カテゴリ:姶良木田の家( 27 )

完成しました

木田の家は5カ月の工期を経て完成しました。
仕上工事にかかりきりでなかなか更新できませんでしたが
少しご紹介!
e0273217_18463407.jpg
e0273217_18375207.jpg
e0273217_18375439.jpg
e0273217_18465506.jpg
e0273217_18380092.jpg
e0273217_18464548.jpg
木楽な家の夜の表情です。
住まわれるご家族がゆっくり癒されて楽しい生活を始めて欲しいです。
それでは、また。


by kirakunaie | 2017-02-06 18:49 | 姶良木田の家 | Comments(0)

戸袋造ってます

木田の家は外壁の塗装も終り、大工がまた帰ってきました。
今回は、雨戸の戸袋作成の為です。
アルミの戸袋では味気ないのでここも杉板で造りますよ。
e0273217_15384455.jpg
e0273217_15384933.jpg
e0273217_15385309.jpg
e0273217_17485867.jpg
もう一つの見どころは全開口の大きな雨戸。
これまでは木で戸袋を造り中身はアルミの雨戸を使用していましたが
今回は1枚の大きな戸板雨戸。
これは、戸袋と雨戸を1枚で兼用しようという試みです。
e0273217_17484898.jpg
e0273217_17485387.jpg
とても大きく重いのでどうなるかと心配しましたが頑丈な戸車のおかげで
女性でも大丈夫。鍵も掛けられます。
ヨカッタ!!

ここもあと少しで完成です。
それでは、また。

by kirakunaie | 2017-01-24 17:49 | 姶良木田の家 | Comments(0)

漆喰塗

木田の家は大工工事も終り左官がはいりました。

新世代土壁として木の繊維断熱材の上に木摺を打ち、そこに砂漆喰を下地として塗り込んでいきます。
e0273217_17494252.jpg
e0273217_17494691.jpg

板の隙間にガッチリ食い込むように塗り付け乾燥を待ちます。
e0273217_17495079.jpg
e0273217_17495466.jpg

更に仕上げとして漆喰の上塗りを施すと水蒸気の移動が可能な壁として完成します。

2~3mm厚の漆喰の調湿効果に比べると木の繊維断熱材の調湿効果がプラスされ、はるかに優れた機能的な壁が出来上がりました。

木の繊維は吸音効果も高いので外の音が気にならないのもいいですね。


漆喰が入ると家の表情はとたんに柔らかく優しげな表情を見せます。たくさんの職人の手仕事が木楽な家を造ります。


完成に向け作業は進みます。

次回は浴室の仕上げをレポートしますね。

今年もよろしくお願いいたします。それでは、また。

by kirakunaie | 2017-01-10 17:55 | 姶良木田の家 | Comments(0)

建具工場にて打合せ

家具工事の為に建具屋さんにて打合せ。

建具工場は建具だけでなく、家具製作まで出来る機械が所狭しと据え付けられていますよ。
見ているだけで楽しくなります。

いったい何をどう加工するのか分からないような年季の入った機械でしょう?
e0273217_17495177.jpg
e0273217_17494248.jpg
e0273217_17500872.jpg
e0273217_17495905.jpg
e0273217_17502976.jpg
e0273217_17502156.jpg

工場では職人さんが東坂元の家の建具を作っています。

細やかな職人の手さばきを見ていると現場とは別の場所で家造りに真剣に関わってくれているのが

うれしくなりますね。
e0273217_17504371.jpg
e0273217_17505604.jpg
e0273217_17512160.jpg
e0273217_17510786.jpg
ここでは、建具、キッチン、家具用のJパネルのカットを行っていきます。

それでは、また。


by kirakunaie | 2016-12-10 18:01 | 姶良木田の家 | Comments(0)

外壁モルタル塗り

ラスモルタルの下塗りの養生期間を充分取った現場に久しぶりに左官が帰ってきましたよ。

目地棒を取り付けて上塗りの開始です。
e0273217_19031324.jpg
e0273217_19031110.jpg

最近は、モルタル塗りの壁も大壁で仕上げ目地無しの所も増えましたが、木楽な家は目地を取ります。

モルタルに入るクラックを目地に集中させるのと、上塗りの厚みを確保するのと壁の不陸を無くすためです。
e0273217_19031072.jpg
e0273217_19030820.jpg
e0273217_19030668.jpg
モルタル壁を斜めから見ると上手な左官の壁は垂直できれいに仕上がってますよ。

モルタル壁を見たら斜めから見てみて下さい。結構でこぼこした壁も多いんですよ。

外壁が終わると、内部の漆喰塗りや浴室の仕上げにかかります。

それでは、また。

by kirakunaie | 2016-12-02 19:04 | 姶良木田の家 | Comments(0)

