千年の家Ⅱ 雨戸工事

千年の家Ⅱは、外構工事も大工さんの工事を残すだけとなりました。
木楽な家では、樹脂サッシに必ず雨戸を付けています。台風の上陸が多い鹿児島
では、雨戸は必需品ですね。

雨戸の取り付け枠は、アルミ製品を使いますが、その周りの鏡板は
大工さんが木で作っています。
e0273217_07591700.jpg
雨に濡れる部分には、腐りにくいように注入処理をした木材を使っています。
緑色の木がそうです。
外壁から木の部分を浮かせて取り付けることで、通気をよくして腐食を防いでいます。
e0273217_07592517.jpg
出来上がるとこんな感じです。この木部は、浸透性塗料で色づけをして
います。
e0273217_07594368.jpg
内部は、家具が完成し、木のキッチンも出来上がりました。
メーカーのシステムキッチンと比べると、やさしさがあります。
料理もおいしく出来そうですね。
では、また。


=完成見学会のお知らせ=
鹿児島市千年団地内にて、千年の家の完成見学会を開催します。
平屋28坪の木楽な家です。
開催日:8/18(土)・19(日)10:00~17:00
見学ご希望の方は、当社HPでまたは下記まで直接お電話でお申し込み下さい。
受付担当:尾堂里美 099-272-2656

by kirakunaie | 2018-07-31 08:16 | 千年の家Ⅱ | Comments(0)
<< 石谷の家 天井板張り 永池の家 木工事後半です。 >>