タグ:家づくり ( 76 ) タグの人気記事

現場検査2回目

ここ南新町の家は屋根の瓦工事も終了し、瑕疵保証保険による2回目の現場検査を受けましたよ。
耐震補強金物のチェックや筋違いなど図面との照合を確認して指摘事項も無く無事合格。
当日は桜島の歓迎を受けて久しぶりの降灰でした。
e0273217_09581738.jpg
e0273217_09581445.jpg
現場は樹脂サッシの取付が終わり木楽な家独特のTIPラス板斜め貼りに入ってます。
この板はモルタル外壁の下地となるばかりか、外壁内部の通気層を兼ね更に耐震壁としての性能を持っていますよ。
壁の中で太陽の熱で暖められた空気はこの通気層を通り軒裏の面戸から排出されます。
そしてジグザグに斜め45度に貼られた板が地震の揺れに対抗します。
この工程が終わると左官職人の出番です。
e0273217_09581530.jpg
e0273217_09581962.jpg
e0273217_09582125.jpg
e0273217_09581853.jpg
次回は床板貼りと壁の断熱材入れをレポートします。
それでは、また。  池澤

by kirakunaie | 2017-10-07 10:00 | 南新町の家 | Comments(0)

建具工事

西餅田の家は壁の漆喰、珪藻土塗りが終り建具屋さんの登場です。

現場で採寸し工場で組み立てられた建具を搬入し、現場で建付けを調整し建てつけられますよ。


何故かというと木楽な家の建具は真壁の為、鴨居は梁、敷居は床、縦枠は柱と構造材に直接取り付けられます。

まっすぐ垂直に立っているように見える柱でも微妙に曲がっていたりします。
e0273217_18350733.jpg
e0273217_18345420.jpg

建具を閉めた時にピッタリと閉まらなければならないのでその微妙な曲がりを建具に写し取っていきます。
e0273217_18374537.jpg
e0273217_18374650.jpg
e0273217_18374338.jpg

この家の為だけに造られたオンリーワンの建具です。

大事に使って欲しいなあ。

それでは、また。

by kirakunaie | 2017-09-14 18:38 | 西餅田の家 | Comments(0)

塗装工事

きれいに仕上がったモルタルの外壁に土壁コートの吹付けが始まります。

その前に、軒裏など見え掛かりの部分に浸透性の木部保護塗料のサドリンを塗りますよ。

雨染みなどの染み抜きをやってから塗り始めます。

もちろん2回塗り。乾燥を待つ為に2日に分けて塗っておきました。この色は玄関ドアに合わせてライトブラウン。

木部が終わるとモルタル部分ですがまずは養生。
e0273217_18495221.jpg
e0273217_18493120.jpg

養生というのは色が付いたらまずい部分にビニールシートでマスキングします。

塗装のキモは養生につきます。この養生がうまい塗装屋さんは腕の良い職人です。

サッシの縁などにはみ出したら台無しですよね。

こうして3工程に分けて塗りますよ。

まずは下地にシ-ラーという基材と塗装を密着させるための下塗りです。
e0273217_18495693.jpg
これから下塗り、中塗り、上塗りと工程を進めます。
e0273217_18495440.jpg
e0273217_18494949.jpg
熱中症に気を付けて水分を充分取って頑張って下さいね。

仕上がったらまた紹介します。それでは、また。

by kirakunaie | 2017-08-29 18:52 | 西餅田の家 | Comments(0)

【千年の家・・・建て方】


e0273217_07463262.jpg



千年の家 建方(家の骨組の組立)を行いました。




e0273217_07421358.jpg


e0273217_07421373.jpg



建方の前に基礎の上墨出しをします。

墨液を付けた糸をピーンと張って、
上に持ち上げて弾くとまっすぐなラインが出るんですね。

そうして出したラインに合わせて木材を基礎に取り付けていくのです。




e0273217_07425068.jpg


e0273217_07424946.jpg



e0273217_07425038.jpg

前日に準備をして柱や梁を建てていきます。






e0273217_07431874.jpg


e0273217_07495756.jpg


昔は人の手で上げていたんでしょうが、今はクレーンで上げますので安全です。


柱・梁など みんなで協力して組み立てていくんですね、
息を合わせての共同作業です。




e0273217_07425015.jpg

ここでも天井はアコースティックパネルです。
事前に加工しておいたパネルを建方の時に一緒に取り付けるのです
ほんの少しの時間ですが、パネルからこぼれる光は美しいです。




e0273217_07443340.jpg

組立が終わると屋根に熱を反射する防水紙を張って完了。
線が形になる時間です。


それではまた。







by kirakunaie | 2017-06-10 07:56 | 千年の家 | Comments(0)

西餅田の家着工します。

姶良の南部、松原なぎさ小学校近くにご夫婦2人の為の木楽な家を着工します。

ご夫婦ともに当社の取引先にお勤めで、更に木材を取り扱う会社です。

いろんな取引先の住宅メーカーや建設会社のある中で、木楽な家を気にいっていただき尾堂産業を選ばれました。


着工に先立ち、表面波探査の地盤調査で土地の状況と地耐力の確認をしました。
e0273217_18080209.jpg

海に近く、地下水位も高いと思われる土地ですが団地造成後45年を経て駐車場として利用された宅地は

充分な地耐力を示し基礎補強や、地盤改良の必要もありません。


地盤の良い宅地というのは不要なお金がかからずいいですよね。
こんな土地を探したいものです。
e0273217_18081419.jpg
基礎工事の前に駐車場部分を切下げコンクリートブロックを積み着工の準備は完了です。

