妙円寺の家 断熱施工をやってます。

あけましておめでとうございます。
本年もブログ更新を定期的にやっていきますので、
是非ご覧下さい。

では、早速。

妙円寺の家では、壁に「木の繊維断熱材」を充填する工事を行っています。
木楽な家の断熱材の標準仕様は、床が押出発砲ポリスチレンフォーム60㎜、
壁は、充填断熱工法で「木の繊維断熱材」90㎜、屋根は前回書いたように
「木の繊維断熱材」120㎜となります。

但し、基礎断熱工法とするバージョンもあります。これについては、1/7からの
見学会にてご説明します。どちらを選ぶかは、あなたの考え方次第です。
見学会ご希望の方は、当社ホームページのイベント情報ページをご覧下さい。

e0273217_1712684.jpg

これが「木の繊維断熱材」です。
この断熱材の優れた点は、調湿効果です。1m3のウッドファイバーで、約7Lの水蒸気を蓄える
ことができ、その範囲内で断熱性能が落ちません。また、湿度の低い冬には湿気を放出し、
湿度の高い梅雨や夏には、吸湿してくれます。

つまり、湿度をコントロールし、内部結露とカビの発生を抑制してくれるのです。
e0273217_1715442.jpg
e0273217_1721030.jpg
e0273217_1722769.jpg

その他にも、外の車の騒音等を効果的に遮り、静かな室内環境を保ってくれます。
また、天然の「木」ですから、シックハウスアレルギー対策に当然、貢献します。
安心して使える材料です。

1/7,8,9日、14,15日の姶良での完成見学会で是非体感して下さいね。
では、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2017-01-05 17:27 | 妙円寺の家 | Comments(0)
<< 漆喰塗 妙円寺の家 外壁下地やってます。 >>