石谷の家 外壁モルタル塗り始まりました。

石谷の家の外壁塗りが始まりました。
斜め張りのラス板の上にメタルラスという金属の金網を
張り付ける所までは、前回報告しましたね。
今日は、その続きです。現場で調合したモルタルを壁に
塗り付けていきます。下塗りの状況です。
e0273217_08164218.jpg
ひび割れ防止のため、モルタルの中には発泡ビーズを混ぜて建物の揺れを吸収し
割れにくいように工夫されています。
しかし、このたくましい腕はすごいですね。まあ、腕相撲で左官に勝てる職種はないでしょうね。
e0273217_08165131.jpg
下塗りをして、一端乾燥させて、さらに上塗りという2回の工程です。
左官のモルタル塗り、これも日本伝統の職人の技です。
「木楽な家」は、この伝統を受け継ぎ、次の世代へと残していく役目も担っている
と私たちは考えています。
では、また。

by kirakunaie | 2018-09-05 08:26 | 石谷の家 | Comments(0)
<< 石谷の家 大工仕事も終盤です。 永池の家 左官工事です。 >>