姶良モデル3 外壁角スパンドレル張りが進んでいます

姶良モデル3では、外壁の角スパンドレル張りが進んでいます。

1枚が16センチ幅の角波型の金属板を1枚1枚張っていきます。
e0273217_20170988.jpg
サッシの周りもスッキリ納まるようにひと手間かけて廻り縁と呼ばれる受け材を取り付けて
綺麗に納めていきます。
e0273217_20200090.jpg
全体を金属板で覆っていきますが、1階の庭側のような手に触れる部分は杉板張、
玄関周りは左官仕上げのモルタル塗りと、役割を考えて外壁を張り分けていきますよ。
e0273217_20242041.jpg
さて、西面では、強烈な西日の熱を集めて室内に送り込む集熱パネルが取り付けられています。
e0273217_20301987.jpg
この敷地では、夕方になると強い西日があたるのですが、その自然の力を味方にするためのソーラーパネルです。
室内側にある家事室の開口に手を当てただけで熱い空気が吹きこんできます。

実際には、ファンとダンパーを取り付けて、基礎内に送り込みます。

夏と冬でセンサー切り替えを行うことで、
必要なときに空気を取り込むようにしていきますよ。

自然のエネルギーで冬場のお母さんの足元を温めてくれるひと工夫です。
梅雨を前にして、外回りの工事が進んでいきます。

それでは、また。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

by kirakunaie | 2016-05-14 07:33 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)
<< 東餅田の家 上棟式を行いました! 東餅田の家 外壁工事も進んでいます! >>