武岡の家 基礎工事

武岡の家はびおソーラーを搭載する2階建ての家です。
今回もびおソーラー用の内部立ち上りの無いお盆型の一体基礎です。
e0273217_09545318.jpg
断熱材を敷き込み鉄筋工事が終わりました。
瑕疵保証保険による配筋の検査も問題なくクリアしコンクリート打設!というところで
思いもよらぬ北からの台風!3日程天気の回復を待ちコンクリート打設が始まりました。

ここで少し基礎工事の工程を紹介します。
ランマーと呼ばれる機械で入念に転圧します。
e0273217_09543041.jpg
e0273217_09543087.jpg
捨てコンクリートの打設まで終わりました。
正確な型枠の墨出しと型枠設置の為です。


e0273217_09543163.jpg
トランシットで正確に位置と直角を捨てコンに墨を落とします。
e0273217_09542987.jpg
e0273217_09543789.jpg
配筋完了です。
e0273217_09543863.jpg
配筋検査の状況。
鉄筋の太さ、ピッチ、重ね部の長さ、主筋の数などをチェックします。
e0273217_09545428.jpg
立ち上り部からコンクリートを打ちこむのですが立ち上り型枠の下へ流れなかなか充填されません。
3週程回りやっと充填完了!後はベタ基礎の打設で終了!
一体打ちされた強固な基礎になりますよ。
e0273217_09545498.jpg
e0273217_09545537.jpg
夕方までに天端調整のレベラ―まで流し込んで一日が終わりました。

月末の建て方に備えます。
それでは、また。

=完成見学会のお知らせ=
鹿児島市千年団地内にて、千年の家の完成見学会を開催します。
平屋28坪の木楽な家です。
開催日:8/18(土)・19(日)10:00~17:00
見学ご希望の方は、当社HPでまたは下記まで直接お電話でお申し込み下さい。
受付担当:尾堂里美 099-272-2656


by kirakunaie | 2018-08-03 09:56 | 武岡の家 | Comments(0)
<< 千年の家Ⅱ 完成写真を少し 石谷の家 床板張り >>