武岡の家 雨戸の戸袋をつくっています。

武岡の家は、雨戸の戸袋をつくっています。

普通につくってしまうと、アルミなどで何気なく取り付けられる既製品の戸袋ですが、
木製でしっかりとつくってあげると、建物に柔らかい表情を与えてくれますよ。

2階にも戸袋がつきました。
e0273217_20281509.jpg
まだ塗装前の状態です。

雨戸を引き出すための開口も大工が加工します。
使いやすく、格好良く。ちょっとした腕の見せ所でもあります。
e0273217_20281077.jpg
サドリンが塗られるとこのようになります。
外壁のアクセントになって、良い風合いを出していますよね。
e0273217_20280586.jpg

屋根には雨どいも取り付けられました。

e0273217_20280187.jpg

そして、月見台の工事が始まりました。
e0273217_20295889.jpg
屋根の上での作業ですが、水平をとりながら、つくっていきます。

昨日初冠雪したとのことですが、ここから眺める桜島は、最高ですね。
それでは、また。


by kirakunaie | 2015-11-27 20:47 | 武岡の家 | Comments(0)
<< 武岡の家 ついに足場を外しました 武岡の家 外壁の土壁コート塗が... >>