千年の家Ⅱ 基礎コンクリートの一体打ち

千年の家Ⅱは、配筋検査が終わり、型枠工事に入りました。
木楽な家の基礎は、コンクリートをベタコンクリートと立ち上がりコンクリートを
一体としたコンクリート打設を行います。
その様子をご覧下さい。
e0273217_19143458.jpg
型枠を鉄筋から浮かして取り付けていきます。浮かし型枠と言います。
立ち上がり基礎とベタコンを同時に打設するためです。
e0273217_19145245.jpg
型枠の完成です。あなたが見たことのある基礎と何か違いますよね。
そうです、基礎の内部の立ち上がり型枠がないのです。もちろん構造計算をして
このような形にしています。びおソーラーと床下エアコンの風が綺麗に行き渡り
床下の空気がよどまないようにしています。
e0273217_19150938.jpg
e0273217_19152643.jpg
コンクリートを1回で打設しています。難しい作業ですが、プロの仕事です。
e0273217_19154103.jpg
このようにして、一体型の基礎の完成です。外側しか立ち上がりがないので
お盆のような基礎ですね。地中梁がベタコンに入ったとても強い基礎の完成です。
さて、いよいよ上棟工事に入ります。では、また。

by kirakunaie | 2018-04-10 19:28 | 千年の家Ⅱ | Comments(0)
<< 千年の家Ⅱ 上棟しました。 千年の家Ⅱ 基礎工事の様子です。 >>