<   2016年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

猪鹿倉の家 うづくりの杉床板を張り始めました

猪鹿倉の家では、うづくりの杉床板張りがはじまりました。

いつも現場レポートをみていただいている皆様にはおなじみですが、
木楽な家の床板は、浮づくり(うづくり)と呼ばれる厚さ3センチある無垢の杉板を張っています。

浮づくりの名前の通り、表面を触ると年輪がもこもこと浮き上がっています。
素足で歩くとほどよく柔らかく、年輪の足触りがとっても気持ちいいですよ。
e0273217_19275605.jpg
木は1年に1つずつ年輪を増やして成長しますが、
年輪の色の淡いところは夏目と呼ばれる部分で、春から夏にかけてたくさん成長したために柔らかく、
色の濃い部分は冬目と呼ばれる部分で、晩夏から秋にかけてゆっくり成長するために堅いという特徴があります。

この杉板の表面を焼いて、そのあとにブラシで磨くことで、夏目の柔らかい部分が削れ、
冬目の堅い部分が残り、もこもことした仕上がりになるんですよ。

さて、いよいよ床張りを始めたといっても、実はいきなり張り始めるところからスタートしません。
棟梁は床板を見つめて何をしているのでしょう。
e0273217_19275672.jpg
実は、木楽な家の床張りは床板を1枚1枚選り分けるところから始まります。

1枚1枚が自然のものなので、節が少なかったり、多かったり、木が成長したスピードによって、
年輪の模様も様々です。

張ったあとに自然になるように、バランスよく張っていくことが大切なんですね。
熟練の職人だからこその、心がそこにはあります。

ここから徐々に内部工事が進んでいきますよ。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

住まいのことで困っていることはありませんか?
各現場周辺では「住まいの無料点検」、「家づくりの悩み無料相談」を実施中です。

毎日過ごす家のことなのに困ったままにしてしまうと、心にも身体にもよくないですよね。

住まいのことで困っていたら、いつでもご相談くださいね。

無料点検・無料相談のお申込みはコチラからどうぞ。
(お問い合わせ内容に、困っていることをご記入ください)

以下をプリントアウトして、FAXしていただいても結構です。
e0273217_09590029.gif
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

by kirakunaie | 2016-05-30 07:35 | 猪鹿倉の家 | Comments(0)

東餅田の家 内部も着々と進んでいます!

e0273217_14364935.jpg

着々と進む内部の様子です。
内部では枠も付け終わり壁に石膏ボードを貼っていきます、
この石膏ボードですが耐火性があり、火災が発生した際には水分を放出する材料です、
火災が起きても被害を最小限にしてくれるんですね!

e0273217_14364945.jpg

浴室では防水下地を作るために、腰くらいの高さまでコンパネを2重に貼ります、
水廻りの重要な場所です、漏水等の不具合が出ないようにがっちり造っていきます。


e0273217_14364954.jpg

収納部分では壁板貼りも始まりました、
狭い所も寝転んで一枚一枚貼っていきます。

普段見えない部分ですが、収納している物に害が出ないように、
合板などではなくここも『杉の木』です。


e0273217_14364997.jpg
おおかたの目途が立った頃には家具の材料が入ってきました。
家具は建具屋さんであらかじめカット+加工して、
現場で大工さんが組み立てています。

建具屋さんと大工さんの共同作業です。


それではまた。
次回はいよいよ外壁のモルタル塗の準備が始まります。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-05-28 07:36 | 東餅田の家 | Comments(0)

姶良モデル3 外壁角スパンドレル張りと杉板張り和釘留め

姶良モデル3では、外壁角スパンドレル張りが完了しました。

いぶし銀という色の角スパンドレルは、スッキリとした印象に仕上りました。
e0273217_18220123.jpge0273217_18212781.jpg
板金でくるんだ庇も職人による手づくりなんですよ。

