<   2011年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

外壁&戸袋

玄関周りに木を使いたいとの要望で板貼りの仕上げです。

そうなると雨戸の戸袋が気になります。

雨戸はアルミでも構いません。閉めるのは台風のときくらい

ですから。

やはり、木にしたい。大工さんが一人で半日くらいで作れる

ように考えてみました。

出来上がった雨戸を見て自分が作った訳でもないのに自画自

賛。なかなか良い出来でしょう?

石塚さん、ありがとう。

それでは、また。



e0273217_1924301.jpge0273217_19244494.jpge0273217_19245937.jpg
by kirakunaie | 2011-03-31 19:24 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

棟上げしました

 音響熟成木材で組み上げられた構造体です。

柱や梁巾は、全て4寸(120㎜)の骨太構造です。


 ところで、音響熟成木材?ってなんだろうって思いま

した。


 低温の38°以下の乾燥庫の中でクラッシック音楽

(バッハ)を聞かせながら乾燥させた木材のことです。

 宮崎原産の油分を多く含むオビスギを製材しています。

福岡の(株)カイケンコーポレーションの製品ですが、工場

は鹿児島のさつま町にあります。


 さて、どうしてこの木材を採用しているのかといい

ますと。


 現在の家づくりに使われる木材は、乾燥材ですよね。

ところが、この乾燥材のほとんどが高温乾燥された木材

なんです。コストを安く抑えるためには、乾燥期間を短

くする必要がありますよね。

 80℃以上の温度で水分を飛ばし、粘りに

重要な役目をする油分まで抜かれた木材です。

 乾燥しているから狂いは少ないですが、強度も少ない

木材が流通しているのです。

 これでは安全な家づくりは出来ませんよね。


そこで「木楽な家」では、低温でゆっくりと乾燥され、

油分をしっかり保った状態の「音響熟成木材」を採用し

ているんです。

 そうすることで、強度を保ち、長持ちする家づくりに

繋がっていきます。

では、また。


e0273217_1758577.jpge0273217_17581886.jpge0273217_17583069.jpg
by kirakunaie | 2011-03-29 17:57 | 中川(伊集院)の家 | Comments(0)

左官工事

外壁の下塗りが終わろうとしています。


荒い壁下地は軽量モルタルです。砂の替わりにパーライトな

どの軽量骨材を使います。この下地の上に砂の骨材のモルタ

ルが塗られていくんです。

3枚目の写真は乾燥が終わり、分揃えと研磨の済んだ板材。

これが手作りの家具やカウンターなどに変っていきます。

一番の腕の見せ所です。

それでは、また

e0273217_19224986.jpge0273217_1923139.jpge0273217_19231359.jpg
by kirakunaie | 2011-03-28 19:22 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

完成しました

植栽工事も終わり、なんとか完成しました。

今回は残念ながら、引っ越しの日程上、完成見学会

は出来ませんでした。

 後日、完成ムービーをアップする予定ですので、

興味のある方はご覧下さい。

 また、見学希望の方は掲示板よりお知らせ下さい。

施主と日程が合えば、見せてもらえるかもしれません(笑)


 内部写真も少しだけ載せました。見所は、なんと言っ

ても大きな全開口サッシですね。

隣の茶畑の風景が、まるで切り取られた絵画のように

室内に飛び込んできます。

 そして、30㎝上がった小上がりのウッドデッキに

腰掛けながら、ボーッとしてみるのもいいですよ。

 また2帖の楽座も備えています。

家でゆっくりと寛ぐ、それがこの住まいの醍醐味です。

では、完成ムービーアップまでしばらくお待ち下さい。


e0273217_202586.jpge0273217_20251736.jpge0273217_20252648.jpg
by kirakunaie | 2011-03-24 20:24 | 瀬戸内(伊集院)の家 | Comments(0)

植栽が入りました

やはり植栽が入ると違いますね。

家に命が吹き込まれる、家が住まいとなる、そんな

気がします。

さて、家づくりの最後の工程が、この植栽工事です。

 木には、落葉樹と常緑樹がありますよね。

落葉は結構たくさんの樹種がありますが、常緑は

少ないんです。

そこで、今回植えた常緑樹は、シマトネリコとソヨゴ

です。

 シマトネリコは、葉が涼しげでとても感じのいい木

です。ただ育つスピードが早いので、少し広い場所に

植えた方がいい木です。

 ソヨゴは、風に葉がそよぐ木という意味をもつ木で

風が吹くと文字通り、ソヨソヨという音がするようです。

小さな白い花が咲き、赤い小さな実をつけます。

あまり大きくはならないので、少し狭い場所でもいいで

すよ。

 今回は、シンボルツリーとしてシマトネリコを植えて

みました。樹高が4.5m程で、玄関とかぶるように

配置しています。

 また、落葉樹はイロハモミジとヒメシャラ、かつら

です。

 春に可憐な花を楽しむものと、紅葉を楽しむものです

ね。かつらの木は、落ち葉がハート型でレモングラッセ

のような臭いがします。

 落ち葉を玄関にさり気なく飾っておくなんてことも

出来そうです。

では、また。

臭い

 



e0273217_20241550.jpge0273217_2024242.jpge0273217_20243480.jpg
by kirakunaie | 2011-03-24 20:23 | 瀬戸内(伊集院)の家 | Comments(0)

