人気ブログランキング |

石谷の家 特殊な壁下地

石谷の家では、外壁廻りの内壁に砂漆喰を塗るための下地作業が行われています。
木楽な家では、鹿児島のジメジメした暑さを少しでも軽減できるように、湿度対策
にも取り組んでいます。

e0273217_07512716.jpg
外壁廻りの木の繊維断熱材や砂漆喰に吸湿させることにより、湿度をさげる工夫をしています。
エアコンだけに頼るのではなく、もっと「建築でやろう!」という試みです。
e0273217_07513631.jpg
漆喰の下地は、どこの工務店も石膏ボードを使っていますが、木楽な家では、木ずりを空かして打っています。
ここに、砂と漆喰を自社調合した砂漆喰を使って、塗り込んでいきます。
そして、その上にいつもの漆喰を塗り、仕上げているのです。(法22条地域では出来ません。)

まるで土壁のような厚塗りの漆喰層をつくり、調湿させるのです。

e0273217_07514441.jpg
仕上がるとこんな感じです。今だけしか見られない現場風景です。
調湿とは関係ない、内部壁には石膏ボードを使い、漆喰を塗っています。
続きはまた、漆喰塗りの時にお話ししますね。

by kirakunaie | 2018-08-29 08:09 | 石谷の家 | Comments(0)
<< 石谷の家 階段仕上がりました。 武岡の家 建て方です。 >>