしています。
e0273217_17551869.jpg
外壁モルタルの縦に入れた木が見えますか?モルタルの収縮や膨張を吸収するための
目地です。乾燥してくると、この目地棒を外すことが出来ます。
今日は、目地棒を外して、その後を綺麗に仕上げる左官工程を行いました。
e0273217_17552957.jpg
外した後を細い左官コテで綺麗に仕上げています。
これで、外壁のモルタル塗りは、完了です。
左官職人は、その日の天気を読み取り、気温や湿度によって材料の調合を微妙に
変えながら、以前と同じように仕上げていく、経験が最も必要な職種です。
e0273217_17561124.jpg
さて、これが終わると、大工さんによる最後の下地仕上げとなります。
モルタル塗りの下地に組んだ斜めラス板の通気層の出口を作っています。
雨が入らないように、かぶせ物をし、通気がうまく抜けていくように
細工しています。
e0273217_17561733.jpg
いよいよ来月から外壁塗装に入ります。木楽な家の定番色である、藍色を吹き付けていきます。
仕上がると、木部との対比で鮮やかな色合いになるでしょう。



by kirakunaie | 2019-01-30 18:11 | 谷山中央の家 | Comments(0)

谷山中央の家 屋根の上にびおソーラーが載りました。

谷山中央の家の屋根にびおソーラーパネルを設置しました。
太陽の熱をパネルのガラス面で集めて、床下へと送り込み
床暖房します。もちろん、夏には少し涼しくなった夜や朝方の
涼しい空気を床下へと導きます。
e0273217_17561226.jpg
瓦が載る前に太陽熱の取り入れ口から雨がもらないように、しっかりと防水処理しています。
e0273217_17562191.jpg
平板陶器瓦を葺き、びおソーラーパネルを固定するための支持瓦を
同時に伏せていきます。瓦を傷つけないため、将来の漏水の心配が
ありません。と、ここまでは以前にお話しました。
e0273217_17550177.jpg
この支持瓦にフレームを渡し、パネルを固定する下地を作りました。
ここへパネルを載せて、固定すれば完成です。
e0273217_17551092.jpg
町中の家でも、屋根面には結構日が当たります。この無料の太陽熱を利用しない手はありませんよね。
エコ住宅という言葉が先行して、自己消費する電気と太陽光発電で作った電気がプラスマイナスすれば
0になる。これが本当でしょうか?

自然にあるもの、太陽や風や樹木の力に助けてもらいながら、足らない部分を電気の力で補う。
私たちは、こんな考え方で「木楽な家」を作り続けています。もちろん、しっかりした断熱をしながら。
では、また。

by kirakunaie | 2019-01-25 18:17 | 谷山中央の家 | Comments(0)

谷山中央の家 色決めしました。

谷山中央の家では、外壁の色・玄関の洗い出しの色・浴室のタイル
洗面所の床タイル・和紙の色・照明器具・プリーツスクリーンなどを決めて
いく時期になりました。
e0273217_17482455.jpg
お客さんと一緒に現場でひとつひとつ確認しながら決めていきます。
木楽な家をはじめてから18年が経とうとしていますが、最初から
この家に関わってもらった、コージースペースの平石さんのアドバイス
を受けながら検討中です。
e0273217_17484090.jpg
カタログや小さな見本で決めていきますので、やはり的確にアドバイスして
くれる人が居ると、とても心強いかぎりです。
今回も悩みながら、少しずつ決まっていきます。だんだんと完成に近づいていきます。
2月末完成見学会の予定です。お楽しみに。


by kirakunaie | 2019-01-24 18:00 | 谷山中央の家 | Comments(0)

