石谷の家 床板張り

石谷の家は、床板を張っています。
木楽な家では、杉のうずくり加工をした3㎝の床板を使っています。
うずくりとは、杉の板を焼いてブラシでこすっていくと、夏に出来る年輪部分は
柔らかいので削れ、冬に出来る年輪部分は固いのでそのまま残ります。
すると、凹凸のある床板に仕上がります。
e0273217_18134923.jpg
この床板を一枚一枚、つなぎ合わせていきます。床板をかみ合わせ、
微妙な力で合わせていきます。強くても弱くてもだめなんです。
ちょうどいいアンバイでかみ合わせるんですね。それが経験です。
e0273217_18135846.jpg
隙間が無くなりましたね。分かりますか?
根気のいる熟練作業です。
e0273217_18140599.jpg
さて、別な大工さんは、浴室づくりを開始しています。
木楽な家の特徴でもある、木のお風呂づくりです。
床からすべて手作りしています。もちろん、将来床下を点検できるように
作っていきますよ。また、進み具合をUPしますね。では。


=完成見学会のお知らせ=
鹿児島市千年団地内にて、千年の家の完成見学会を開催します。
平屋28坪の木楽な家です。
開催日:8/18(土)・19(日)10:00~17:00
見学ご希望の方は、当社HPでまたは下記まで直接お電話でお申し込み下さい。
受付担当:尾堂里美 099-272-2656


by kirakunaie | 2018-08-02 18:29 | 石谷の家 | Comments(0)
<< 武岡の家 基礎工事 石谷の家 天井板張り >>