カテゴリ:妙円寺の家( 7 )

妙円寺の家 完成写真をどうぞ。

妙円寺の家の完成写真をどうぞご覧下さい。車椅子スロープのある2世帯の住まいです。
e0273217_17240006.jpg

e0273217_17240417.jpg

e0273217_17241063.jpg

e0273217_17241371.jpg

e0273217_17241833.jpg
収納たっぷりの玄関です。左が下足入れ、右は収納庫です。
e0273217_17242277.jpg

e0273217_17242512.jpg
車椅子から室内へ、可動の椅子へ腰掛けて靴を脱ぎ履きします。
e0273217_17242790.jpg

e0273217_17243013.jpg

e0273217_17243264.jpg
吹き抜け空間のリビングダイニング。勾配天井は湿度コントロールのためアコースティック張りとしています。

e0273217_17243594.jpg
引き戸を開け放つと、LD、寝室、和室が一続きの大広間となります。
e0273217_17243797.jpg

e0273217_17244036.jpg
ぐるぐる回れる手作りのアイランドキッチン。背面コンロ台と分けています。
わずか35㎝の隙間ですが、すーと通れます。
e0273217_17244328.jpg

e0273217_17244537.jpg

e0273217_17244851.jpg

e0273217_17245023.jpg
背面コンロ横には、小スペースながら家事机を添えて。

e0273217_17245203.jpg

e0273217_17245448.jpg

e0273217_17245738.jpg
たっぷり収納のWCL。

e0273217_17245962.jpg

e0273217_17250268.jpg
洗面台も手作りです。

e0273217_17250595.jpg
脱衣用の収納。引き出しは、一人ずつ確保。
e0273217_17250839.jpg
造り付けの定番 木のお風呂。毎日温泉気分です。
e0273217_17251162.jpg

e0273217_17251340.jpg
車椅子のお母さん用のキッチン。

e0273217_17251542.jpg
介護ベットから専用トイレ、洗面所への動線。
衣類収納の手が届きやすい位置に。

e0273217_17251893.jpg

e0273217_17252023.jpg
ロフト2階は子供室に。
一つの大広間を造作家具で3つに分割しました。
もちろん移動可能です。

e0273217_17252267.jpg

e0273217_17252838.jpg

e0273217_17253176.jpg

e0273217_17253449.jpg

e0273217_17253756.jpg
ミシン台になる収納家具も手作り。
押し入れに収納します。

e0273217_17254025.jpg

e0273217_17254308.jpg
それではまた。





by kirakunaie | 2017-05-02 18:22 | 妙円寺の家 | Comments(0)

妙円寺の家 断熱施工をやってます。

あけましておめでとうございます。
本年もブログ更新を定期的にやっていきますので、
是非ご覧下さい。

では、早速。

妙円寺の家では、壁に「木の繊維断熱材」を充填する工事を行っています。
木楽な家の断熱材の標準仕様は、床が押出発砲ポリスチレンフォーム60㎜、
壁は、充填断熱工法で「木の繊維断熱材」90㎜、屋根は前回書いたように
「木の繊維断熱材」120㎜となります。

但し、基礎断熱工法とするバージョンもあります。これについては、1/7からの
見学会にてご説明します。どちらを選ぶかは、あなたの考え方次第です。
見学会ご希望の方は、当社ホームページのイベント情報ページをご覧下さい。

e0273217_1712684.jpg

これが「木の繊維断熱材」です。
この断熱材の優れた点は、調湿効果です。1m3のウッドファイバーで、約7Lの水蒸気を蓄える
ことができ、その範囲内で断熱性能が落ちません。また、湿度の低い冬には湿気を放出し、
湿度の高い梅雨や夏には、吸湿してくれます。

つまり、湿度をコントロールし、内部結露とカビの発生を抑制してくれるのです。
e0273217_1715442.jpg
e0273217_1721030.jpg
e0273217_1722769.jpg

その他にも、外の車の騒音等を効果的に遮り、静かな室内環境を保ってくれます。
また、天然の「木」ですから、シックハウスアレルギー対策に当然、貢献します。
安心して使える材料です。

1/7,8,9日、14,15日の姶良での完成見学会で是非体感して下さいね。
では、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2017-01-05 17:27 | 妙円寺の家 | Comments(0)

妙円寺の家 外壁下地やってます。

妙円寺の家は、外壁の下地板を取り付けています。
木楽な家の外壁は、標準仕様がラスモルタル塗りです。
下地に強度を持たせるため、斜め板張りとしています。
e0273217_11432495.jpg

ジグザクと交互に並べることで、地震や台風の力を分散させることが出来ます。
力に逆らわない、力を受け流すという考え方をしています。
e0273217_11434472.jpg
e0273217_1144222.jpg

サッシの戸袋の下地には、金属の鉄板を張り、内部に漏水しないように
処理しています。
e0273217_11441942.jpg
e0273217_11444092.jpg
e0273217_11445572.jpg

この下地板を取り付け終わると、左官屋さんがモルタル塗りの準備に取りかかります。
今年は、ここまで。また、年明けに工事を進めていきます。

今年も「木楽な家」のホームページをご覧下さり有り難うございました。
明日30日より、1/4日までお休みを頂きます。
来年もどんどん更新していきますので、どうぞ楽しみにご覧下さい。
1年間ありがとうございました。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-12-29 11:58 | 妙円寺の家 | Comments(0)

妙円寺の家 瓦工事

妙円寺の家は、瓦工事がほぼ完了しました。
木楽な家では、屋根の標準仕様は、平板の陶器瓦です。
のちのち費用が発生する塗装工事も必要ありません。
e0273217_1443614.jpg

