タグ:鹿児島 木の家 ( 38 ) タグの人気記事

船津の家 建て方です。

新年が明けて船津の家の建て方です。
天気の思わしくない日が続き延期を繰り返しながらやっと建て方が始まりました。
e0273217_10404210.jpg
e0273217_10404068.jpg
2日で終らす予定が天気の都合で2日程雨養生で作業を休みやっと天気の回復を待つと寒気団の接近でたまに
雪がチラつく中での建て方を再開です。
e0273217_10404032.jpg
e0273217_10403951.jpg
e0273217_10421004.jpg
e0273217_10404517.jpg
e0273217_10404649.jpg
e0273217_10404496.jpg
冷たい風の中、熟練の大工たちはお茶の時間もそこそこに作業を進めます。
アコースティックパネルや木の繊維断熱材を濡らすことなく雨仕舞まで完了。
e0273217_10404374.jpg
e0273217_10404206.jpg
これからしっかり大工の手仕事がはじまります。

それでは、また。

by kirakunaie | 2018-01-17 10:43 | 船津の家 | Comments(0)

建て方

東餅田の家は年の瀬も押し迫ったクリスマスに建て方開始です。
前日降り続いた雨もすっかり上り絶好の建て方日和です。
e0273217_18163628.jpg
e0273217_18175423.jpg
e0273217_18154855.jpg
棟梁の指揮で応援の大工たちが手際よく柱を建て、JPウォールという杉のパネルをはめ込み
強い耐力壁を作りそこにクレーンで吊られた大梁を架けていきます。
これで耐震等級3という躯体が出来上がりました。
e0273217_18154795.jpg
e0273217_18154576.jpg
e0273217_18143535.jpg
翌日は軒先の化粧板を貼り上げ前もって製作したアコースティックパネルを取付ます。
パネルから漏れる光が美しい。
運送会社の倉庫に預ってもらった木の繊維断熱材を取りに行きアコーステックパネルの上から
登梁の間に取付ます。これで夏の暑さや冬の冷気から家を守る屋根断熱の完成です。
e0273217_18143275.jpg
e0273217_18145740.jpg
e0273217_18145519.jpg
e0273217_18145474.jpg
e0273217_18145072.jpg
この上に厚さ28mmもの構造用パネルを取付け遮熱防水シートを貼って雨仕舞終了。
年明けからの造作工事に入ります。

1月7日日曜日 午後3時から上棟式。餅捲きしますのでお近くの方は是非福を分けてもらって下さいね。
フェイスブックに地図を載せる予定です。

今年もありがとうございました。
来年も皆様にとって良い年でありますように。

それでは、また。


by kirakunaie | 2017-12-28 18:19 | 東餅田の家 | Comments(4)

基礎工事完了

東餅田の家は基礎工事も配筋が終わり瑕疵保証保険による配筋検査を受けました。
びおソーラー搭載の基礎は基礎内部にまんべんなく暖気が廻るように内部立ち上りを極力減らしています。
その為に構造計算によって配筋が決められています。
e0273217_16062752.jpg
e0273217_16063789.jpg
内部立ち上りの代わりに地中梁を設置して強度を確保しています。
検査も無事合格、コンクリートを打設しきれいな基礎が完成しました。
e0273217_16063388.jpg
e0273217_16063533.jpg
e0273217_16063208.jpg
e0273217_16063058.jpg
南側の庭を嵩上げし室内~デッキ~庭と段差を減らし室内と庭の関係をぐっと近づけます。
家が建った後では出来ない工事を今の段階で済ませておきます。
e0273217_16062822.jpg
建て方までの間に合併浄化槽の工事も済ませておきますよ。
それでは、また。

by kirakunaie | 2017-12-06 16:07 | 東餅田の家 | Comments(0)

東餅田の家着工しました。

11月初旬 絶好の晴れた日に地鎮祭を行いました。
e0273217_18005424.jpg
e0273217_18004967.jpg
ついこの間まで車は冷房が欲しいくらいの夏日が続いていましたが、急に晩秋のひんやりした空気に変わりました。
これから寒くなりますね。

地盤調査も表面波探査で調査しましたが、解析結果は良好な地耐力があり地盤改良や杭工事の必要なしとのお墨付き。
土地の地耐力は大事ですね。価格の安い土地でも地耐力が弱ければ逆に高くついてしまうこともあります。
e0273217_18081794.jpg
e0273217_18081668.jpg

