<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

東坂元の家 構造材のプレカット加工が進んでいます。

東坂元の家は、プレカット工場での構造材加工が進んでいます。
現場では基礎工事が進んでいますが、今日はプレカット工場からのレポートです。

写真で積んであるのが、今回使用する柱材です。
木楽な家の柱はオール4寸(12cm)の骨太構造です。
e0273217_06444558.jpg
土台や桁に差し込む仕口の加工が完了し、
これから超仕上と呼ばれる、表面をつるつるに加工する機械にかけるところです。

手刻みの加工場にも材料が運び込まれています。
機械で加工できない部分を工場専属の職人が加工します。
e0273217_06445497.jpg
こちらは当社の大工がプレカット工場で手加工を行う材料です。
建具をはめるための溝など、組み上げてからではできない作業なので
現場での加工を極力少なくするために、特殊な納まりの加工はプレカット工場で行うように工夫をしています。
e0273217_06450177.jpg
家の中心に立てる8寸(24cm角)の大黒柱も搬入されました。
プレカット工場に運び込んだところ工場の方も「うーん、いい柱ですねー!」
と唸っていました。
e0273217_06443538.jpg
来週で基礎工事を完了して、これらの材料を現場に運び、建て方の準備に入っていきますよ。
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-07-31 11:16 | 東坂元の家 | Comments(0)

姶良モデル3 現代版「土壁」砂漆喰塗の工事がはじまりました

姶良モデル3では、現代版「土壁」砂漆喰塗の工事が始まりました。
e0273217_07460439.jpg
外壁周りの壁がより呼吸できるように、下地を杉板のきずりとし、
砂漆喰で下地塗りをしていきます。

通常は、石膏ボードを張って、その上に直接仕上げの漆喰を塗っていますが、
断熱材として使っている木の繊維断熱材の調湿性能をより高めるために、
試行錯誤を繰り返した末に、作り出した「木楽な家 オリジナル調湿漆喰」です。

1人が塗り込んで、1人が追いかけるように下塗りを仕上げていきます。
e0273217_20020586.jpge0273217_20024221.jpg
1面1面丁寧に、あっという間に塗られていきます。
e0273217_20031340.jpge0273217_20030510.jpg
木ずりの隙間に砂漆喰が食い込んでいるのがわかるでしょうか。ここに食い込むことで、漆喰が壁に密着します。
これこそ、まさに現代版の土壁です。

隙間から見えているのは、木の繊維断熱材です。

湿気を透過させて、室内を快適にするしくみは、この暑い夏を乗り切るための必須アイテムとなることでしょう。
新たな調湿壁の完成です。

下地塗りのあとは、数日乾燥させて割れを発生させて、仕上げ漆喰塗りをしていきますよ。
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-07-30 07:58 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)

姶良モデル3 外部の塗装工事が進んでいます

姶良モデル3では、外部の塗装工事が進んでいます。

破風と呼ばれる屋根の端部と軒天の塗装が完了しました。
e0273217_20172374.jpge0273217_20172724.jpg
木目を生かした浸透する塗料で木材を保護します。

e0273217_20174205.jpg
玄関横の下屋根の部分も塗装が完了しました。

玄関周りは漆喰仕上げの準備が進んでいます。
e0273217_20173419.jpg
モルタルの目地に漆喰を塗って、下処理をします。

いよいよ内部は、現代版「土壁」砂漆喰塗をしていきますよ。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-07-29 07:35 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)

東坂元の家 基礎配筋が完了しました

東坂元の家は、基礎の配筋が完了しました。

べた基礎の土間と立上りの鉄筋が組まれました。
e0273217_20102876.jpg
配筋が完了したあとは、住宅瑕疵担保履行法によるまもりすまい保険の配筋検査が行われました。
e0273217_20111115.jpg
鉄筋が図面通り組まれているか、型枠と鉄筋の離れがとれているかなど、
入念に検査していきます。

いよいよ明日は、土間コンクリートの打設です。
それでは、また。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-07-28 07:36 | 東坂元の家 | Comments(0)

東坂元の家 土壌処理を行いました

東坂元の家は、基礎工事が進んでいます。
砕石の敷込みが完了し、白蟻の土壌処理を行いました。
e0273217_20051592.jpg
木楽な家の標準仕様では、防蟻対策として土壌処理は通常行っていませんが、
今回は、周辺の建物が白蟻の被害にあっていることなどから、建て主さんの
強い要望により、行うこととなりました。

