<   2016年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

建て方2日め

前日棟木まで上がりましたが、今日の作業は垂木を掛け先日レポートしたアコースティックパネルを
取り付けていきます。
e0273217_18060087.jpg
e0273217_18061138.jpg
その上に垂木(12cm角)の間に木の繊維断熱材を充填するようにはめ込んでいきます。
暑さの中での屋根上の作業は大変です。
e0273217_18120751.jpg
e0273217_18121158.jpg
下から見上げた屋根のアコーステックパネルがきれいです。
ここまでが2日目、

3日目は一気に雨仕舞まで進めます。
屋根の剛性を高めるために28mmの針葉樹合板を野地板として貼り、その上に防水シートを貼っていきます。
ここでのポイントは、九州、特に鹿児島は亜熱帯化するほど夏は暑いですよね。
その為に瓦の下を風が流れる通気層を作ること。
それと太陽の赤外線を室内に持ち込まないように遮熱対策をすることです。
これで大分断熱材への負荷が減ることになりますよ。
e0273217_18124375.jpg
e0273217_18125343.jpg
やっと雨仕舞まで終わりましたが、台風がすぐそこまで近づいています。
無事に上棟式を迎えられますように!
e0273217_18133784.jpg
e0273217_18135761.jpg

それでは、また。

by kirakunaie | 2016-09-30 18:16 | 姶良木田の家 | Comments(0)

建て方

建て方が始まりました。
まずは、基礎に墨出しの作業。基準線を墨付けして土台を取付ます。
1回仮並べしてアンカーボルトを通す穴を開けボルトで締め付けて土台敷き込み完了です。
もちろん、基礎パッキンも敷いていきます。
e0273217_17584396.jpg
e0273217_17585813.jpg
木楽な家の基礎パッキンはJOTOというメーカーの製品です。
これには、10年間のシロアリ保証が付けられています。
薬剤処理しなくてもきちんと保証してくれる優れものですよ。
更には10年後でも延長保証してくれます。もちろん保証料は必要ですが。
e0273217_17592483.jpg
e0273217_17591612.jpg
土台敷きが終わるといよいよ建て方です。
道路が狭いので構造材を積んだトラックが入らないので近くで積みかえ搬入です。
道路が狭いといろいろ割高に付きます。
これから土地を買おうと思っている方、注意してくださいね。
e0273217_17594364.jpg
e0273217_17593470.jpg
当社の熟練の大工さん達が手際良く組み立てていきますよ。
慎重に水平や、垂直を確認して建て込みを続けます。
1日目は小屋組み迄で終了です。
e0273217_17595080.jpg
e0273217_17595502.jpg
e0273217_18005535.jpg
e0273217_18002550.jpg
2日目へと続きます。それでは、また。

by kirakunaie | 2016-09-29 18:04 | 姶良木田の家 | Comments(0)

アコースティックパネル

基礎工事の間、大工さんはというと建て方の際に使う屋根の仕上げパネルの
製作です。
e0273217_18205306.jpg
e0273217_18213273.jpg
e0273217_18214065.jpg
e0273217_18432984.jpg
これは吹抜けや2階の天井の仕上げになりますよ。
無節の板だけを厳選して製作します。きれいでしょう?

スノコのように目透かしで貼りますがこれはパネルの裏側に木の繊維の断熱材が充填されるんですが
この断熱材、木材の様に吸放湿性があるのでいかんなくその能力を利用するための仕組みです。
蒸し暑い夏の夜、除湿機替わりに湿度を減らしてさわやかに過ごせたらいいですよね。

これだけではありません。

倉庫で乾燥させた根太や間柱のカンナ掛け。寸法揃えの為に必要な作業です。
方立てや鴨居の超仕上げのカンナ掛け。
そうすると驚くほどのカンナ屑が出現するんです。
e0273217_18442877.jpg
e0273217_18441244.jpg

誰かよい利用方法ご存知ありません?
欲しい方喜んで差し上げます。笑


次回は建て方のレポートです。






by kirakunaie | 2016-09-28 18:47 | 姶良木田の家 | Comments(0)