今回はびおソーラー搭載の木楽な家です。
基礎内部に立ち上りの基礎を構造計算により極力減らした基礎断熱ですよ。
その代わり地中梁を配置し、頑強な基礎構造です。
e0273217_18004983.jpg
e0273217_18005317.jpg
e0273217_18005136.jpg
更にびおソーラーから送り込まれる太陽熱を蓄熱させる為にスラブ下にも断熱材が敷きこまれましたよ。
これから鉄筋が設計通りに組まれていきます。
次回は配筋検査を紹介します。
それでは、また。

by kirakunaie | 2017-11-22 18:09 | 東餅田の家 | Comments(0)

木工事も佳境です。

南新町の家は木工事も中盤に入りかなり家らしくなりましたよ。
e0273217_18565475.jpg
e0273217_18565324.jpg
当社の乾燥庫で乾燥された盤板を木工所で仕上げ加工し現場に届けると
棟梁は階段製作に入りました。
今回は廻り階段。
納まりを考え図面を描くのも大変ですが、現場で原寸を描きそのまま切り込みに入る棟梁はさすがです。
e0273217_18564655.jpg
e0273217_18564873.jpg
もう一人は浴室製作。
ユニットバスをエイッと据え付ける訳には行かず、床周りから製作していきますよ。
床下地が出来上がると断熱された壁にポリシートを貼りめぐらし防湿すると桧板を貼り上げていきます。
今回のお風呂はリビングと同じ全開口窓。
マリンポートの景色を楽しみながら入るお風呂は気持ち良さそうです。ウーン、羨ましい!!!。
e0273217_18564953.jpg
e0273217_18565125.jpg
外回りはラス板斜め貼りの上に防水紙、ラス網と外壁下地が貼られモルタルの下塗りまで終わりました。
しばらく乾燥期間を置いて上塗りへと進みます。
e0273217_18564193.jpg
e0273217_18564399.jpg
e0273217_18564579.jpg
もう少ししたら家具工事に入っていきますよ。
それでは、また。

by kirakunaie | 2017-11-01 19:03 | 南新町の家 | Comments(0)

【千年の家 完成!!】

4月から始まった千年の家 ついに完成しました!!

去年の春に出会い、その間には家族も増え
家族4人が暮らす家

夫婦の趣味室である土間の部屋がある家です。

e0273217_17050910.jpg

玄関を入るとアンティークのステンドグラスが入った戸が迎えてくれます、
この先は生活空間となっているんですね。



e0273217_11380130.jpg
今回はシューズクロークを設けています、
大容量なので子供達の靴が多くなっても安心です、
ここには掃除機の収納スペースも入っていますよ




e0273217_17051437.jpg
玄関から進むと趣味室となるタイル貼りの空間です、
ここが夫婦の趣味である彫金や染色を楽しむスペース
隣の和室と一体的に使えます、将来の展開を見越したプランです。


e0273217_17053231.jpg
リビングはガラスがすべて壁に隠れる大開口窓を取り付けました、
正面に見える壁をどう緑で覆うのか?
今後がとても楽しみです。


e0273217_11381414.jpg
キッチンも木で作ります、今回は壁にタイルを貼りました、
専用の材料を使って貼るので、目地の汚れも安心です。



e0273217_11383394.jpg


階段もすべて本物の木です
手に触る部分など時間と共に変化する色が楽しみです



e0273217_17054885.jpg




広くとった寝室は将来間仕切りで区切れるように配慮しています、
子供部屋が必要な時期だけ区切って使う、独立したらまた広く使う

その時の暮らしに合わせた暮らし方を提案しています。



こうして完成した家で家族4人の新たな暮らしが始まります、
Tさまお待たせしました、笑顔いっぱいの暮らしが楽しみですね、
ありがとうございました。


また引き渡しが第2のお付き合いのスタートです、
今後とも宜しくおねがいします。







by kirakunaie | 2017-10-25 07:52 | 千年の家 | Comments(0)

