<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

躯体工事完了検査

あさ9時から住宅瑕疵担保履行法による2回目の検査を受け

ました。

初めての検査員。TIP工法を珍しそうに見ていました。

現場の方は、無事合格。

大工工事はあと2日ほどで床板貼り終了。

これから内部造作に入っていきます。

現場の帰りに県下一周駅伝に遭遇。渋滞のはずです。

竜ヶ水近くで桜島をバックに一枚。走りながら撮ったので奇

跡の1枚でした。

それでは、また。


e0273217_196648.jpge0273217_1962122.jpge0273217_19636100.jpg
by kirakunaie | 2011-02-23 18:59 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

電気工事

配線を隠蔽する場所の少ない木楽な家では、床下空間が一番

効率の良い配線スペースになります。

先日の電気屋さんの苦労の形をお見せします。

床の断熱が無ければ歩き回れるところを這いずり回った仕事

を。

きれいにまとめ上げてくれています。

見えなくなる場所に気を使ってくれる職人たちに脱帽です。

これなら、将来コンセント増設などにも床下に入ればすぐに

対応できます。


大工はうづくりの床貼り工事です。

明日は躯体工事完了検査です。

それでは、また。


e0273217_1858938.jpge0273217_18582573.jpge0273217_18584214.jpg
by kirakunaie | 2011-02-22 18:57 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

今日の状況

ロフトに床板が貼られました。

天井高を稼ぐために1階のキッチン部分の天井をギリギリ迄

下げてみました。これでも低いんですけどね。

子供には格好の隠れ家でしょう。楽しそうな基地ができるの

が目に浮かびそうです。


次は外壁の下地。耐震の要になるTIP工法のラス板貼り。

これは外壁通気を兼ねています。


3枚目は現場入りが2日遅れて苦労する電気屋さんチーム

床断熱が入っていなければ楽勝の配線、配管をスケボーに乗

り床下を這いずり回ります。ガンバレ!


来週は構造の中間検査を受けます。

それでは、また。


e0273217_18263497.jpge0273217_18265063.jpge0273217_1827644.jpg
by kirakunaie | 2011-02-19 18:25 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

断熱&遮熱

田上の家は断熱と遮熱工事中です。

断熱材はポリスチレンフォーム3種B 床、屋根は60mm

を使い壁は45mmを隙間無くはめ込んでいきます。

断熱は、外部と内部の温度の伝わり方をなるべく緩やかにす

るものです。

一般的に断熱って熱を遮断するものだと考えている人が多い

のですがそれは間違いです。熱を遮断できるものなど無いの

です。


次に遮熱ですが屋根はアルミ蒸着シート貼り。壁はアルミ蒸

着防水透湿シートを使用しています。

アルミ箔は赤外線を反射するので遮熱しますが直に貼るとア

ルミは木の1000倍もの熱を伝えてしまいます。

だから私たちは屋根のシートは通気を取るためにわざわざ浮

かして貼っているんです。

瓦屋さんは大変です。雪山みたいに冬でも日焼けしてます。

ご苦労様。 それでは、また。




e0273217_1825652.jpge0273217_18252268.jpge0273217_18254314.jpg
by kirakunaie | 2011-02-17 18:24 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

色決めを行いました

今回で、2回目の色決めです。

前回保留となっていた、外壁の色や照明器具決めです。


 木楽な家では、専属のコーディーネーターが入り、

それぞれの部分の色を決定していきます。

 建て主家族にとって、一番難しい、そして大変な作業

です。

 毎回のことですが、夫婦の意見が分かれるところです。

でもそれでいいと、私は思います。

 生まれた場所も育った環境も違うわけですから、意見が

違って当たり前です。でも、大事なことはお互いの意見を

尊重しあうことだと。

 住まいづくりとは、そういった事を経験できる学びの

場だと。


 それにしても、外壁の色決めは何回やっても難しいも

のです。でも、とても落ち着いた気品のある色が決まり

ました。周囲の風景にも溶け込むようなそんな仕上がり

となりそうです。お楽しみに!
 
