【千年の家・・・雨対策完了】

e0273217_11474582.jpg

千年の家・・・屋根+壁の雨対策完了しました。

鹿児島は今日は雨、梅雨に入ったのですがなかなか雨が降りませんでしたね。
そんな晴れの間に外の工事は進んでいますよ。


e0273217_11474634.jpg

屋根には【通気胴縁】と呼ばれる木材が取り付けられました。

この木材の上に瓦がくるのですが、
これからくる夏の日には瓦はすごく熱くなります。

実は太陽の日射しを直接浴びるので、
靴の底が溶けるほど熱くなるんですね。

そんな瓦の熱がもし直接家の中に入ってきたら、
夜暑くて寝られないかもしれません。

そうならないために、瓦の下に空間を作って、
暑くなった空気は屋根の一番上から逃がす工夫をしているのです。

この木材はその空間を作る大切な木材なんです。




e0273217_11474552.jpg


外壁では【透湿防水シート】が貼られました。

サランラップのようなシートとは違い、水は通さないけど湿気は通す、
そんな魔法のシートです。

湿気まで止めると、カビの原因になったり、
木材に悪影響を与えたりしますので、
湿気は通すという事が大切なんですね。

しかもアルミ箔を蒸着した加工もしていますので、
熱も反射して家の中が暑くならない工夫もされています。

夏の時期等は 外壁に日差しがサンサンと降り注ぎます、
暑くなった壁の熱が家の中に入ってこないように【反射】させる そんなイメージです。

車のサンシェードと同じ考えですね。




それではまた。




e0273217_16193871.jpg

←公式LINEアカウント登録はこちら



by kirakunaie | 2017-06-20 12:59 | 千年の家 | Comments(0)
<< 木工事始めました。 西餅田の家建て方です。 >>