仕上げ作業の真っ直中です

木楽な家では、外壁のモルタル塗りの上に、土壁コートと

いう吹き付け材料で塗装します。耐用年数は約10年です。


 ところで、化粧サイディング板やガルバリウム鋼板の

サイディングは使わないのですかという質問をたまに

受けます。

 その時にお話ししているのは、10年15年後のメンテ

ナンスについてです。

 いずれにしても、メーカー保証は10年(現場加工は

保証なし)ですので、10年あるいは15年後には

再塗装をしなくてはなりませんよね。

 化粧サイディング板の場合は、タイル調であったり

何色かの色を同じ板に使ってあったりと、同じように

復元するには費用や技術がかなり掛かるものがあります。

 次に、ガルバリウム鋼板の場合は、現場で切ったり

した部分には錆が出る場合もあり、その施工性にも

問題があります。また再塗装の場合には、波形とくに

人気の角形の波板は、塗装がしにくい部分があり、塗装

面積も当然大きくなってしまいます。

 このように塗り替えについて考えていくと、フラット

で、扱いやすい材料がいいですよね。

 材料を選ぶ時には、メンテナンスのしやすいものを

選ぶことが大事ですよね。

 ちなみに、内部壁に塗っている「幻の漆喰」は

メンテナンスフリーですよ(笑)

では、また。


e0273217_2022279.jpge0273217_20223679.jpge0273217_20224456.jpg
by kirakunaie | 2011-03-01 20:22 | 瀬戸内(伊集院)の家 | Comments(0)
<< 屋根工事完了間近 内部造作 >>