ヒノキ板貼りの浴室

木田の家は浴室の施工に入りましたよ。

一般の住宅のお風呂はユニットバス全盛ですが、木楽な家のお風呂は、大工と左官による
手作りのお風呂が標準です。
e0273217_18301606.jpg

もちろん、好き好きがありますからユニットバスも選べますよ。

私の自宅の風呂も14年になりますが、板を貼り替えなければならないような傷みはありませんよ。
現場は、浴室の土台作りから始まります。
将来の配管などの更新に備えて床下は点検スペースがありますよ。
e0273217_18292619.jpg
e0273217_18290602.jpg
床ができると壁にヒノキ板を貼りますが、一番大事なことは壁の中に湿気を入れないことです。
防湿シートを必ず正確に施工することが肝心ですよ。
e0273217_18285281.jpg
e0273217_18284469.jpg
e0273217_18284018.jpg

今度は床や壁のFRP防水をレポートします。
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-11-29 18:33 | 姶良木田の家 | Comments(0)

造作工事

木工事も大詰めに近づきました。

もう完成?

いえいえ、これから家具工事が始まりますよ。

大工と建具屋さんのコラボレーションです。

Jパネルの杉板のカットと建具は建具屋さん。

建具屋さんの工場にはパネルソーという大型機械がありこれは材料を大量に

まっすぐに、更に直角のカットが正確にできるんです。

これによって、正確にカットされた材料を大工さん達が現場で組み上げていきますよ。

来週からは家具工事に入っていきますよ。


現場は柱をノミで刻み手摺板をはめ込むための手仕事をしています。

大壁の家では見られない仕事です。
e0273217_18494795.jpg
e0273217_18493790.jpg

出来あがるとどうやって入れたんだろう?と思うきれいな仕上がりです。

この家に住まう家族が喜んでくれるといいなあと思う瞬間です。
e0273217_18502014.jpg
e0273217_18502643.jpg
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-11-17 18:51 | 姶良木田の家 | Comments(0)

木工事再開

先週現場は日吉の家の外構工事(巨大なウッドデッキ製作)の為社長より

大工応援を求められ日吉の家に出稼ぎ(?)に行ってもらいました。

その為木工事は中断の憂き目を見ていましたが、無事にデッキ製作を済ませ

月曜日より復帰しましたよ。

早速袖壁や建具が取り付く方立ての加工が始まりました。

やはり、大工のいる現場は活気があっていいですね。
e0273217_18212304.jpg
e0273217_18211801.jpg


昨日はインテリアコーディネーターを交え色決めの第1回目の打合せ。

外壁はしっかりとしたイメージを持たれていたのですんなりと決定!

白い外壁に木の軒裏や雨戸の戸袋がしっかりと映える外観になり、出来上がりが楽しみです。

後は浴室の御影石やタイルの選定、照明のイメージ聞き取りなどあっという間の3時間に及ぶ打合せが終了。

次回は照明器具の選定に入りますよ。

それでは、また。

by kirakunaie | 2016-11-14 18:22 | 姶良木田の家 | Comments(0)

モルタル塗り開始しました。

モルタル塗りの下地が終わった現場には左官が材料を搬入してモルタル練りを始めましたよ。

練っているモルタルは下塗りの材料です。
e0273217_14035864.jpg
軽量モルタルを作る為に軽量骨材とセメントと水だけで練りますよ。

軽量骨材とはたとえて言うと発泡スチロールを粉々にミキサーにかけたようなふわふわした材料です。

風が吹くと飛び散るのでミキサーにも蓋をして練ってます。少しでも壁にかかる重量を落とす為です。

ダイエットは家にも必要ですね。笑
e0273217_14035212.jpg
e0273217_14041134.jpg
e0273217_14040495.jpg
仕上げのモルタルは軽量骨材の代わりに強度を出すため骨材は砂を使います。

今日の工程は下塗りなので外壁全面に下塗りを施します。
e0273217_14041855.jpg
e0273217_14043111.jpg
e0273217_14054601.jpg
上塗りは2週間ほど乾燥期間をおいてまた後日です。

こういう手間を惜しむと乾式工法のサイディング貼りになってしまうんですね。

やはり、職人の手によって作られた壁は質感や風合いがいいですよね。

(波形ラスを使うとモルタルの塗り厚が2倍以上増えるので大変!とは現場の声でした。)

それでは、また。

by kirakunaie | 2016-11-05 14:11 | 姶良木田の家 | Comments(0)

やっと形が...

先日からレポートしていた廻り階段もやっと形が見えてきましたよ。
e0273217_17055207.jpg

直階段なら悩まず図面通りカットして組み上げるのですが、今回は

廻り階段それも2か所。木楽ないえのプランでは初めての提案です。

廻り部は柱との兼ね合いがありますから何度も仮組みしては削り直しと

結構、ストレスのかかる仕事になりました。
e0273217_17051909.jpg
e0273217_17054147.jpg
e0273217_17051301.jpg
e0273217_17085193.jpg

大壁なら傷も隠れますし柱のとり合いが無いので気は使わずに済むんですが

真壁は柱も廻り階段の一部になるんです。

失敗したら柱の取り換えがききませんから大変でした。

今週末には完成しますかね。
e0273217_17062218.jpg
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-11-03 17:09 | 姶良木田の家 | Comments(0)