そして、庭に面する1階の外壁面は、手仕事の杉板張りが進んでいます。
e0273217_18211140.jpg
手に触れる部分は、杉板を1枚1枚職人の手で釘を打って留め付けていきます。

e0273217_18225398.jpg

実は、この杉板を留めるための釘は、和釘(わくぎ)と呼ばれる、1本1本鍛冶職人の手でつくられた釘を使用しています。
法隆寺などでも使用されてきた大変歴史の深い釘です。

写真のものは階折釘と呼ばれる形のもので、
炉で1000度以上まで加熱して、熱いうちに90度ずつ回転させながら金槌で叩いて作るので、四角い断面をしています。

真っ赤に熱された鉄を鍛えあげる工程で表面に酸化膜ができるため、表面が錆びても、中まで腐食しにくいといわれています。
伝統工法で1本1本つくられた和釘を使って、1枚1枚大工が丁寧に留め付ける杉板張りの外壁。
e0273217_18203175.jpge0273217_18221682.jpg
時間とともに杉板も和釘も風合いが変化し、年月が経つごと味わいを深めていく外壁が出来上がります。
金属の外壁と木の外壁をバランスよく使い分けることで、お互いの良さが引き立ちますよね。

身体を守る洋服を着た部分と、顔や素肌を見せて表情をだすようなイメージでしょうか。
さらに玄関周りは、モルタル塗に土壁コートの吹付塗装で仕上げていきますよ。

杉板でつくる雨戸の戸袋も工事が進んでいますので、レポートしますね。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

by kirakunaie | 2016-05-27 08:05 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)

猪鹿倉の家 外壁の斜めラス板張りが進んでいます。

猪鹿倉の家では、外壁の斜め木ずり板張りが進んでいます。
木楽な家の外壁標準仕様は、モルタル塗りです。

通常のモルタル塗りの下地は、厚さ1.2㎝の杉板を水平に張っていくのですが、
当社では、厚さ1.8cmの杉板を斜めに張っていきます。
それは、この下地板にも地震や台風から受ける横の力に対抗させるためです。

木楽な家の地震に対する考え方は、力に対抗するのではなく、いかに力を受け
流すかです。ジグザクに板を張ることによって、地震の力を低減させていきます。
それでも消えない力には、壁の内部に入れてあるJパネル耐力壁が受けて、家を
守ります。

この時のポイントは、2つです。
・力を逃がすようにジグザグにはる
・空気が下から上まで通るように隙間をあけて張る
e0273217_21432718.jpg
自然の力は偉大です。
対抗するのではなく、いかに力を逃がすかがとても大切です。
e0273217_21444460.jpg
さらに、隙間をあけて張ることで、壁の中を空気が通り、軒下で抜けるようになっています。
軒天井の壁際のところに少し隙間があるのがわかりますか。

こうして、外壁が呼吸ができるようにすることで、壁内の熱や水分を排出し、快適に過ごせる内部空間をつくります。

本日は、住宅瑕疵担保保険の検査でした。
金物が図面通り取り付けられているか、防水シートは適切に取り付けられているかなど、
主に建物の耐力に関わるところや防水に関わるところの検査を受けます。
e0273217_21441007.jpg

内部はうづくりの杉床板張りが進んでいく予定です。
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-05-27 08:03 | 猪鹿倉の家 | Comments(0)

東餅田の家 内部工事も進んでいます!

東餅田に家 内部工事も進んでいます!

e0273217_13240306.jpg

大工さんは各部屋の枠を取付け始めました。
建具+枠を既製品を使う会社が多い中、
木楽な家では枠も『杉の木』です。

使う枠は上小(じょうこ)という等級の木材を使います。

1cm位の節が1mに1個ある程度という等級の木ですがほとんど節はありません。
無節に近い上小材です。
そんな『杉の木』をカンナで削ったり、
枠が入るように柱を加工して取り付けていくのです。
全てが手仕事なんですね。