では、また。



e0273217_20213597.jpge0273217_20214446.jpge0273217_20215279.jpg
by kirakunaie | 2011-02-14 20:21 | 瀬戸内(伊集院)の家 | Comments(0)

上棟式でした

週間天気予報では今週上棟式予定日は雨の予報。

気を揉みながら当日がやってくると雨も上がり上棟日和。

ついてますね。これからを象徴するような天の采配。

私のジンクスなんですが、地鎮祭で雨に祟られると上棟式も

大体雨に当るんです。ホントですよ。

私の自宅を建てるときがまさにそうでした。


地鎮祭から上棟式までは天気に気を使います。

まあこれで一安心。あとは大工さんたちに大いに腕を振るっ

てもらうばかりです。


それでは、また。



e0273217_182321.jpge0273217_18233269.jpge0273217_18235689.jpg
by kirakunaie | 2011-02-12 18:22 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

首切り?

運び込まれたのは床に貼るポリスチレンフォーム3種B厚さ

60mm。これを土台と大引きの間にはめ込んでいきます。

2枚目は断熱材受けを取り付けている松尾君。

今年から尾堂産業に入社した大工見習いです。皆さんよろし

く。まだまだ動きはぎこちないですが、棟梁の技を盗めるよ

うにガンバレ!


3枚目の写真がタイトルにあった柱の首切りです。

これは柱や床板が縮んだり空いたりしたときに隙間ができな

いように柱の根元に床板を差し込めるように欠き込む加工の

ことなんです。

どうして足元なのに首切りと言うんだろう?

昔からそう言ってるけど棟梁も解らないとのこと。今度調べ

ときます。


それはそうと、11日午後3時から上棟式行います。餅撒き

しますから御時間のある方は是非どうぞ。広木小近くです。

雨が上がりますように。

それでは、また。



e0273217_18212151.jpge0273217_18213830.jpge0273217_18215314.jpg
by kirakunaie | 2011-02-09 18:20 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

大工工事も順調です。

 大工工事は、ゴールへ向かってばく進中です(笑)。

現在は、壁がほぼ終わり、天井の造作を行っています。

写真の天井は、おなじみの和室のすのこ張り天井です。

 開口に照明器具を入れると、天井全面が光る仕掛け

となります。

 そして、いよいよ階段製作に入っています。大工工事

の中でもメインと言えるのが、この階段製作です。

 まったくの手作業、そして全てが見える階段です。

気を抜けない、緊張が続く仕事です。ほんとうにご苦労

さん。

 天井張りが終わると、家具製作に入っていきます。


さて、外部はと言うと、左官屋さんがモルタル塗りの

仕上げ(2回目)を行っています。

 寒さの中、少し疲れ気味でしたが、「頼みますよ」と

声を掛けると、「おう!」と元気な声が帰ってきました。

綺麗なモルタルが仕上がることでしょう。

では、また。


e0273217_20204077.jpge0273217_20204967.jpge0273217_20205960.jpg
by kirakunaie | 2011-02-05 20:20 | 瀬戸内(伊集院)の家 | Comments(0)

屋根工事

昨日小屋組まで終わっていた屋根に化粧の野地板が貼られて

いきます。 天気がよくてよかった。

野地板が貼られた屋根に今度は事前に制作してあった断熱パ

ネルを並べていきます。このパネルは長さ150mm太さ6

mmのパネルビスでがっちりとタルキに止めつけていきま

す。これにゴムアスのルーフィングを貼って屋根下地の工事

終了です。

内部から見た屋根はきれいでしょう?

これが新建材では出せない本物の魅力です。

明日からは筋違い取り付けなどの仕事に入ります。

それでは、また。


e0273217_18194553.jpge0273217_1820285.jpge0273217_18201926.jpg
by kirakunaie | 2011-02-04 18:18 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

建て方開始

前日敷込んだヒバの土台の上に柱が建ち梁が架かっていきま

す。

私はこの梁が架かっていくこの状態を見るのが大好きです。

なにか、安心するんです。守られている感じがいいんですよ

ね。


場所が狭いので構造材を並べる場所が無く土台の上に並

べた梁や桁を探しながらクレーンで吊っていきます。


屋根パネルを運び込むと既に小屋組まで終わっています。

明日で雨仕舞いまで終わります。

近所の方が何人も棟上はいつですか?と聞きにこられます。

今まで、いい御付き合いをされていたのが判ります。


これで家を濡らさずに済みそうです。よかった。ホッと一安

心です。

それでは、また。


e0273217_18174429.jpge0273217_1818045.jpge0273217_1818427.jpg
by kirakunaie | 2011-02-03 18:16 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)