姶良モデル3 杉床板張りが進んでいます

姶良モデル3では、うづくりの杉板床張りが進んでいます。
e0273217_06295477.jpg
厚さが3センチのしっかりとした床板を1枚1枚張っていきます。
e0273217_06302139.jpg
この床板はうづくりといって、表面に年輪が浮き出すように仕上げられているのですが、
もこもこした足触りがとっても気持ちがいいですよ。
e0273217_06293013.jpg
ひとつひとつ表情の違う板というのがいいですよね。
見学に来られた際は、ぜひ裸足で歩いたり、ごろんと寝転がってみて体感してくださいね。

さて、姶良モデル3では、屋根面で集めた太陽熱を床下に送り込むようにしているのですが、
その床下からの吹き出し口も取り付けが進んでいます。
e0273217_06305840.jpg
床に開口をあけて、吹き出し口を取り付けていきます。
ところで、冬場に窓際から冷たい空気が床を張ってくるような経験がありますよね。
e0273217_06311948.jpg
吹き出し口は窓際に取り付けることで、コールドドラフトと呼ばれる窓際からおりてくる
冷たい冷気を打ち消す位置に取り付けているんですよ。

見学に来られた時は、手をあてて体感してみてくださいね。

天気があがりそうなので、明日からはまた外壁工事が進みます。

by kirakunaie | 2016-05-17 08:20 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)
<< 姶良モデル3 外壁角スパンドレ... 東餅田の家 上棟式を行いました! >>