取り付けた後は綺麗に拭き上げてチェックします。

最後に付ける建具も『杉の木』で造ります。
木を使うと湿気で反ったりしますが、
削って調整したり、部品が壊れたら交換しながら
末永く付き合う事ができるのです。


e0273217_13235114.jpg

ここまでくると再び電気屋さんが登場です。
配線の続きをしたり、キッチン・トイレ・浴室の換気扇の開口をして
パイプを取り付けていきます。

何処が一番目立たないか?
どの高さに開けたらいいか?
外からどう見えるか? 等現地で確認しながら開口してもらいます。


e0273217_13235124.jpg

外部では水切りを取り付けました、
外壁の一番下につく部材です。
壁に当たって垂れてくる水を切るので『水切り』といいます。
これが無いと雨水が基礎の内側に廻り込むのでなかなか重要な役割を持っているんです。


それではまた。
次回はどんどん進む内部を報告しますね。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////



by kirakunaie | 2016-05-24 15:00 | 東餅田の家 | Comments(0)

猪鹿倉の家 瓦葺き工事が完了しました

猪鹿倉の家は、屋根の頂部の棟部分と、端部のケラバの部分の取付が完了し、
陶器瓦葺き工事が完了しました。
e0273217_20092298.jpge0273217_20094705.jpg
軒先(写真右)には、空気の取り込み口を設け、コウモリが入り込まないように工夫しています。
12ミリより大きい隙間があるとコウモリが入り込んでしまうので、注意が必要ですよ。
棟の下の隙間(写真左)には防鳥パッキンが取り付けられており、そこから空気が入るようになっています。
e0273217_20105308.jpge0273217_20093676.jpg
外部では、モルタル塗りの下地となる、斜めラス板張りが進んでいます。
モルタル塗りの下地となる杉の板をジグザグに張っていきます。
地震や台風の時の横揺れをこのジグザク壁が吸収してくれます。
さらに、ジグザク壁通しを空かすことにより、そこが通気層となっています。

外壁の中に空気が流れ、地震や風で受ける力を逃がす、斜めラス板張りには
こんな役目があるのです。
e0273217_20100571.jpge0273217_20103720.jpg
屋根や外壁は、通気層をしっかりとって、家に呼吸をさせてあげることで木材が長持ちし、
あなたが気持ちよく生活できる室内環境ができるのです。

by kirakunaie | 2016-05-22 09:37 | 猪鹿倉の家 | Comments(0)

東餅田の家 浴室の床ができました!

e0273217_11572339.jpg

東餅田の家 内部では浴室の床ができました!

木楽な家では一般的なシステムバスを使わず、浴室も造作で造っています、
床にはタイル、水が掛かりやすい壁下半分は水に強い御影石、上半分は檜の板を貼るんです。


e0273217_11572330.jpg
↑完成するとこのような感じになります

一日の疲れを癒す大切なバスタイム、和風の温泉気分が毎日味わえるのです。


e0273217_11572440.jpg

e0273217_11572306.jpg

外部では軒先に杉板が貼られ、窓上には小庇も取り付けました、
昔は窓を開けて空気を通しながら生活していたので、
雨の日でも窓が開けれるように、このような小さな庇を付けていました。

しかしコスト面やエアコンの普及で次第に窓を開ける機会が少なくなり、
今ではあまり見かけなくなりましたが、せっかく家にいるなら、
雨の日でも窓を開けて、雨の香りを感じる生活もいいですね!

それではまた。
次回は内部の造作をお伝えします。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////





by kirakunaie | 2016-05-21 15:04 | 東餅田の家 | Comments(0)

猪鹿倉の家 瓦葺き工事が進んでいます

猪鹿倉の家では、屋根の瓦葺き工事が進んでいます。

上棟作業で張りつけた防水と遮熱の二役を担う遮熱ルーフィングと通気層をつくる縦きずりの上に、
瓦1枚の寸法に合わせて、瓦桟を格子状に組んでいきます。
e0273217_06011842.jpge0273217_06015567.jpg
こうすることで、軒先から棟にのぼる通気層をつくります。
夏場に瓦が温められても、この通気層があることで、熱い空気を逃がして屋根面に熱を伝えにくくしていきます。

