猪鹿倉の家 上棟作業が始まりました

猪鹿倉の家 いよいよ上棟作業が始まりました。

木楽な家の柱や梁は、ほとんどが仕上げ材です。
週の前半に雨が続いたので、木を濡らさないように延期していました。

猪鹿倉の家は、平屋建ての家を考えられている方は、必見ですよ。

やっと天気に恵まれて晴天の中どんどん作業が進みます。
まずは、土台の上に柱を立てて、窓を取り付けるための材(窓台・まぐさと言います)を柱の横に差し込みます。
e0273217_19435575.jpge0273217_19441498.jpg

柱の上に梁・桁をかけて、母屋、垂木と屋根の骨組みを組み上げていきます。
写真左の梁と桁の角を結ぶように斜めに入っている材料は、火打ち梁(ひうちばり)と呼ばれるもので、
地震や風の力を受けた時に踏ん張ってくれる部材です。
e0273217_19440432.jpge0273217_19443206.jpg
骨組みを組み上げたら、室内にはアコースティック天井を、軒先には杉板の天井板を張っていきます。

ブログを見ていただいている方には、おなじみになってきたかもしれません。
部屋の湿気をコントロールする為の、呼吸する天井です。
e0273217_19453342.jpg
上棟作業の時しか見れない光景ですが、中からみるとアコースティックパネルの天井から光が入ってきて、とっても綺麗なんです。
木の骨組みが美しいな、私もこの家に住みたいなといつも思う瞬間です。
e0273217_19462091.jpge0273217_19462932.jpg
1日の終りには、シートをかけて、養生と片づけをして作業完了です。
平屋ですが、少し背が高く感じますよね。小屋裏の部分は、ロフトになりますよ。

これが、屋根裏の骨組みを有効に使う、木楽な家のロフト付平屋建てになります。
雨を流すために屋根は真ん中が高くなります。その部分を利用しないともったいないですよね。

しっかりと遮熱・断熱し、室内の空気が回るしくみも注目です。
明日は、屋根の断熱材を入れて、屋根の雨仕舞です。

それでは、また。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

by kirakunaie | 2016-04-30 16:02 | 猪鹿倉の家 | Comments(0)
<< 猪鹿倉の家 屋根の断熱と雨仕舞 日吉の家 木製サッシのガラスが... >>