JPウォール

現場は外壁下地の斜め貼りも終り、内部の木工事に入っています。
前回前振りしたJPウォールのレポートです。
e0273217_17410893.jpg
これはJパネルという3層の杉板を直交させパネルにした面材を柱間に落とし込んだ
板倉造り構法です。
この構造体は伊勢神宮の式年遷宮に用いられました。
これをJパネル耐力壁として現代化を図ったものです。
e0273217_17410152.jpg
e0273217_17405654.jpg
もちろん大臣認定を取得済みです。
倍率は、4.6倍。これにラス板貼り0.5倍を併せて5倍の壁倍率としています。
これでガッチリと構造体を作ると内部構造をシンプルにできるメリットがあります。
e0273217_17413750.jpg
このまま仕上げの壁としても使える美しい耐力壁です。
もったいないですが木楽な家はこの内部に木摺を打ち漆喰で仕上げていきますよ。
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-10-10 17:44 | 姶良木田の家 | Comments(0)
<< 木工事 ラス板斜め貼り >>