<   2008年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

仕上げ用木材の加工状況です。

仕上げに使う木材は、当社の工場で事前に加工します。

棟梁が使っている機械は、プレナーといいます。

木材の厚みを揃えたり、表面を削り平滑にする作業です。

 この状態でいったん立てかけて乾燥させます。

そして、実際に使う直前にかんなをかけてさらに平滑に

仕上げるのです。

 最後は、やはり機械の力ではなく、長年培ってきた

棟梁の人力によるものなんですよ。

 やはり、人の力はすばらしいですよね。

ちなみに、写真の幅広い板は、階段の踏み板です。

 目の詰まったメアサという杉の木を厳選して使用していま

す。この種類の木材が、最近はなかなか手に入りにくく

苦労してるんです。

 しかし、削り出すと美しい木目をしています。

使うときが楽しみです。

 まもなく、上棟です。お楽しみに。

では、また。

e0273217_16221961.jpge0273217_16223144.jpge0273217_16224168.jpg
by kirakunaie | 2008-07-30 16:21 | 志布志の家 | Comments(0)