カテゴリ:加治木星原の家( 12 )

星原の家完成写真をどうぞ

星原の家完成しました。

加治木の田園風景の中に建つ家族4人の家です。
e0273217_10544711.jpg
e0273217_10551414.jpg
e0273217_10553445.jpg


この家の大きな特徴は南と北に大きく開いた全開口の窓から眺められる
季節によって装いを変える田園の眺めです。
気持ち良い風が通り抜けますよ。
e0273217_10554546.jpg
e0273217_10555764.jpg
e0273217_10561282.jpg

久しぶりのタイル貼りのキッチンの壁。
少しいびつなタイルが柔らかさを感じさせます。

e0273217_10562683.jpg

この家の司令塔になるキッチンにはワークデスクを設えました。
e0273217_10563462.jpg
洗面所に隣接したクローゼット
洗面所與クローゼットの中間には洗濯干し場への勝手口が。
家事を軽減させる動線のひとつです。

e0273217_10565428.jpg
e0273217_10593172.jpg
e0273217_10593795.jpg

寝室には二畳の書斎が併設されました。
子供達はこの部屋が大好きです。
e0273217_10594406.jpg
e0273217_11000398.jpg

狭くて天井の低い書斎は心を落ち着かせる空間です。
e0273217_10595094.jpg

by kirakunaie | 2017-05-03 11:11 | 加治木星原の家 | Comments(0)

完成しました。

星原の家完成しました。
ブログの更新もできませんでしたが、現場はしっかり進行してました。
それで、お施主様のご厚意で見学会を行います。
急ですが明日、明後日の1日、2日です。

e0273217_19160002.jpg
ゆったり時間が流れる田園風景を借景とし北と南に庭を設えました。
全開口の大きなサッシを開け放つと気持ちの良い風が通り抜けます。
楽しい生活が始まります。
e0273217_19155533.jpg
ご希望の方は是非お出で下さい。

見学会場 
姶良市加治木町木田2836 国道10号バイパス
ファッションセンターしまむら加治木店裏



by kirakunaie | 2017-03-31 19:17 | 加治木星原の家 | Comments(0)

内部左官工事始めました。

星原の家は木工事も終了し左官が入ってきましたよ。

親父はまず浴室の御影石、サーモタイル貼りと浴室を完成させていきます。
e0273217_18513246.jpg
2代目は漆喰塗の養生から始まり外周部の砂漆喰塗りを始めましたよ。
e0273217_18514759.jpg
この砂漆喰の乾燥を待って更に仕上げ塗りと壁を作りますよ。
e0273217_18513639.jpg
e0273217_18520747.jpg
e0273217_18521209.jpg
木だけの家に漆喰が入ると部屋が明るく光を反射し柔らかな表情へと一変しますよ。

現場でこの瞬間に立ち会うのが私は大好きです。

台所の壁に最近珍しくタイルが貼られます。カチッとしたスクエアなタイルではなく手焼きの様な

表面のデコボコした柔らかな印象を与えるタイルです。
e0273217_18540621.jpg
ここに木のキッチンが入るとどんなキッチンへと変わるでしょうか?楽しみです。

現場は完成へ向けて毎日大きく変わっていきます。

それでは、また。

by kirakunaie | 2017-03-15 18:54 | 加治木星原の家 | Comments(0)

家具工事

現在、星原の家は家具工事の真っ最中です。
建具屋さんのパネルソーで正確にカットされたJパネルが運び込まれ
大工さんの手によって現場で組み立て、取付へと作業が進みます。
e0273217_17544540.jpg
e0273217_17543611.jpg
オリジナルの食器棚やカウンター、TVカウンター、洗面収納、ウォークインクロゼットなどが
着々と作られていますよ。
e0273217_17545483.jpg
e0273217_17550676.jpg
e0273217_17551836.jpg
なにも無かった部屋に家具が組まれると途端に機能的な空間へと変貌を遂げます。
これに建具屋さんの手作りの扉が取り付けられ完成していきます。
e0273217_17560715.jpg
e0273217_17561587.jpg
e0273217_17562138.jpg
もう少しで左官による漆喰塗が始まります。
それでは、また。

by kirakunaie | 2017-03-02 17:57 | 加治木星原の家 | Comments(0)

職人さん達あつまる!

だいぶブログさぼってましたが現場は着々と進行していますよ。

浴室は檜の壁や天井が出来上がり、床や壁の防水工事が入ってます。
FRP防水といい、船やベランダの床などに使われる防水仕様です。
硝子繊維を貼り、樹脂で固めるという工程を2層にかけて行いますよ。木楽な家の浴室は
在来のお風呂ですが、床下を作り将来の排水や給水管の更新を可能にしています。
e0273217_17471943.jpg
e0273217_17472540.jpg
内部は階段の作成に入りました。今回は直階段。棟梁も少し余裕が感じられます。笑
e0273217_18034667.jpg
e0273217_17473256.jpg
e0273217_18041170.jpg
e0273217_18045308.jpg
外周部の壁も砂漆喰仕様で下地板が貼られていきます。この隙間が漆喰壁の強度を増し吸放湿性の
性能を高めていますよ。
e0273217_18052845.jpg
外部は左官がモルタル塗り。
写真は2週間前の下塗り状況ですが、今日は目地棒の取付をやってます。
クラック防止とモルタルの厚み調整。
e0273217_17470778.jpg
e0273217_17471461.jpg
現場は3月末の完成に向かって頑張ってます。
それでは、また。

by kirakunaie | 2017-02-21 18:06 | 加治木星原の家 | Comments(0)