【千年の家・・・・・漆喰塗が終わったら仕上げへ!!】


e0273217_09530035.jpg


千年の家 どんどん進んでいます。
大工工事が終わると左官さんが壁に漆喰を塗りますよ、
木楽な家では貝殻を原料に糊は海藻を使った漆喰を使用しています。

塗った後は臭いが無くなったり、空気感が変わります、
クロスを貼った家では味わえない感覚です。

色も白いので、光を反射して家の中も明るくなって
一気にイメージが変わりますね。

一般的に漆喰=健康にいいというイメージがあるかもしれませんが、
中には接着材に化学物質が使われている商品もあるので注意が必要です。

本当に安全な物は少ないのです。



e0273217_09530080.jpg

壁の漆喰塗が終わると、建具屋さんが扉を取り付けていきます、
ここでも既製品は使いません・・・・というか使えません。

場所ごとにどう見せるのか?を考えてデザインして、
寸法を取って木で造るのです。

木で造っているのでもし壊れた時も修理ができます、
家と一緒にずっと使い続けていけるんですね。



e0273217_09530014.jpg

電気屋さんも照明機器やスイッチを取り付け始めましたよ、
他に水道屋さんなど現場は一気に進んでいきます

それではまた



e0273217_16193871.jpg















←公式LINEアカウント登録はこちら



by kirakunaie | 2017-10-09 17:32 | 千年の家 | Comments(0)

上棟しました。

建て方開始から5日目の大安吉日に上棟式を行いましたよ。

たくさんの人や近所の子供達も集まり賑やかに餅捲きです。

最近は上棟式をやらない住宅メーカーや建設会社も多くなりましたが、木楽な家は

出来れば上棟式をやりましょうとお勧めしています。

日本に古くから伝わる伝統行事みたいなものですから体験しないのはもったいないと思います。

地方により形式は違いますが、鹿児島の場合は妻側の片方に弓と鏑矢を引き絞り反対側に

五色の旗に鏡、櫛、共白髪を結わえ日の丸の扇子を的にしますよ。

100回近く経験しているわたしでも屋根に上棟の旗と弓があがるとワクワクしますね。
e0273217_18295712.jpg

屋根に上がり、まずは東に向かい神様に無事の完成と家の繁栄を祈念してから餅捲き開始です。

上棟の神様は天照大神ですがこの地は東に大きく迫る桜島でしたからたくさんのパワーをもらったようでした。
e0273217_18300600.jpg
e0273217_18300147.jpg
次回は瑕疵保証保険による中間検査をレポートします。

それでは、また。



by kirakunaie | 2017-09-25 18:31 | 南新町の家 | Comments(0)

建て方開始

台風一過、晴天の建て方日和になりました。

24年振りの大型台風との予想が大きく外れ大した被害も無く当日を迎えました。

鹿児島市内の建て方は敷地の関係上構造材を大きく並べ順番にクレーンで上げていくことができません。

基礎に土台を取付けその上に全ての構造材を搬入します。
e0273217_16371090.jpg
e0273217_16371611.jpg
e0273217_16411442.jpg


その場から柱を立て梁を組んでいく困難な作業です。

それでも、当社の熟練の大工たちがスムーズな連携で段取り良く組み立てていきます。

初日は木楽な家独特のJPウォール取付から棟木、登梁の取り付けまで終了。

家の形が見えてきましたよ。
e0273217_16373167.jpg

2日めはアコースティックパネルを取り付けると木の繊維断熱材を敷き並べこれで天井貼り工事と断熱工事まで終了。
e0273217_16373618.jpg
e0273217_16374075.jpg
e0273217_16374649.jpg
e0273217_16375542.jpg
e0273217_16380099.jpg
後は針葉樹合板を取付け防水遮熱シートを貼って雨仕舞まで無事に完了。

これで雨が降っても大丈夫です。

これから、じっくり大工の手仕事が始まります。

それでは、また。

来週末 完成見学会を姶良で行います!
住宅地に建つ平屋の家 
全部開口の大きな窓や広いロフトも必見ですよ


e0273217_14570620.jpg
e0273217_14570854.jpg









by kirakunaie | 2017-09-22 16:41 | 南新町の家 | Comments(0)

建具工事

西餅田の家は壁の漆喰、珪藻土塗りが終り建具屋さんの登場です。

現場で採寸し工場で組み立てられた建具を搬入し、現場で建付けを調整し建てつけられますよ。


何故かというと木楽な家の建具は真壁の為、鴨居は梁、敷居は床、縦枠は柱と構造材に直接取り付けられます。

まっすぐ垂直に立っているように見える柱でも微妙に曲がっていたりします。
e0273217_18350733.jpg
e0273217_18345420.jpg

建具を閉めた時にピッタリと閉まらなければならないのでその微妙な曲がりを建具に写し取っていきます。
e0273217_18374537.jpg
e0273217_18374650.jpg
e0273217_18374338.jpg

この家の為だけに造られたオンリーワンの建具です。

大事に使って欲しいなあ。

それでは、また。

by kirakunaie | 2017-09-14 18:38 | 西餅田の家 | Comments(0)