では、その様子を見ていきましょう。
土間コンクリートの下には、砕石を敷き詰めて転圧します。
この砕石に白蟻対策の土壌処理材を散布します。

住宅金融支援機構の仕様では、べた基礎で厚さ100mm以上の土間コンクリートを施工することで白蟻対策として有効とされています。
これに対して木楽な家では、厚さ150mmの土間コンクリートを打設するので、十分な厚さとなります。

ガントナーSCと呼ばれる土壌専用の処理材を使います。
目に見えないようなとても小さいマイクロカプセル剤の入った液体をまんべんなく散布していきます。
e0273217_20060535.jpge0273217_20063875.jpg
特に基礎の立上りになる部分の周辺を入念にかけることと、隙間がないように塗り重ねることがポイントです。
今回は全体に3回塗布しました。

このマイクロカプセルを白蟻が食べたり、ぶつかったときにカプセルが破れて白蟻に効果を発揮します。

土壌処理をしたあとは、土間用のポリエチレンフィルムを敷き詰めていきます。
こちらも隙間なく、破れないように敷き詰めていくことがポイントです。
e0273217_20053943.jpg
ポリエチレンフィルムを敷き詰めたあとは、鉄筋を組んでいきますよ。
明日は、住宅瑕疵担保履行法によるまもりすまい保険の配筋検査です。

建て方に向けて基礎工事が進みます。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-07-27 07:42 | 東坂元の家 | Comments(0)

東餅田の家 引渡しました

東餅田の家 

先週末の見学会には多くの方にお越しいただきありがとうございました。

今回はモデルハウスではなく、「実際に住む家」ですのでイメージしやすかったと思います、
多くの方の家への思いを伺いましたので、全力でサポートさせていただきます。


e0273217_10271810.jpg

見学会が終わると早速荷物が入ってきました。
子供たちの表情からもワクワクが伝わってきます。



e0273217_10280957.jpg
翌日は引渡を行いました。
鍵の引渡や設備器機の取扱説明・家のメンテナンス・保証の話などさせていただきます、
最後に大切な話をさせていただき無事完了しました。

「木楽な家」での生活がスタートします、
無垢の木 漆喰の壁に囲まれた家での新しい生活の始まりです。

F様ありがとうございました。
--------------感謝-------------




では竣工写真を!


e0273217_10300596.jpg
e0273217_10301444.jpg
e0273217_10302455.jpg
e0273217_10302826.jpg


e0273217_10313357.jpg
e0273217_10313856.jpg
e0273217_10314281.jpg
e0273217_10315020.jpg



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

住まいのことで困っていることはありませんか?
各現場周辺では「住まいの無料点検」、「家づくりの悩み無料相談」を実施中です。

毎日過ごす家のことなのに困ったままにしてしまうと、心にも身体にもよくないですよね。

住まいのことで困っていたら、いつでもご相談くださいね。

無料点検・無料相談のお申込みはコチラからどうぞ。
(お問い合わせ内容に、困っていることをご記入ください)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




by kirakunaie | 2016-07-26 10:45 | 東餅田の家 | Comments(0)

猪鹿倉の家 浴室の工事が進んでいます

猪鹿倉の家では、浴室の防水工事、左官工事が進んでいます。

大工さんがつくった下地の上にFRP防水を施します。
右側の写真のガラス繊維を敷いて、その上から樹脂を塗り込んで防水層をつくります。
e0273217_20191904.jpge0273217_20191246.jpg
ユニットバスやハーフユニットを使わず、しっかりと防水をして、木の表情のお風呂をつくるために、
そして、床下に潜って将来のメンテナンスができるように工夫しています。

自宅で温泉気分のお風呂に入りたい、ユニットバスでなく檜に囲まれたお風呂に入りたい、木楽な家にぜひご相談くださいね。

立上りの石、タイルの部分にモルタルの下塗りが完了しました。
e0273217_20172917.jpg
このモルタルの上に、腰の部分は石を、床にはひやっとしないサーモタイルを張っていきますよ。

リビングダイニングでは、対面キッチンとの間のカウンターの下地が組まれました。
e0273217_20174251.jpg
キッチンカウンターが据えられるのももう少しです。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-07-26 07:44 | 猪鹿倉の家 | Comments(0)