先日の大安に土地の神様に家を建てる許しを得るための地鎮祭を執り行いました。
e0273217_18082697.jpg
e0273217_18082034.jpg

明日からいよいよ着工です。

それでは、また。



by kirakunaie | 2017-05-24 18:15 | 西餅田の家 | Comments(0)

【千年の家・・・基礎工事①】

e0273217_17453438.jpg
地盤が出来たらいよいよ基礎工事に入っていきます、
家を支える大切な礎を作るのです。


基礎はベタ基礎と呼ばれる基礎です、
床下部分はすべて鉄筋を組み立ててコンクリートを打っています。

家全体の重さを、床下全体で地盤に伝えているので安心ですね、
コンクリートの下には、湿気が上がってこないように、
ビニール製の専用シートを敷いているので、湿気対策も万全ですよ。




e0273217_17452240.jpg


まずは鉄筋を組立ます、ここでは鉄筋を並べる間隔が大切です、
設計より広すぎる場合は、そこに力がかかって不具合を起こす可能性があるんですね。

力がかかる部分には太い鉄筋を使うなど
配慮しながら組み立てていきます。



e0273217_17451207.jpg


鉄筋と型枠の組み立て終わったら、配筋の検査を受けます、
見えなくなる部分ですので、鉄筋が図面通りに組み立てているのかのチェックを受けるのです。

検査は無事合格でした。



e0273217_17455623.jpg


検査が終わればコンクリートを流し込んでいきます、
大きなクレーンを使って少しづつ流して、振動で締めて左官さんが平坦にしていくのです。




e0273217_17460180.jpg


完成すれば見えなくなる部分ですが、職人が汗を流して奇麗に造っているんですね。

それではまた。



by kirakunaie | 2017-05-19 15:42 | 千年の家 | Comments(0)

【千年の家・・・造成工事】

e0273217_18294081.jpg


千年の家

地盤調査も終わり造成工事を行いました。


今回は駐車場部分と家に段差がありますので、
基礎工事に入る前にコンクリートブロックを積みます。

土を掘って鉄筋を組み立てたら、ブロック用基礎のコンクリートを流します、
ブロックは土の重さに耐えないといけないので大切な部分ですね。

その後はブロック職人が一つ一つ水平を見ながら積んでいくんです、
簡単そうで難しいブロック積、手際よく奇麗に積んで完了です。



e0273217_18295281.jpg

ブロックを積んだら、土を入れてしっかりと締め固めながら
高さ調整をします。

ここでしっかり締めないといくら強い基礎を作っても
様々な不具合が発生する事があるので、【土を締め固める】がポイントです。


e0273217_18295440.jpg

最後に機械をクレーンで出して造成は完了
次は基礎工事に進んでいきます。

それではまた。


by kirakunaie | 2017-05-16 19:00 | 千年の家 | Comments(0)

星原の家完成写真をどうぞ

星原の家完成しました。

加治木の田園風景の中に建つ家族4人の家です。
e0273217_10544711.jpg
e0273217_10551414.jpg
e0273217_10553445.jpg


この家の大きな特徴は南と北に大きく開いた全開口の窓から眺められる
季節によって装いを変える田園の眺めです。
気持ち良い風が通り抜けますよ。
e0273217_10554546.jpg
e0273217_10555764.jpg
e0273217_10561282.jpg

久しぶりのタイル貼りのキッチンの壁。
少しいびつなタイルが柔らかさを感じさせます。

e0273217_10562683.jpg

この家の司令塔になるキッチンにはワークデスクを設えました。
e0273217_10563462.jpg
洗面所に隣接したクローゼット
洗面所與クローゼットの中間には洗濯干し場への勝手口が。
家事を軽減させる動線のひとつです。

e0273217_10565428.jpg
e0273217_10593172.jpg
e0273217_10593795.jpg

寝室には二畳の書斎が併設されました。
子供達はこの部屋が大好きです。
e0273217_10594406.jpg
e0273217_11000398.jpg

狭くて天井の低い書斎は心を落ち着かせる空間です。
e0273217_10595094.jpg

by kirakunaie | 2017-05-03 11:11 | 加治木星原の家 | Comments(0)

完成しました。

星原の家完成しました。
ブログの更新もできませんでしたが、現場はしっかり進行してました。
それで、お施主様のご厚意で見学会を行います。
急ですが明日、明後日の1日、2日です。

e0273217_19160002.jpg
ゆったり時間が流れる田園風景を借景とし北と南に庭を設えました。
全開口の大きなサッシを開け放つと気持ちの良い風が通り抜けます。
楽しい生活が始まります。
e0273217_19155533.jpg
ご希望の方は是非お出で下さい。

見学会場 
姶良市加治木町木田2836 国道10号バイパス
ファッションセンターしまむら加治木店裏



by kirakunaie | 2017-03-31 19:17 | 加治木星原の家 | Comments(0)

完成しました

木田の家は5カ月の工期を経て完成しました。
仕上工事にかかりきりでなかなか更新できませんでしたが
少しご紹介!
e0273217_18463407.jpg
e0273217_18375207.jpg
e0273217_18375439.jpg
e0273217_18465506.jpg
e0273217_18380092.jpg
e0273217_18464548.jpg
木楽な家の夜の表情です。
住まわれるご家族がゆっくり癒されて楽しい生活を始めて欲しいです。
それでは、また。


by kirakunaie | 2017-02-06 18:49 | 姶良木田の家 | Comments(0)