上棟式

星原の家はお正月明けて2週目に上棟式を迎えました。
昨年末に建て方をやって順調に工程をこなして瓦まで葺き終わったところです。
暖かかった年末年始から急に冷え込みましたね。
e0273217_15504712.jpg
e0273217_15504237.jpg
e0273217_15504485.jpg
たくさんのお餅やお菓子、おひねりが用意され集まった皆さんに福のおすそわけです。

餅まきが終わると室内に移り直会(なおらい)が始まりです。
e0273217_15474273.jpg
床の断熱まで終わっていましたが壁は防水透湿シートとラス板斜め貼りだけの状態でしたが
サッシが入り石油ストーブ一台で結構暖かくなりました。
e0273217_15472959.jpg
一生に一度の上棟式です。家づくりの良い思い出にしていただけたでしょうか?
これから壁の断熱工事にはいります。それでは、また。


by kirakunaie | 2017-01-17 15:52 | 加治木星原の家 | Comments(0)

建て方始まりました。

星原の家は年の瀬も押し迫った時期ではありますが、建て方が始まりました。

天気も好天がなかなか続かない中、雲り空と相談しながらの現場になりました。

一日目は家の軸組みを屋根垂木まで、二日目は雨仕舞いまで行きましたよ。

それでは、一連の写真をどうぞ。
e0273217_17540148.jpg
e0273217_17511435.jpg
柱の垂直を確認しています。いろんな道具がありますがこれは下げ振り。
おもりの付いた糸をぶら下げ垂直をみます。昔ながらのシンプルな道具です。
e0273217_17540131.jpg
8寸角(24cm角)の大きな大黒柱を慎重に建て込みます。
無節のメアサ杉。貴重品です。

e0273217_17511398.jpg
e0273217_17511428.jpg
JPウォール。杉板の落とし込み板倉工法。
高い壁倍率を誇り地震に備えます。


e0273217_17511387.jpg
e0273217_17511519.jpg
e0273217_17511675.jpg
e0273217_17511149.jpg
濡らさずに無事雨仕舞まで終了!

e0273217_17512976.jpg
e0273217_17513154.jpg
e0273217_17512727.jpg
新年早々上棟式の予定です。決まったらお知らせします。お近くにお住まいの方は
加治木のファッションセンターしまむらの裏手が現場です。
餅を拾って福をおすそわけしてもらって下さいね。

それでは、また。 良いお年を!

by kirakunaie | 2016-12-28 18:08 | 加治木星原の家 | Comments(0)

墨出し

星原の家は、基礎工事も終り充分な養生期間を置いて建て方の準備に入りました。

構造材のほとんどはプレカットできるのですが、木楽な家は構造材表しのスッピンの家です。

機械にできない部分は大工の手にかかり建具の溝シャクリや大黒柱の加工を済ませましたよ。

足場の掛った現場に加工が済んだ土台や柱が運ばれました。
e0273217_18254481.jpg
e0273217_18261374.jpg
e0273217_18255262.jpg
アコースティックパネル製作も手慣れてきて以前より半分の時間で完成し、空いた時間で墨を打ちます。
e0273217_18211381.jpg
e0273217_18211107.jpg
e0273217_18211290.jpg
建物で一番大事な直角を正確に基礎に落としていくのです。

何度経験してもこれからの始まりを予感してワクワクします。

来週は空模様が怪しいですが天気と相談しながらの現場をレポートしますね。

それでは、また。

by kirakunaie | 2016-12-17 18:28 | 加治木星原の家 | Comments(0)

基礎工事

瑕疵保証の配筋検査が終わるとコンクリートを打設しますよ。
耐圧盤となる基礎のベースは、面積が広いのでクレーンを使います。
e0273217_15515462.jpg
鉄筋の保護をするコンクリートは鉄筋の被りを確保し規定の厚みになるようにところどころに
テープで印を付けています。
e0273217_15515312.jpg
e0273217_15515572.jpg
e0273217_15515135.jpg
充分にバイブレーションをかけてコンクリートを打っています。
5時間ほどおいて水分が引いてくると金コテで平滑に押さえています。

e0273217_15515096.jpg
e0273217_15514899.jpg
翌日には立ち上り型枠の墨を打ち、型枠を設置してまたコンクリートを打つ作業が続きます。
コンクリートの打設は時間との勝負ですよ。
コンクリートプラントで練られた生コンは25℃以上では90分以内に打ち終わらないといけないのです。
これは、コンクリートの品質を確保するためです。
e0273217_15514643.jpg
土地を選ぶときはコンクリートプラントからの時間も確認することが大事ですよ。
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-12-05 15:53 | 加治木星原の家 | Comments(0)

配筋検査受けました。

基礎工事も順調に床堀、砕石地業、配筋と進みコンクリート打設前に
住宅保証機構による瑕疵保証の配筋検査を受けましたよ。
e0273217_18291137.jpg
これは、設計通りの配筋や、鉄筋の太さ、ピッチ、コンクリートの被り寸法、
補強筋の設置などを入念にチェックする検査を受けます。
e0273217_18290947.jpg
e0273217_18290748.jpg
e0273217_18290534.jpg
コンクリートを打たれたら見えなくなってしまう部分ですから重要な検査項目ですね。
もちろん、底盤に配筋した鉄筋ピッチは安全率をはるかに超えていますから文句なく合格でした。
e0273217_18290361.jpg
次回の検査は、防水工事が確認できる時期に構造体や耐力壁、耐震金物の設置状況の検査を受けていきます。
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-11-30 18:30 | 加治木星原の家 | Comments(0)