姶良モデル3 外部の塗装工事が進んでいます

姶良モデル3では、外部周りの塗装工事が進んでいます。

しっかりと養生を行い、今回のモデルでは軒天を白く塗っていきます。

木楽な家の標準は杉板張に木に浸透する塗料を塗っていましたが、
姶良モデル3ではエクセルボードという防火板の上に塗装する仕上としています。

e0273217_20045499.jpg
木部や外壁との取り合いの際の部分を綺麗に塗れるかは、職人の腕によって
変わると言います。特に養生の美しさは、そのまま塗装の綺麗さに反映しますよ。

養生のうまい職人ほど、いい仕事をします。
あなたが現場を見るときには、そこが、チェックポイントですよ。
e0273217_20050238.jpge0273217_20050751.jpg
四周の軒天の部分が塗られました。
このあとは、下屋根の天井の塗装と、外回りの木部を保護するための塗装をしていきますよ。

仕上工程がまだまだ進みます。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-07-25 20:07 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)

東坂元の家 地鎮祭が行われました

東坂元の家が着工します!

いよいよ夏到来といった暑さですね。
さんさんと降り注ぐ太陽のもと地鎮祭が行われました。
e0273217_22115829.jpg
東坂元の家は、2階建木製カーポート付の木楽な家です。

敷地のかたちが特徴的で南側に隣地建物があり、どこを眺めて生活すると気持ちが良いか、
どんな風に光や風を取り込むかなど、土地との関係にも工夫がいっぱいです。

ほかにも御主人専用1帖の楽座、洗面所の鏡開閉収納、寝室の吊押入などなど、
アイデアがたくさん詰まった住まいになりますよ。

地鎮祭に先だって、地盤調査が行われました。
当社おなじみの表面波探査試験です。
e0273217_22105527.jpg
左側の機械で地面に振動を与え、その波の跳ね返りを右側のセンサーで読むことで、
地盤の固さを判定します。
e0273217_22110059.jpg
建物の四隅と中央の5点を測定し、地盤の強度と、全体のバランスをみます。
全体的に強くても、一部が弱いと建物がバランスを崩すことがあるからです。

今回は、表面が元々樹木が根をはっていたので柔らかくなっていましたが、
そこから下は昔からの地山で、強い地盤だったので、地盤改良の必要はなく、
表面の土を十分に締め固めてから基礎工事をしていきます。

まずは土工事、基礎工事がはじまりますよ。

それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
木楽な家 現場レポートをご覧いただいている皆様にお知らせです!

現場レポートを更新してきました東持田の家がいよいよ完成します。
完成見学会を開催しますので、「サラッとした夏を過ごせる家」を体感しましょう!

見学のお申込みはお電話またはコチラからどうぞ。

日時:7/23(土)、24(日) 10:00~17:00
詳しくはチラシをご覧ください。
e0273217_07432506.jpg
東持田の家 現場レポートはコチラからどうぞ!
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-07-23 07:51 | 東坂元の家 | Comments(0)

姶良モデル3 1階の天井仕上げが完了しました。

姶良モデル3では、天井の仕上げが張られました。

姶良モデル3では、1階の天井に湿気を吸放出することができるモイスという材料を張っています。
木楽な家では、杉板の天井を基本としていますが、姶良モデル3では新しい試みとして白い仕上げ材料を張っています。

壁の砂漆喰が白く塗られたときにどんな表情として見えてくるか、楽しみです。
e0273217_21022893.jpge0273217_21023426.jpg
さて、外部では、モルタル塗りの外壁の仕上げが完了しました。
面積は小さいですが、その分、左官職人の腕の見せ所をつくっています。
e0273217_21024760.jpge0273217_21030419.jpg
玄関ポーチの一番目につくところを丸く仕上げています。
とっても美しいカーブで、撫でたくなるような仕上りです。モデル見学の際は、必見のポイントですよ。

内部の浴室もヒノキ板張が完了しました。
e0273217_21030850.jpg
いよいよ砂漆喰を塗って仕上げに入っていきます。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
木楽な家 現場レポートをご覧いただいている皆様にお知らせです!

現場レポートを更新してきました東持田の家がいよいよ完成します。
完成見学会を開催しますので、「サラッとした夏を過ごせる家」を体感しましょう!

見学のお申込みはお電話またはコチラからどうぞ。

日時:7/23(土)、24(日) 10:00~17:00
詳しくはチラシをご覧ください。
e0273217_07432506.jpg
東持田の家 現場レポートはコチラからどうぞ!
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

by kirakunaie | 2016-07-23 07:49 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)