TIP工法と屋根遮熱

土壁の家を造るに当たって一番気を使ったのが耐震性でした
地震のたびに土壁にクラックが入っては大変です。
おまけに吸放湿性は他の材料に比べて群を抜いています。
合板などで囲っては放湿性は望めません。そこで行き着いたのはTIP工法でした。従来の筋違いに加えて、三角のガセットプレート(鉄板入り)それにラス板の斜め張りです。
簡単な仕組みですが強さは抜群です。
それと同時に屋根では瓦葺き前の遮熱シート貼りです。
これで断熱パネルの性能を更に上げることができます。


e0273217_1729022.jpge0273217_17294797.jpge0273217_17301086.jpg
by kirakunaie | 2009-01-07 17:28 | 土壁の家(霧島市溝辺町) | Comments(0)
<< 竹小舞 上棟 >>