左官工事 モルタル塗り

蒲生の現場は、仕上げのモルタル塗り工程です。

壁に水を吹き付けているのは急乾燥を防ぐためです。

この時期温度は低いのですが湿度も低く乾燥しがちです。

そのために水を掛けるのです。乾式工法のスピーディさと比べ

ると雲泥の差ですね。

その代わりインクジェットで着色されたサイディングには無い

本物のもつ味わいが出るんだと思います。

それでは、また。


e0273217_14181982.jpge0273217_14183318.jpge0273217_14184734.jpg
by kirakunaie | 2012-03-30 21:17 | 蒲生の家 | Comments(0)
<< 幻の漆喰 造り付け家具 >>