カテゴリ:田上町の家(森山団地)( 37 )

最後の現場報告

今週土日の見学会に間に合うように、職方さんたちには無理を

聞いてもらいましたが、無事完成にこぎつきました。

あまり写真を撮ることも無く、最後点灯時の写真を貼っておきます。

暖かな雰囲気は出ているでしょうか?

後は、現地でお確かめください。

それでは、また。



e0273217_19391148.jpge0273217_1939222.jpg
by kirakunaie | 2011-05-19 19:38 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

外構工事

今週末の見学会を控えた田上の家はあとわずかな日数を残すの

みとなり、現場はフル回転です。

給排水工事、電気工事、外構工事、ウッドデッキ工事などなど

職人たちの汗の結晶を見学会で感じていただけたら幸いです。

1枚だけ、リビングの雰囲気を!


それでは、また。


e0273217_1938944.jpge0273217_19382072.jpge0273217_19383116.jpg
by kirakunaie | 2011-05-17 19:37 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

外部工事

外部足場の解体が終わると外回りの工事に入ってゆきます。

まずは、水道工事。排水管、雨水枡などの配管工事。狭いとこ

ろは機械が入らないので、人力による手堀。

ご苦労様。

表周りは外構工事。既存のコンクリート床を剥がしスロープを

緩やかに。

内部は電気工事の仕上げ工程。

あと10日。みんながんばりましょう。

それでは、また。


e0273217_19365360.jpge0273217_193751.jpge0273217_19371758.jpg
by kirakunaie | 2011-05-12 19:36 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

塗装工事

田上町の家もいよいよ塗装工事。

設計時から決めていた黒(墨色)で決定。

渋すぎるんじゃないかなと心配していたんですが木部のパイン

色との取り合いもなかなかです。

足場が解体されると外構工事に入ります。見学会に間に合うよ

うに突貫作業になりそうで怖いです。

体力がもちますように。

それでは、また。
e0273217_19355711.jpge0273217_19361358.jpg
by kirakunaie | 2011-05-09 19:34 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

幻の漆喰

外壁のモルタル塗りも終わりこれから内部仕上げ。

幻の漆喰も運び込まれ木部養生の終わった壁から塗り上げてい

きます。

いつ見ても漆喰が入ると柱や梁が生き生きと見えてくるのは気

のせいでしょうか?

いやそんなことはありません。日本の家は大工と左官がつくる

んです。これが尾堂産業のスタンダードです。

それでは、また。


e0273217_19335113.jpge0273217_1934357.jpge0273217_19341671.jpg
by kirakunaie | 2011-04-27 19:33 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

モルタル塗り(仕上げ)

外壁塗りも終わりに近づいています。

下塗りをしたモルタルの上に仕上げのモルタルが塗り重ねら

れていきます。

今ではほとんどの住宅の壁はサイディングという乾式工法全

盛となり、モルタルなどの湿式工法は、手間がかかりコスト

に合わないと敬遠されつつあります。

もっとも敬遠しているのは、施工管理する建設会社なんです

けどね。

それでも熟練の職人の手による壁は味があるとおもいません

か?

それでは、また。




e0273217_19321119.jpge0273217_19322619.jpge0273217_1932398.jpg
by kirakunaie | 2011-04-22 19:31 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

御影石

発注してあった御影石が送られてきました。

壁に貼る表面研磨された石、小口まで磨かれた石、特注の浴

室のカウンター用の石など。

とにかく重い。皆さんも腰にはご注意を!

(年の所為とは思いたくないんです)


外壁のモルタル塗りの為に土留め替わりに置いてあった大量

の砂もやっと日の目を見るところです。


それでは、また。


e0273217_1931113.jpge0273217_19311427.jpge0273217_19312571.jpg
by kirakunaie | 2011-04-19 19:30 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

家具製作3

木工事も最後を迎え家具製作も建具屋に後を引き継ぎます。

家具においても大工と建具屋の合作ということになるんです。

引き出しの取り付けを待つキッチン。

扉や、引き違い戸を待つ食器棚、照明器具を待つ本棚など。

これから現場は、左官の独壇場です。

浴室の製作工程や、漆喰塗りを紹介していきます。

それでは、また。



e0273217_1929513.jpge0273217_1930190.jpge0273217_19301124.jpg
by kirakunaie | 2011-04-13 19:29 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

家具製作 2

食器棚を造っているのは、岡野大工(息子)

大工にならなかったら家具職人になりたいとか。

楽しんで造っています。木楽な家の家具は見てのとおり家と

一体化しています。地震で倒れることはありません。

残念ながら動かせませんけれど。


2枚目3枚目は岡野棟梁(父)

壁に造り付けの本棚を造っています。見事な蟻を切って組み

立てます。

仕上がり具合は見学会でぜひどうぞ。


それでは、また。


e0273217_19281238.jpge0273217_19282963.jpge0273217_19284569.jpg
by kirakunaie | 2011-04-09 19:27 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)

家具製作中

この三角錐のドリルの歯を別名フシ太郎といいます。

これで死節を抜いてやりそこに大きな鉛筆削りみたいなもの

で削った杉の枝を埋め込んでいます。

節が多いと大変なんです。


下の写真は「雇い実接ぎ」

幅広の板はなかなか高価なのと反りやすくなります。そこで

2枚3枚と板を接合します。

接ぎ合わせ面となる両木端の共通位置に実溝(さねみぞ)と

呼ばれる溝を切り、溝にあわせて別に実(さね)を作ってこ

れを挟み、接合する方法です。

この板はキッチンのキャビネットになる側板です。

それでは、また。





e0273217_19265357.jpge0273217_192754.jpg
by kirakunaie | 2011-04-06 19:26 | 田上町の家(森山団地) | Comments(0)