<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

吹上の家、完成写真をどうぞ。

 木楽な家「家事楽ハウス」の第2弾、吹上の家が完成しました。

年末に完成したため、残念ながら完成見学会が出来なかったので

写真を一部アップしました。 どうぞご覧下さい。


e0273217_1183947.jpge0273217_1184989.jpg


 東南と東面よりの外観です。モルタル塗りの上に土壁コート吹き付け仕上げです。


南面に設けたテラスへ洗面所より直接出られるようにドアを取り付けてあります。

 
e0273217_1185749.jpge0273217_119767.jpg


 25坪の平屋というコンパクトなプランですが、LDに面して収納たっぷりの四畳半の和室

・小上がりの3帖のタタミコーナーをとっています。このタタミコーナーとLDの一部の天井が

吹き抜けてロフトへとつながります。
 
e0273217_119283.jpge0273217_1193739.jpg

e0273217_1194668.jpge0273217_119559.jpg


 今回の「家事楽ハウス」第2弾は、奥様希望の背面キッチンと家事コーナー(子供の勉強机

ともなります)、そして洗面所が一直線につながり、そのままウッドデッキ物干し場へとつながって

います。家事動線を最短にするため、あえて洗面所を南側へ配置しました。


 それによって、寝室・キッチン・洗面所・浴室が一体の動線としてまとまり、スムーズな家事動線

が可能となっています。 


e0273217_11101927.jpge0273217_11103226.jpg


 少し広めの洗面所には、夜洗濯した衣類を室内干しできるようにしてあります。

また収納棚には、洗面所で使うタオルや下着等の衣類もそれぞれ家族分用意しました。

夜干していた洗濯物を朝、そのままテラスの物干しへと移し替えます。


e0273217_11104682.jpge0273217_11105694.jpg


 子供室は、家事コーナーの机カウンターとつながり、さらには寝室とつながります。

全体をオープンにすると12帖の大きな空間となります。


 子供が大きくなるまでは、みんなで一緒に寝て、個室をほしがる時期には仕切れるように

してあります。部屋を完全に仕切るのではなく、オープンに使うことで将来的にも使い勝手の

いい住まいとなります。


 そして、子供室からロフトへと上がれる楽しい仕掛けもしてあります。



e0273217_1111637.jpge0273217_11111637.jpg



 木楽な家、標準装備の+アルファーのロフト空間です。

結構な収納量もあり、また書斎として十分使える空間です。

 いろんな使い方ができますよ。


ちなみに、「家事楽ハウス 第1弾」は姶良モデルです。こちらは3月上旬までは

見学できますので、ご連絡下さい。ご案内します。
by kirakunaie | 2014-01-10 12:00 | 吹上の家 | Comments(0)

新年おめでとうございます。現在の状況です。


 新年明けましておめでとうございます。本日より仕事始めです。

 年末UP出来なかった、姶良平松の家の状況報告です。


e0273217_15223078.jpge0273217_15225058.jpg

e0273217_1523127.jpge0273217_15231251.jpg


 雨の多かった年末、晴れ間を見計らい無事上棟しました。

杉のオール4寸材を使い、骨太の構造体を組み上げていきます。

普通の木造住宅と違って骨組みが見えるので、ボルトは見えないように

引きボルトで対応しています。

e0273217_1523367.jpge0273217_15234682.jpg
e0273217_1524096.jpge0273217_15242062.jpg


 上棟式の餅まきです。最近ではあまり見かけなくなった光景です。

福を分けてあげる、みんなで幸せにという意味合いもあります。


 まく餅は、365個の紅白餅に5セットの飾り餅。まき菓子にまき銭。

まだ周囲に人家が少ないので、近くで見つけた子供たちに声をかけると

友達も連れてきてくれて、それなりの人数が集まりました。


 しかし、子供は現金な者で、落ちてくるお菓子や餅には目もくれず、ひたすら

お金目がけて突進です。どこも同じ光景ですが、まき終わったあと、初老の男性が

拍手すると、皆が拍手して「ありがとう」と言ってくれました。


 やっぱりやって良かった、今回もそう思うのでした。

e0273217_1524471.jpge0273217_15245631.jpg
e0273217_1525599.jpge0273217_15251465.jpg


 外回りには、木を使った耐震工法「TIP工法」を標準採用しています。

ジグザグに打つことで、地震や台風による力を低減していきます。


東京工芸大学の教授が考案した特許工法です。

100年に1度の直下型地震にも耐えうる性能です。なによりも合板を

使わずに出来る、唯一の耐震工法です。


 それでは、今年こそは写真UPをサボることなく、ちょくちょく更新して

いくことを年頭に誓います(笑)。
by kirakunaie | 2014-01-06 16:12 | 姶良平松の家 | Comments(0)