<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

プレカットと手刻み

棟梁は、プレカットでできない仕口や鴨居のホゾを刻んでい

ます。

やはり機械では昔ながらの大工のの技には追いつかないとい

うことですね。

本当は、全て手刻みでやりたいと思っているのですが純粋に

コストにはね返ってきます。うーん残念。

2枚目の写真はプレカット中の梁や桁。

3枚目はプレカットを待つ柱です。

もちろん音響熟成木材。よく乾燥しています。他社の材料を

見ると高温蒸気乾燥が多く茶色く変色していました。(2枚

目の写真奥ラインに乗っている梁)


来週3日から建て方開始です。

それでは、また

e0273217_1816259.jpge0273217_18162494.jpge0273217_18164218.jpg
by kirakunaie | 2011-01-29 18:12 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

基礎工事

昨日は天気にも恵まれコンクリート打設にはちょうど良い天

気でした。

写真はベースコンクリートの土間押さえとバイブレータ状況

です。このバイブレーターは生コンの空気を抜き締め固める

効果があります。バイブレーターを掛けすぎると砕石だけが

下に沈みコンクリート強度低下の原因になるので注意が必要

です。


3枚目は後日の立ち上がり型枠設置の状況です。

鉄筋の通りもよくいい基礎ができます。キッパリ!断言。

明日は寒気も緩みそうなのでコンクリート打ちも順調に進む

でしょう。

それでは、また。




e0273217_1811566.jpge0273217_18121591.jpge0273217_18123249.jpg
by kirakunaie | 2011-01-26 18:11 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

配筋検査

瑕疵担保履行法による配筋検査を受けました。

検査員は配筋を見るなり「平屋ですよね」と一言。

 それはそうですよね。地盤の強さと長期荷重を勘案すると

オーバースペックですから。

無事に検査も終了し鉄筋工事も終了。

明日は、9時からコンクリート打設です。呼び強度も27Nで

発注しました。

それでは、また

e0273217_18101574.jpge0273217_18103428.jpge0273217_18105268.jpg
by kirakunaie | 2011-01-24 18:09 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

断熱パネル

現場の方では基礎工事ですが、大工さんたちは屋根の断熱パ

ネル製作中です。

業界ではまれに見る断熱材不足で慌てふためいていますが、

昨年断熱材が入らなくなるらしい!という噂が流れた時、す

かさず1000枚もの断熱材を発注してありました。

これで施主さんに迷惑を掛けずに現場を進められます。

棟上の時点で断熱施工まで終わってしまいますから、雨に濡

れる心配が無いのと一番断熱施工の難しい屋根部分が正確に

仕上げられる最良な方法だと考えています。

来週は、生コン打設です。

氷点下に下がりませんように...。

コンクリートの温度補正をするとコンクリート単価が上がっ

てしまうので...笑い

それでは、また。


e0273217_1881888.jpge0273217_1883766.jpge0273217_188579.jpg
by kirakunaie | 2011-01-21 18:07 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

遣り方

遣り方は、建物の水平を出す作業です。

ここで間違うと水平でない建物が出来上がってしまうので最

も大事な項目です。建物の位置を出す作業をお隣の子猫に邪

魔されながらきちんと出しました。

図面の配置図は土地の測量図を元にしてあるのですが何分3

0年以上前の測量図ですから現況と誤差が出ていました。

これは測量機器の精密さが違うのと、CADと鉛筆の線の太

さから来るものと思われます。

こんな精密機械の無い時代に先人たちは、僕たちの及びもし

ない技術をもっていたんですね。

先人の建築技術者に思いを馳せながら今夜は一杯やりましょ

う。


それでは、また。



e0273217_1865493.jpge0273217_1871417.jpge0273217_1873194.jpg
by kirakunaie | 2011-01-18 18:06 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

地鎮祭

元旦に続いてまたの大寒波。

またまた雪に見舞われ道路は凍結。やっとのことで現場にた

どり着くと、神主はじめ参列者の遅れがあり1時間遅れで地

鎮祭開始です。本来なら地鎮祭が終わったあとに業者勢ぞろ

いの着工式となる予定でしたが、全員参加の地鎮祭となりま

した。


地鎮祭は、建物を建てるためにその土地を統べる土地の神様

を鎮め、承諾をいただく儀式であると共に現在では、工事の

安全を願う安全祈願祭を兼ねています。


そこにこの家の工事に携わる職人や、関係業者が集うという

ことは本当に理にかなうことでもありました。


きっといい家が建ちますよ。

それでは、また。



e0273217_1851654.jpge0273217_1853450.jpge0273217_1854986.jpg
by kirakunaie | 2011-01-17 18:04 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

外壁左官工事始まりました

新年あけまして(あけすぎかな・・・笑)おめでとう

ございます。今年も一年、工事状況報告をやっていきま

すね。

 さて、現場にはやっと左官屋さんがやってきました。

耐震補強、TIP工法のラス板の上に黒いシート(アスファル

トフェルト紙)を張り、その上にモルタルを補強するメタル

ラスを張っています。

 木楽な家の標準工法は、通気工法によるモルタル塗りとし

ています。斜めに打った木材の下に、本来の透湿防水シート

を張っていますので、もし雨が漏ってきても、この黒い

シート(アスファルトフェルト)ではなくて、さらに

その下の透湿防水シートが雨水を遮断するという仕組みに

なっています。

 やはり、鹿児島の気候風土には昔から使われてきた

このモルタル塗りが一番いいと私は考えています。

 比類無き、この左官職人の技をまた伝えていきますね。

では、また。




e0273217_20194220.jpge0273217_20195376.jpge0273217_2020479.jpg
by kirakunaie | 2011-01-12 20:19 | 瀬戸内(伊集院)の家 | Comments(0)

地盤調査

表面波探査による地盤調査。

早朝から調査を始めました。建物の解体跡ということで表層

部分は締まっていませんが振動を送り込むと解析モニターに

は、地山を示す強烈な波形が。

調査員は、「池澤さんこの宅地は大丈夫。3階建てでも改良

無しに建てられるよ。」とのこと。ホッと一安心。


調査結果が悪ければ、地盤改良に、地盤保証など100万円

近い想定外出費がでていきます。


それを考えると宅地選びというのは難しいですね。

やはり昔の地形をうかがえる地形が安心ですね。

来週から基礎工事をはじめます。

それでは、また


e0273217_1832465.jpge0273217_1835174.jpge0273217_184780.jpg
by kirakunaie | 2011-01-12 18:02 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

解体工事

田上の家はじめます。


築30年の家ここを解体し家族4人のための小さな家を造り

ます。

解体2日目

建築するのに何ヶ月もの時間を掛けたものが、解体業者の手

に掛かるとわずか2日程で跡形も無くなってしまいます。

わずか30年で消え去ってしまうものは造らないぞ!という

気持ちを新たにしました。

解体を始めてみると築30年にしてシロアリもついてなくき

れいなものです。もったいない...。

基礎の解体に入るとなんと底盤無しの無筋コンクリートの布

基礎。久しぶりに見た。

クラックも入ってないところをみるとかなりの良好地盤。

新年も明けて幸先良さそうです。

何はともあれ、今年もよろしくおねがいします。

それでは、また


e0273217_1814087.jpge0273217_182010.jpge0273217_1821465.jpg
by kirakunaie | 2011-01-07 18:00 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)