姶良モデル3 外壁角スパンドレル張りと杉板張り和釘留め

姶良モデル3では、外壁角スパンドレル張りが完了しました。

いぶし銀という色の角スパンドレルは、スッキリとした印象に仕上りました。
e0273217_18220123.jpge0273217_18212781.jpg
板金でくるんだ庇も職人による手づくりなんですよ。

そして、庭に面する1階の外壁面は、手仕事の杉板張りが進んでいます。
e0273217_18211140.jpg
手に触れる部分は、杉板を1枚1枚職人の手で釘を打って留め付けていきます。

e0273217_18225398.jpg

実は、この杉板を留めるための釘は、和釘(わくぎ)と呼ばれる、1本1本鍛冶職人の手でつくられた釘を使用しています。
法隆寺などでも使用されてきた大変歴史の深い釘です。

写真のものは階折釘と呼ばれる形のもので、
炉で1000度以上まで加熱して、熱いうちに90度ずつ回転させながら金槌で叩いて作るので、四角い断面をしています。

真っ赤に熱された鉄を鍛えあげる工程で表面に酸化膜ができるため、表面が錆びても、中まで腐食しにくいといわれています。
伝統工法で1本1本つくられた和釘を使って、1枚1枚大工が丁寧に留め付ける杉板張りの外壁。
e0273217_18203175.jpge0273217_18221682.jpg
時間とともに杉板も和釘も風合いが変化し、年月が経つごと味わいを深めていく外壁が出来上がります。
金属の外壁と木の外壁をバランスよく使い分けることで、お互いの良さが引き立ちますよね。

身体を守る洋服を着た部分と、顔や素肌を見せて表情をだすようなイメージでしょうか。
さらに玄関周りは、モルタル塗に土壁コートの吹付塗装で仕上げていきますよ。

杉板でつくる雨戸の戸袋も工事が進んでいますので、レポートしますね。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

by kirakunaie | 2016-05-27 08:05 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)
<< 東餅田の家 内部も着々と進んで... 猪鹿倉の家 外壁の斜めラス板張... >>