こうして屋根面で遮熱、断熱をしっかりとすることで、屋根裏のロフトスペースを有効に使うことができるんですね。

現場には、梱包された瓦が到着し、瓦あげ機であげながら、1枚1枚ビスでとりつけていきます。
e0273217_06030192.jpge0273217_06035466.jpg
この平板の陶器瓦は、焼き物の瓦ですから、再塗装をする必要がない、一生物の瓦です。

棟の部分には1段高い下地が取り付けられました。
ここに棟の瓦をのせて、空気が逃げていく仕組みをつくります。
e0273217_06044312.jpg
外部では、サッシにガラスが入り、透湿・遮熱・防水シートが張りつけられました。
屋根面同様、壁面もしっかりと通気層をつくっていきます。
e0273217_06054402.jpge0273217_06062338.jpg
外壁のモルタル仕上の下地となる斜めラス板張りも進んでいます。
ジグザグに張ることで地震や風で受ける力を逃がし、熱や水分を逃がすための通気層にもなります。

梅雨に入る前に、外壁のラス板張を進めていきます。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////a

by kirakunaie | 2016-05-19 08:00 | 猪鹿倉の家 | Comments(0)

東餅田の家 内部造作も進んでいます!

東餅田の家 内部造作工事始まりました!

e0273217_10391913.jpg

e0273217_10392026.jpg

壁の下地を組んだ後はプラスターボードを貼っていきます。
その時使うビスですが、一般的に使われるメッキのビスではなく、
ステンレスのビスを使っています。

価格は高いのですが、漆喰を塗った後 
ビスが錆びて変色してくるのを防ぐ為です。

e0273217_10392050.jpg



同時進行で階段の加工にも入っていきました。
盤板と呼ばれる製材した分厚い板を自社の乾燥庫で乾燥させて、
家具屋さんで綺麗に研磨してもらい、現場で階段に加工します。
鑿(ノミ)を入れるのがもったいないようなきれいな木目です。

杉にもいろんな種類があり、この階段やカウンターに使う杉は
鹿児島や、宮崎に多い戦後植林された飫肥杉(おびすぎ)ではなく、
もともと鹿児島にあるメアサ杉といわれる地杉を使います。
成長に時間がかかるのでなかなか市場に出ません。貴重品です!


e0273217_10392071.jpg

電動工具で出来る部分は機械で削るのですが、最終的には職人の手でノミを使って仕上げていきます、
この仕上げの際でも綺麗に見せる工夫をしています。

単なる階段ですが、色んな工程を経て完成するんですね!


e0273217_10391917.jpg
こうして内部造作は着々と進んでいきます。


それではまた。
次回は浴室造作他です


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////






by kirakunaie | 2016-05-18 12:26 | 東餅田の家 | Comments(0)

姶良モデル3 外壁角スパンドレル張りと庇取り付け

姶良モデル3では、外壁工事が進んでいます。
2階の部分が角スパンドレルで覆われてきました。

この外壁は屋根と同様に0.4mm厚のガルバニウム鋼板で、
この金属の板を守る表面の塗膜は15年保証がついています。
10年~15年で再塗装をすることで、長く使えますよ。
e0273217_19561977.jpg
西日の当たる部分には庇を取り付けています。
曲げて加工した鉄板を溶融亜鉛めっきと呼ばれる表面処理をした庇としています。
e0273217_19563396.jpg
日本には、古来より霧よけ庇といわれる、小庇が窓にはついていました。
いつの頃からか、不要な物のように付けられなくなっていきました。
木楽な家は、そんな日本人の知恵を大切にしています。

これから梅雨がきますよね。そんな時でも窓をあけたいときってあるでしょ。
これは脱衣所の窓ですが、小さくとも庇があることで、雨の日でも窓をあけることができるんですよ。
雨を楽しむ、これも一興ですよね。

梅雨を目前に、明日も外壁工事が進みます。
それでは、また。


by kirakunaie | 2016-05-18 08:16 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)