人気ブログランキング |

谷山中央の家 完成間近です。

谷山中央の家は、外壁の塗装も終わり、内部の仕上げ工事に入っています。
e0273217_17273206.jpg
外壁の色は、木楽な家の定番色 日本の伝統色 藍色です。木部に塗ったパイン色
との色の対比が鮮やかです。
さて、内部では、電気屋さんが照明器具を取り付けています。
e0273217_17280812.jpg
内部壁の漆喰も仕上がり、照明器具を取り付けています。
e0273217_17282092.jpg
定番のヒノキ板張りのお風呂にも照明がつきました。
さて、2階では建具屋さんが無双窓を取り付けています。
e0273217_17283400.jpg
寝室の吹き抜けに面した壁には、無双窓が付いています。
まず隙間があいた、固定板を少しずつ調整しながら隙間無くはめ込んでいきます。
e0273217_17284723.jpg
1㎜以下の調整は、手カンナです。よく切れるカンナで少しずつ調整していきます。
e0273217_17290487.jpg
吹き抜け側の固定板をはめ、寝室側には連子板とよばれる移動する板を
取り付けます。すると、
e0273217_17291645.jpg
連子板をしめると、板壁となります。これを開け閉めすることで、自然の風を入れたり、
エアコンの温度調整をしたりするために使います。この上には障子戸が入りますよ。

この無双窓は、ばあちゃん家の縁側の上(ランマ)に昔はよく付いていました。
木楽な家は、そんな日本の伝統文化を再現し、後生に伝えていくことも大切な役目だと考えています。

by kirakunaie | 2019-02-13 17:54 | 谷山中央の家 | Comments(0)
<< 谷山中央の家 バルコニーの手摺... 猪鹿倉の家Ⅱ 建て方完了しました。 >>