千年の家Ⅱ 地盤調査を行いました。

千年の家Ⅱは、地盤調査を行いました。
木楽な家の地盤は、表面波探査試験という方法で地盤の強さを測定します。
e0273217_09091241.jpg
e0273217_09093604.jpg
通常5ポイントを測定します。文鎮のような機械が振動波を地中に送り込み、その反射波をスケールの
1m、2mの部分に差し込んである測定器で拾い、コンピューター解析します。
通常、やられているスエーデン式サウンディング試験と比べると、より広い範囲の地中の様子が分かるため
これを採用しています。
e0273217_09095084.jpg
e0273217_09100150.jpg
木楽な家では、全棟許容応力度計算を行い、基礎の形状・鉄筋の太さ・間隔を決定しています。
地盤調査結果をもとにして、補強が必要かどうかを判断しています。

今回は、周囲が間知ブロックに囲まれ、道路・隣地より1m以上高くなっているため、ブロック積みを
埋め戻したラインが、少し地耐力が弱く、基礎工事の時に転圧する必要があることが分かりました。

このように、土地を購入する場合は、間知ブロックが外周に積んである場合は、地耐力が不足する
場合が想定されるので、要注意ですね。

では、また。



by kirakunaie | 2018-03-19 09:29 | 千年の家Ⅱ | Comments(0)
<< 【末吉の家・・・コーディネート... 【末吉の家・・・台風に強い瓦 ... >>