陶器瓦の下に、交差している木が見えていますよね。
下側の縦に入っているのが、通気層です。銀色のルーフィングで反射された
暑い太陽熱を家に入れないように、この通気層を通して棟換気から外へ出しています。
これで、夏が過ごしやすくなるんです。
e0273217_1443253.jpg
e0273217_14433983.jpg

棟瓦の下に、換気する専用の部材が入っています。
この隙間から熱気を抜きます。もちろん台風の風を防ぐ工夫もしていますよ。
木楽な家の屋根には、今まで培ってきたさまざまな工夫が凝らされています。
e0273217_14435571.jpg
e0273217_14441027.jpg
e0273217_14442974.jpg

では、また。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-12-27 14:57 | 妙円寺の家 | Comments(0)

妙円寺の家 上棟しました。

妙円寺の家が無事上棟しました。
餅撒きまでの様子をご覧下さい。
1階の柱が立ち並びます。木楽な家の柱は、普通の家よりも太い12㎝角(オール4寸)です。

e0273217_18395370.jpg

木楽な家特有の大きなタルキ(4寸角)が屋根を支えます。
e0273217_1840959.jpg

このタルキの間に、木の繊維断熱材を入れ込んでいきます。
まずは、その下地となる当社オリジナルのアコースティックパネルを入れ込んでいきます。
e0273217_18402649.jpg
e0273217_18404948.jpg

このアコースティックパネルは、勾配天井の仕上げとなり、すべて見えてきます。
木の繊維断熱材に湿度コントロールをさせるために、すのこ状に隙間を空けてあります。
こうすることで、湿度の高い夏には湿気を吸い、湿度の低い冬には湿気をはき出してくれます。
e0273217_1841697.jpg

12㎝の厚みの木の繊維断熱材を隙間無く、敷き込んだら、屋根下地を張っていきます。
これで丈夫な屋根が出来上がります。
e0273217_18412227.jpg

瓦の熱を反射させるために、銀色の遮熱シートを張り、棟換気から熱気を逃がすために
通気層を確保します。
ここまで出来れば、いよいよ棟上げ式へと入って行きます。
e0273217_18413626.jpg

たくさんの方が餅撒きに参加して下さいました。福のお裾分けです。
ちなみに、棟上げ式で屋根の上に上れるのは男性のみです。(女の子は大丈夫)
天照大神(女性神)が、女性に嫉妬するためと言われています。
e0273217_18415276.jpg
e0273217_1842868.jpg

おいしいお酒を頂きながら、楽しい話に花が咲きました。
これから竣工へ向けて、大工さん達の手仕事が進んでいきます。
では、また。
e0273217_18422375.jpg

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
by kirakunaie | 2016-12-24 19:09 | 妙円寺の家 | Comments(0)

妙円寺の家 基礎工事完成

妙円寺の家は、地盤調査も終わり、基礎工事に入りました。
今回の基礎は、車椅子用のスロープも同時に作っていきますので
いつもとは少し違う形態の基礎となっています。

e0273217_1130172.jpg

砕石を敷き込み、十分転圧をしたら、鉄筋を組んでいきます。
ベタ基礎の鉄筋は、13㎜の鉄筋を15㎝間隔でクロスさせています。
鉄筋を組み終わると、まもりすまい保険の検査を受けます。
鉄筋の間隔はいいか、鉄筋どうしのつながりは適切か等、じっくりと検査をうけます。
e0273217_11303131.jpg

e0273217_1131301.jpg
e0273217_11314459.jpg

型枠を組んで、コンクリートを流し込んでいきます。
お風呂のコンクリートは、湯冷めしにくいように、断熱材を内側に入れ込んで
コンクリートを入れています。
e0273217_1132059.jpg

車椅子スロープや玄関ポーチの階段も一緒につくります。
こうすると後工程も楽になりますし、職人さんたちの出入りもスムーズにいきます。
e0273217_11321450.jpg
e0273217_11322879.jpg
e0273217_11324120.jpg

さて、いよいよ上棟作業にはいります。また、レポートしますね。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-12-23 12:02 | 妙円寺の家 | Comments(0)

妙円寺の家 着工しています。

伊集院の妙円寺にて、新しい住まいづくりが始まりました。
今回は、現在お住まいの家を解体し、工事着工します。
大きな2世帯住宅で、将来の使い勝手に不安があり、終の棲家として
使いやすく、定年退職後の利用も出来るような新しい住まいを作ります。
e0273217_16184018.jpg
e0273217_1619648.jpg

地鎮祭はあいにくの雨でしたが、テントを張って無事終わりました。
地鎮祭に雨が降ると、棟上げも雨が降るというパターンが多いのでちょっと心配です。
e0273217_16275866.jpg

地盤調査を行い、地盤の強度を確認します。木楽な家では、表面波探査試験を行います。
地中に測定波を送り込み、その反射波をコンピューターで解析します。
より広い範囲の地盤強度を確認するためです。

参考までに、体重60㎏の人が両足で立ったときが平屋の荷重で、
片足で立ったときが2階建ての荷重です。

あなたが考えている建物を想定して、土地の上に立ってみて下さい。へこむようで
あれば、地盤改良が必要かもしれません。もちろん、表面しか分かりませんけど・・・。
e0273217_16282238.jpg
e0273217_16283756.jpg
e0273217_16285141.jpge0273217_1629526.jpg

では、次回は基礎工事をレポートしますね。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-12-22 16:59 | 妙円寺の家 | Comments(0)