2018年 03月 08日 ( 1 )

【末吉の家・・・快適に暮らすために屋根にする2つの秘密】

e0273217_10273437.jpg

【末吉の家】

今日は前回の最後に少しだけお伝えした
防水シートを含めた屋根の秘密をレポートしますね。

快適に暮らす為、
屋根には2つ熱対策をしています。

あなたも夏 屋根から熱気がムンムン出てきて
夜暑いなと感じた経験や、
暖かい季節に家に帰ってきて、
家の中がモア~と感じた事は無いですか?

これは太陽の熱が屋根や壁を暖めて屋根、壁そのものを
熱くしているのですが、熱を反射させる事で
暑くなる事を抑える事ができるんですよ。


e0273217_10265944.jpg
その秘密は屋根に使っている遮熱のルーフィングと
呼ばれる防水性のあるシート。

このシートは表面にアルミを蒸着して赤外線を
反射させる効果があるんですね。

防水という屋根の大切な働きに、
「遮熱=熱を遮断する」という効果を加えたシートなのです。

これで家の中に入る熱を少なくして
います。


もう一つは「暑い空気を抜く」という事です。
先ほどのシートを貼った後には木材を取り付けます。

e0273217_10265969.jpg

40センチ間隔で取り付けられたこの木材には
大切な役割があります。

e0273217_10265970.jpg


瓦は夏すごく熱くなります、
その熱くなった瓦がそのまま屋根に載っていたら
その熱で家が暑くなるのです。

なんとなくイメージできますね。


そうならない為にこの木材を取り付けます。
瓦の下に隙間を作って、瓦下の暖められた空気が
溜っていると家が暑くなります。

そうならないように、熱くなった空気が
流れるように空気の通り道を作るのです。

暖められた空気は屋根の一番高い場所から抜けるように
工夫しています。

この3センチの隙間が大切なのですね。

それではまた。







by kirakunaie | 2018-03-08 10:23 | 末吉の家 | Comments(0)