人気ブログランキング |

猪鹿倉の家 床の断熱材敷込と水道工事

猪鹿倉の家では、内部の床断熱工事がはじまりました。

1階の床には、発泡ポリスチレンフォームの中で最も断熱力が高い、
3種bと呼ばれる厚さ6㎝の断熱材を使用しています。

土台、大引の上に床を支える根太を取りつけて、その間に隙間なく敷きつめていきます。
床断熱を行う場合に最も大事な事は、断熱材とその上に張る床材を密着させることです。

床材が蓄えた冷たい熱や暖かい熱を断熱材が逃がさないように守ってくれるからです。
そうすることで、夏にはひんやりとした、冬にはぬくもりのある床が出来上がるのです。
e0273217_23483040.jpg

この上には、3センチの厚みの杉のうずくり加工した床材を張っていきます。

内部の様子です。天井のアコースティック張が綺麗ですよね。
湿気を吸ったりはいたりして、湿度コントロールをしてくれる屋根面が全体にあるのがわかりますね。
e0273217_23490887.jpg
外部では、水道の引込み工事が行われました。
アスファルトにカッターを入れ、道路下の水道管から敷地内に配管を引き込みます。

もしあなたの土地に、水道が引き込まれていまい場合は、引き込み工事費は
持ち主の負担となりますので、土地を探されるときは、そこに水道が引き込
まれているか確認しておくと良いですよ。
e0273217_23494021.jpg
いよいよ明日は上棟式です。
天気がもちますように。

それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

by kirakunaie | 2016-05-03 08:08 | 猪鹿倉の家 | Comments(0)
<< 猪鹿倉の家 棟上げ式を行いました 猪鹿倉の家 屋根の断熱と雨仕舞 >>