<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

幻の漆喰

外壁のモルタル塗りも終わりこれから内部仕上げ。

幻の漆喰も運び込まれ木部養生の終わった壁から塗り上げてい

きます。

いつ見ても漆喰が入ると柱や梁が生き生きと見えてくるのは気

のせいでしょうか?

いやそんなことはありません。日本の家は大工と左官がつくる

んです。これが尾堂産業のスタンダードです。

それでは、また。


e0273217_19335113.jpge0273217_1934357.jpge0273217_19341671.jpg
by kirakunaie | 2011-04-27 19:33 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

パネル完成

約45種類、106枚のパネル製作も終了しました。

後は上棟を待つばかり。天気に恵まれますように。

その前に、このパネルを積み込んで運搬する作業が私に待って

います。


そうです。ここは棟梁の自宅加工場。フォークリフトはありま

せん。腰を痛めないように気をつけましょう。

それでは、また。

e0273217_17345615.jpge0273217_1735759.jpge0273217_17351852.jpg
by kirakunaie | 2011-04-27 17:34 | しおさい町の家(垂水) | Comments(0)

パネルその2

図面の寸法どおりにカットされたパネル枠。

これを組み立て野地板を張っていきます。今、市場には合板が

消えてしまっていますが、木楽な家には合板を使っていませ

ん。材料手配に困ることなく作業を進められます。

パネルは着々と出来上がっていきます。これから、断熱材の充

填作業がまっています。

それでは、また。

e0273217_1734327.jpge0273217_1734131.jpge0273217_17342577.jpg
by kirakunaie | 2011-04-23 17:32 | しおさい町の家(垂水) | Comments(0)

モルタル塗り(仕上げ)

外壁塗りも終わりに近づいています。

下塗りをしたモルタルの上に仕上げのモルタルが塗り重ねら

れていきます。

今ではほとんどの住宅の壁はサイディングという乾式工法全

盛となり、モルタルなどの湿式工法は、手間がかかりコスト

に合わないと敬遠されつつあります。

もっとも敬遠しているのは、施工管理する建設会社なんです

けどね。

それでも熟練の職人の手による壁は味があるとおもいません

か?

それでは、また。




e0273217_19321119.jpge0273217_19322619.jpge0273217_1932398.jpg
by kirakunaie | 2011-04-22 19:31 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

屋根断熱パネル製作開始

パネル材料揃いました。

やっとパネル図面が完成し、今日からパネル製作開始です。

初日は、図面とにらめっこしながらパネル枠のカット作業。

これから100枚以上の屋根パネルと格闘です。

石塚さんよろしくね。


それでは、また

e0273217_17332081.jpge0273217_1733388.jpg
by kirakunaie | 2011-04-21 17:22 | しおさい町の家(垂水) | Comments(0)

御影石

発注してあった御影石が送られてきました。

壁に貼る表面研磨された石、小口まで磨かれた石、特注の浴

室のカウンター用の石など。

とにかく重い。皆さんも腰にはご注意を!

(年の所為とは思いたくないんです)


外壁のモルタル塗りの為に土留め替わりに置いてあった大量

の砂もやっと日の目を見るところです。


それでは、また。


e0273217_1931113.jpge0273217_19311427.jpge0273217_19312571.jpg
by kirakunaie | 2011-04-19 19:30 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

家具製作3

木工事も最後を迎え家具製作も建具屋に後を引き継ぎます。

家具においても大工と建具屋の合作ということになるんです。

引き出しの取り付けを待つキッチン。

扉や、引き違い戸を待つ食器棚、照明器具を待つ本棚など。

これから現場は、左官の独壇場です。

浴室の製作工程や、漆喰塗りを紹介していきます。

それでは、また。



e0273217_1929513.jpge0273217_1930190.jpge0273217_19301124.jpg
by kirakunaie | 2011-04-13 19:29 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

家具製作 2

食器棚を造っているのは、岡野大工(息子)

大工にならなかったら家具職人になりたいとか。

楽しんで造っています。木楽な家の家具は見てのとおり家と

一体化しています。地震で倒れることはありません。

残念ながら動かせませんけれど。


2枚目3枚目は岡野棟梁(父)

壁に造り付けの本棚を造っています。見事な蟻を切って組み

立てます。

仕上がり具合は見学会でぜひどうぞ。


それでは、また。


e0273217_19281238.jpge0273217_19282963.jpge0273217_19284569.jpg
by kirakunaie | 2011-04-09 19:27 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

家具製作中

この三角錐のドリルの歯を別名フシ太郎といいます。

これで死節を抜いてやりそこに大きな鉛筆削りみたいなもの

で削った杉の枝を埋め込んでいます。

節が多いと大変なんです。


下の写真は「雇い実接ぎ」

幅広の板はなかなか高価なのと反りやすくなります。そこで

2枚3枚と板を接合します。

接ぎ合わせ面となる両木端の共通位置に実溝(さねみぞ)と

呼ばれる溝を切り、溝にあわせて別に実(さね)を作ってこ

れを挟み、接合する方法です。

この板はキッチンのキャビネットになる側板です。

それでは、また。





e0273217_19265357.jpge0273217_192754.jpg
by kirakunaie | 2011-04-06 19:26 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

地盤調査

垂水フェリーのすぐ近く。

ここに、木楽な家を建てます。

地盤調査も無事終了。まだ解析は終わっていませんが、デー

タを見るとかなり良い結果が出そうです。


住む土地を選び、気持ちの良い家を建てるということは重大

な決断を何度も繰り返して行く訳ですが、土地にしても、建

物にしても大きな金額の買い物です。


ここで地盤の良い土地であれば、地盤の改良や杭打ちなど余

分な費用がかからないということ。


土地選びはホントに大事ですね。売り地にこの土地の地耐力

はOOtですよと示されていれば決断もしやすいのに。

そのうち不動産売買はそうなっていくでしょうね。


それでは、また。

e0273217_17324026.jpg
by kirakunaie | 2011-04-04 17:27 | しおさい町の家(垂水) | Comments(0)