谷山中央の家 外壁モルタル塗り施工中です。

谷山中央の家は、外壁モルタル塗りの仕上げ工程に入っています。
もうほとんど見なくなった、左官伝統のモルタル塗りです。
職人の手仕事にこだわる「木楽な家」では、標準仕様です。
e0273217_17332341.jpg
下塗りモルタルが乾燥したら、仕上げ塗りをするために目地棒を取り付けます。
まずは、その位置出しをするため、墨を打っていきます。
e0273217_17333784.jpg
墨の位置にモルタルを塗り、目地棒を取り付けていきます。
e0273217_17334767.jpg
この木の棒が、ひび割れ防止と仕上モルタルの厚みを均等にする役目があります。
e0273217_17371167.jpg
この目地棒を定規にして、均一な厚みに塗っていきます。
e0273217_17350883.jpg
2階建てなので、上下に分かれてすばやく塗り広げていきます。
見ていても、そのスピードに圧倒されます。
e0273217_17361078.jpg
塗り広げ終わると、特注の大きな定規で目地棒にあてがいながら、均一な厚み
にしていきます。
e0273217_17362467.jpg
e0273217_17363917.jpg
しっかりとした技術を持った職人の技は、とても綺麗ですっきりとした仕上がりになります。
しかし、左官職人は高齢化が進み、寒い・重い・きついと3拍子揃った仕事のため、若い職人
がいません。木楽な家の左官は40才とまだ若いですが、現在若い相棒がいません。
一緒にやれる若い職人志望者を募集しています。是非、一緒にこの伝統の職人技を残していきませんか。
では、また。




by kirakunaie | 2019-01-22 18:04 | 谷山中央の家 | Comments(0)

谷山中央の家 手摺り壁製作状況です。

谷山中央の家の2階ホールの手摺り壁製作状況をご覧下さい。
広がりを持たせるためオープンな作りをすることが多いのですが、
階段から冷房時に冷気が1階へ下りてしまうため、2階が冷えない
ことがあります。その対策です。
e0273217_17095193.jpg
漏気止めの高さ900程度の引戸を収納させる手摺り壁をよく作ります。
鴨居兼用の笠木を大工さんが溝加工しています。
e0273217_17095984.jpg
e0273217_17100602.jpg
横から見ると、笠木に溝が掘ってあるのが分かりますよね。
ここに引戸が入ります。
e0273217_17101383.jpg
やっかいな斜め部分にも笠木が取り付きました。
e0273217_17102070.jpg
傷が付かないようにしっかりと養生をしています。
e0273217_17102762.jpg
漆喰塗りの下地となる石膏ボードを張っていきます。
e0273217_17103577.jpg
正面からみるとこんな感じですが、よく分からないですよね。そこで、
実際仕上がるとこうなります。石谷の家の完成写真で説明しますね。
e0273217_17254161.jpg
これは吹き抜けへ出るための引戸です。
e0273217_17260480.jpg
高さ90㎝弱の仕切りですが、これだけでエアコンの冷気をとどめておくことが
できます。
e0273217_17255369.jpg
ついでに階段部分の漏気止め引戸です。小さな子供さんの落下防止にも
なりますね。では、また。



by kirakunaie | 2019-01-15 17:32 | 谷山中央の家 | Comments(0)

谷山中央の家 廻り階段製作中です。

谷山中央の家は、廻り階段の製作中です。
廻り段の下は、収納やウオークインクロゼットで利用しますので、吊り下げ型の
廻り段となり、一工夫必要です。
さて、棟梁の製作の様子をご覧下さい。
e0273217_16353871.jpg
まずは、階段の踏み板を原寸を書いたとおりにカットしていきます。
e0273217_16354698.jpg
この柱を中心にして廻っていきますので、高さをチェックしています。
e0273217_16355723.jpg
ささら桁という踏み板をささえる板を壁に取り付けています。
下は収納になりますので、この板のみで支えます。
e0273217_16361812.jpg
壁につけたささら桁に踏み板を差し込んでいきます。
すばらしい仕事です。
e0273217_16363939.jpg
e0273217_16360590.jpg
洗面所へつながっていきますので、この下を通れるようにしてあります。
e0273217_16365696.jpg
2階から見るとよく分かります。みごとな廻り段が出来ました。
e0273217_16370386.jpg
最後の2段を取り付けて、階段が開通しました。これぞ、大工の技です。
すばらしい技術に敬服します。
では、また。

by kirakunaie | 2019-01-14 16:51 | 谷山中央の家 | Comments(0)