<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

建て方

今週はずっと天気が良い筈なのに・・・・・・。
天気予報とにらめっこしながら建て方開始です。

e0273217_1854881.jpge0273217_185023.jpg
e0273217_1841248.jpg
e0273217_1805065.jpg

夕方まで晴天が続き何とか垂木まで完了。今夜は一時的に雨になりそうなのでシート養生で終了。
シートを貼り終わったとたんにザッと通り雨。
濡らさずにすみました。明日天気になあれ!

それではまた。
by kirakunaie | 2013-01-24 18:12 | 姶良楠元の家 | Comments(0)

左官工事

今回は左官工事のうち外壁のモルタル塗りです。


e0273217_19112877.jpge0273217_1916518.jpge0273217_1918015.jpg
e0273217_19203494.jpg
e0273217_19222191.jpg

 モルタル塗りの下地は防水紙のアスファルトフェルト430を貼り波型ラスを貼っていきます。
これに下塗りの軽量骨材のモルタルを塗り付け2週間以上乾燥期間を取ります。工期が無くても
この期間を置かないと後々クラックなどが出てしまいます。

 それから目地を取付け上塗りのモルタルを塗ります。最近洋風の外壁で目地無しを多く見かけますが
木楽な家は目地を取っています。

この目地は誘発目地と呼びクラックをこの目地にわざと起すためのものです。クラックは壁の強度の
弱いところに出るのです。サッシの角などに出てしまうと大変です。

最後に目地棒を取り外しモルタルで底目地を塗り付け終了です。

次回は漆喰塗りです。
by kirakunaie | 2013-01-15 19:39 | 国分広瀬の家 | Comments(2)

姶良楠元の家着工しました

昨年末から段取りしていた楠元の家を着工しました。
築100年に達する家を解体しここに4人家族の為の家を建てます。
もちろん100年を超えて住み続けてもらう為の家です。

基礎工事にあたり地盤調査を行いました。表層部を除き1m以下の地盤の強度は問題なかったので表層の一部
を掘り下げ砕石を敷き込み転圧していきました。
e0273217_1773824.jpge0273217_1784821.jpg


その後基礎工事に入ります。
     e0273217_1711825.jpg
e0273217_17121323.jpg

 基礎工事を見るためのポイントはしっかりした地盤に念入りに砕石地業を施す(これはしっかり地盤を締め固めることです。
 それから鉄筋工事。規格品の鉄筋を用い(鉄筋には無規格品も存在します)木楽な家の底盤は直径13mmの異形鉄筋をタテヨコ150mmに組んでいます。

 最後に型枠を組み立てコンクリートを打ち込みます。コンクリートのポイントはコンクリートの品質強度とジャンカ(気泡)を防ぐためのバイブレーションです。これが
しっかりしていると見た目にもきれいなコンクリートが打ち上がります。特に冬場のコンクリート打設は温度補正が必要な場合があるので気温に気を付けます。
鹿児島の場合は山間部以外はよっぽど3日間ほど冷え込まないと問題ありませんが・・・。

基礎完成

e0273217_17154958.jpg
e0273217_17165370.jpg


今度のポイントは木工事です。
それでは、また。
by kirakunaie | 2013-01-15 17:46 | 姶良楠元の家 | Comments(0)