猪鹿倉の家 瓦葺き工事が進んでいます

猪鹿倉の家では、屋根の瓦葺き工事が進んでいます。

上棟作業で張りつけた防水と遮熱の二役を担う遮熱ルーフィングと通気層をつくる縦きずりの上に、
瓦1枚の寸法に合わせて、瓦桟を格子状に組んでいきます。
e0273217_06011842.jpge0273217_06015567.jpg
こうすることで、軒先から棟にのぼる通気層をつくります。
夏場に瓦が温められても、この通気層があることで、熱い空気を逃がして屋根面に熱を伝えにくくしていきます。

こうして屋根面で遮熱、断熱をしっかりとすることで、屋根裏のロフトスペースを有効に使うことができるんですね。

現場には、梱包された瓦が到着し、瓦あげ機であげながら、1枚1枚ビスでとりつけていきます。
e0273217_06030192.jpge0273217_06035466.jpg
この平板の陶器瓦は、焼き物の瓦ですから、再塗装をする必要がない、一生物の瓦です。

棟の部分には1段高い下地が取り付けられました。
ここに棟の瓦をのせて、空気が逃げていく仕組みをつくります。
e0273217_06044312.jpg
外部では、サッシにガラスが入り、透湿・遮熱・防水シートが張りつけられました。
屋根面同様、壁面もしっかりと通気層をつくっていきます。
e0273217_06054402.jpge0273217_06062338.jpg
外壁のモルタル仕上の下地となる斜めラス板張りも進んでいます。
ジグザグに張ることで地震や風で受ける力を逃がし、熱や水分を逃がすための通気層にもなります。

梅雨に入る前に、外壁のラス板張を進めていきます。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////a

by kirakunaie | 2016-05-19 08:00 | 猪鹿倉の家 | Comments(0)
<< 東餅田の家 浴室の床ができました! 東餅田の家 内部造作も進んでいます! >>