基礎工事

現場はすでに上棟を迎え木工事に入ってますが、周回遅れのレポートです。

地盤改良工事を終えて基礎工事に入ります。
e0273217_18162808.jpg

強固な地盤に生まれ変わった現場に鉄筋が組まれていきます。
e0273217_18164113.jpg

大変な暑さと湿気に体力を消耗させながら職人さん達は仕事を進めていきます。
ありがたいのは隣の家のおばあちゃん。
お茶の差し入れに休憩用の庭の木陰まで快く提供して頂きました。

職人さんのていねいな仕事に瑕疵保証の配筋検査も問題なく合格です。
e0273217_18343519.jpg

後は、天気を願ってコンクリート打設していきます。
e0273217_18170128.jpg


翌日には型枠を設置しさらに立ち上りのコンクリート打設と進みます。
充分に養生期間を取り型枠を外して最後に玄関ポーチや玄関土間に下地コンクリートを
打設して基礎完成です。
e0273217_18171052.jpg
e0273217_18174519.jpg
e0273217_18181163.jpg


次回はアコースティックパネル作成のレポートを!

by kirakunaie | 2016-09-27 18:39 | 姶良木田の家 | Comments(0)

地盤補強工事

土地にはいろいろな特徴があります。
場所によっては、埋め立て地のため地盤が緩いとか
逆に岩盤に近い為に掘削が大変だとかいろいろ問題がありますよね。


この土地は上段に田んぼがあり耕作期間は水が浸み出して湿気が多い場所でした。
このままでは、家を建てても問題が残ったままになってしまいます。
e0273217_08364631.jpg

そこでまずは、水を止める必要がありますよね。
これには、暗渠という出てくる水を地中で流す為の排水路を入れるのが一番です。
深い溝を掘りメッシュ状のパイプを入れその周りを砕石で埋め戻します。
そこに土が流れ込まないようにサンドマットで保護して埋め戻して完了です。
排水管を接続した瞬間から水が流れ出し、一時間もすると濡れていた地面が乾き始めました。
驚きの効果です。
e0273217_17503812.jpg

これで問題なく基礎工事に入れます。
その前に水の所為で表層部は飽和状態でしたので表層改良工事にはいります。
これは、現況の土にセメント系の硬化剤を混ぜ緩かった部分を締め固めていく工事です。
2日間置いて再度地耐力調査で確認します。
e0273217_17504815.jpge0273217_17505542.jpge0273217_17510129.jpge0273217_17510827.jpg
e0273217_17511902.jpg
スコップや鉄筋も入らない良好な地盤に生まれ変わりました。
これで安心です。
それでは、また。




by kirakunaie | 2016-09-27 17:56 | 姶良木田の家 | Comments(0)

猪鹿倉の家 完成見学会のお知らせです。

今まで工事状況をお知らせしてきた、猪鹿倉の家がまもなく完成します。
e0273217_17414248.jpg

目隠しの木柵フェンスの工事状況です。
大工さんの最後の仕事です。一緒にウッドデッキの施工も完成しました。

e0273217_17444357.jpge0273217_17451352.jpg

内部は、左官による壁の漆喰塗り、表具屋さんによる建具の和紙張り
も完了しました。


e0273217_17553692.jpge0273217_17562410.jpg

e0273217_17572325.jpg





完成見学会のお知らせです。
9/18日(日)・19日(祝日) 10:00~17:00
場所:日置市伊集院町猪鹿倉116-2




忙しいお母さんの家事を軽減するための平屋、
家事楽ハウス第15弾、28坪の住まいです。
時間のかかる洗濯動線(洗う→干す→取り込む
→たたむ→しまう)を効率よく配置した動線
計画はあなたにも参考になりますよ。

家全体に湿度コントロールをさせるために木で
できた断熱材を使用し、さらに湿気を出し入れ
しやすい工夫もしてあります。鹿児島のムッと
する暑い夏を乗り切る仕掛けも是非ご覧下さい。

またリビングと一体となる子供室・ロフト階段に
仕込まれた読書スペースなど見所満載です。

見学申し込みは、当社ホームページより
イベント情報ページまたは直接お電話にて
お申し込み下さい。


e0273217_1845193.jpg


by kirakunaie | 2016-09-10 18:13 | 猪鹿倉の家 | Comments(0)