建て方が始まりました

木楽な家では、土台に米ヒバの木を使います。

白蟻につよい樹種だからです。

 健康住宅である以上、毒性のある白蟻の薬剤を使う

訳にはいきません。

 そこで、耐シロアリに効き目のあるヒバを使い、

さらに城東テクノ社と提携し、同社の基礎パッキンを

使うことにより、シロアリ10年保証、被害があった

場合には500万円まで保証があります。

 ここでワンポイントアドバイスです。

通常、シロアリの薬剤を使用した場合に5年保証が

付くのですが、この保証で被害があった部分も直す

ことが出来ると勘違いしている方がいらっしゃいます。

 しかし、この保証は、シロアリ被害があった場合は

5年以内であれば無料で、もう一度薬剤散布します

というものなのです。

 被害があった部分も保証するためには、別途専用の

保険に加入する必要があります。

気をつけてくださいね。

では、また。


e0273217_17495044.jpge0273217_1750638.jpge0273217_1751761.jpg
by kirakunaie | 2011-03-24 17:49 | 中川(伊集院)の家 | Comments(0)

暑い日射は、これで防いでいます

屋根パネルを作っています。

鹿児島の暑い日射から、家族を守るため、木楽な家

ではこの断熱材入りのパネルを作り、屋根に乗せ込んで

います。

 断熱材のランクも、発砲ポリスチレンフォームの中

では最高ランクの第三種を採用し、厚みは60㎜が

標準です。

 屋根の形状に合わせて、一枚一枚を大工さんたちが

作っていきます。

 現場では、既に作られた屋根を組み立てるだけですから

天候が急変しそうな時でも、半日もかからずに雨仕舞が

済んでしまいます。

 せっかく乾燥させた「音響熟成木材」を濡らすことなく

上棟させるためでもあります。


 これで、2階が暑くて居られないとか、ロフトに上が

れないとか、エアコンをかけても効かないとか、

夜いつまでも熱気が降りてくる、なんてことは無くなり

ます。

 もっと詳しく聞きたい方は、あなたの専用掲示板より

質問してください。

では、また

e0273217_17485364.jpg
e0273217_17483284.jpge0273217_17484485.jpg
by kirakunaie | 2011-03-24 17:47 | 中川(伊集院)の家 | Comments(0)

基礎工事の状況です。

当社は、まもりすまい保険(住宅保証機構)に加入

してますので、基礎の鉄筋工事が終わると、指定の

検査員による第3者検査が行われます。

 標準仕様はベタ基礎で、土間の鉄筋は、13㎜を

15㎝間隔でクロスに組みます。土間コンクリートは

15㎝の厚みですが、外周部分は掘り下げて補強して

います。

 さて、基礎時点でのワンポイントアドバイスです。

どこの家でも現在は、ベタ基礎が標準となっていますので

ベタ基礎に関するアドバイスをしますね。

 あなたは、犬走りという言葉を聞いたことがありますか。

建物の外周部分で、雨のたたきで土はねしないように、

コンクリートやモルタルを塗った部分です。

 ほとんどのベタ基礎は、この犬走りを出さずに土間

コンクリートを打設します。

しかし、これを出さずに後でモルタルやコンクリートを

打設すると、どうしても土間の部分に亀裂が入り、

そこから白蟻が侵入する場合があります。

 白蟻の侵入経路を経つ意味でも、犬走りは少しでも

出して、基礎コンクリートを打設することをお勧めします。

では、また。




e0273217_17464995.jpge0273217_1747058.jpge0273217_1747911.jpg
by kirakunaie | 2011-03-24 17:46 | 中川(伊集院)の家 | Comments(0)

配線隠し

梁上に露出する電気配線。

見えなければ良いのですが、ロフト階段を上ってゆくと丁度

目の高さに見えてしまいます。

私『かっこ悪いね』棟梁『うん、カッコ悪い』なんとかしま

しょう。 出来上がったのが垂木をくりぬいた配線隠し。

なんということでしょう♪ほとんど気が付かない配線隠しが

出来上がり。


電気屋さんは、棚高さを確認しながらコンセントの位置だし

ご苦労さん。みんなカッコ悪いのが嫌いなんです。

それでは、また。


e0273217_19211096.jpge0273217_19212995.jpge0273217_19214281.jpg
by kirakunaie | 2011-03-23 19:17 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

左官登場

外壁のモルタル仕上げの壁を始めていきます。

TIP工法のラス板貼りの上にアスファルトフェルト紙を貼

りメタルラス(金網)を貼っていきます。     

これが第2の防水層になるんです。第1の防水層はラス板下

の透湿防水シート。


 
玄関周りは板貼りで仕上げたいという希望に応え、注入処理

済の板を並べて横貼りにするか縦貼りにするか思案中。

結局縦貼りで決定!

それでは、また。


e0273217_1916214.jpge0273217_19163669.jpg
by kirakunaie | 2011-03-21 19:15 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)