カテゴリ:東坂元の家( 9 )

東坂元の家 完成写真をどうぞ。

東坂元の家の完成写真です。
年末につき見学会が出来なかったので、どうぞたっぷりとご覧下さい。
1階23坪、2階8.5坪 合計31.5坪の平屋ベースの小屋裏2階。2階部分にはあまりコストをかけずに
1階を充実させた住まいです。
 圧巻は、住まいと併設させた木製カーポートです。屋根をポリカ板とし、リビングに光りを取り入れながら
濡れずに室内へ入れます。
e0273217_14272428.jpg
e0273217_14273786.jpg

木製カーポートの奥にある勝手口から室内へと入ります。
e0273217_14275316.jpg
e0273217_1428823.jpg
e0273217_1428217.jpg
e0273217_14283713.jpg
e0273217_1428522.jpg

たっぷりと収納出来る標準仕様の下足入れです。
e0273217_1429767.jpg
e0273217_14292383.jpg

玄関にはいつも引き戸を入れています。閉じることで冷暖房の効きが
とても良くなります。
e0273217_1429387.jpg
e0273217_14295742.jpg

洗濯機の上には、乾燥機や収納がほしい。洗面台の上にはもちろん鏡がほしい。
どちらも満足させた、鏡引き戸を仕込みました。マジックのように鏡が出てきますよ。
1坪の洗面脱衣室には、収納がいっぱいです。
e0273217_14302766.jpg
e0273217_14304359.jpg
e0273217_14305917.jpg
e0273217_14311218.jpg

手元が見えないようにカウンターを少し高めにしました。
キッチンを壁に付けずに40㎝だけ離してあります。こうするだけでグルグル
回れるキッチンが出来上がります。とっても便利!
e0273217_14312928.jpg
e0273217_14314265.jpg

もちろん食器棚もキッチンもオリジナル木製です。たっぷりと収納をとっています。
e0273217_14315653.jpg
e0273217_1432111.jpg

木製カーポートからの入り口です。ミニ下足入れも設置してあります。
奥様お気に入りの照明をセット。
e0273217_1432252.jpg
e0273217_14324456.jpg

天井の高いリビングには、エコシルフィーを標準装備。
冷暖房の効率がとっても良くなりますよ。
e0273217_1433991.jpg
e0273217_14332699.jpg
e0273217_14334119.jpg
e0273217_14335777.jpg

和室とリビングは大きな大黒柱でつながります。
e0273217_14341498.jpg

寝室には下窓をつけて、夏場エアコンなしでも涼しく寝られます。
吊押入には、本来3枚戸のところを2枚の大きな引き戸にして収納しやすくしてあります。
e0273217_14342976.jpg
e0273217_14344527.jpg

ご主人の書斎はタタミ1枚。この空間が宇宙なのです。うらやましい!
e0273217_1435159.jpg

2階の子供室は細かく区切らずオープンに。いろんな使い方ができるのでお勧めです。
e0273217_143518100.jpg
e0273217_14353756.jpg

本棚の背面に、冷気止めの引き戸を仕込んであります。高さ80㎝ですが、これだけでエアコン
の冷房の効き目が違いますよ。
e0273217_14355247.jpg
e0273217_1436723.jpg

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-12-22 15:22 | 東坂元の家 | Comments(0)

東坂元の家 上棟式

東坂元の家は、無事上棟式を向かえました。
住宅に併設した木造カーポートも棟が上がり、全体が見えてきました。
e0273217_18311387.jpge0273217_1831369.jpg

今回の棟上げ式はいつもと違い、神主さんにお祓い・清めの儀式を
行ってもらいました。

e0273217_18373545.jpge0273217_18381533.jpg

e0273217_1840495.jpge0273217_18411651.jpg

最後は、屋根の上で御神酒をいただき、恒例の餅撒きです。
福をみんなにも分けてあげながら、無事の竣工を祈りました。
撒いたおひねりには、当たりくじが入っていたようで、いろんな景品が
用意されていましたよ。
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-08-12 18:45 | 東坂元の家 | Comments(0)

東坂元の家 上棟しました。

東坂元の家が、無事上棟しました。
「木楽な家」の骨太な柱や梁が組み合わさっていきます。
e0273217_19291518.jpge0273217_1929399.jpg

所々に見える木の壁は、Jパネル耐力壁です。耐震強度を算定するのに使う、壁倍率が4.6倍という
最高ランクの強度を持った壁です。強い地震が来ても、柱と梁の間に落とし込まれたこの壁はびくとも
しないでしょう。

e0273217_19391482.jpge0273217_19393811.jpg

木楽な家特有の太いタルキの間に、はめ込まれた「アコースティックパネル」です。
木と木の隙間から差し込む、スリットの採光がなんとも涼しげでしょう。
この上に「木の繊維断熱材」が入り、夏を涼しく過ごすための「湿度コントロール」の仕組みが
出来上がります。

e0273217_1946214.jpge0273217_19463854.jpg

屋根には、さらに熱を反射させるため、遮熱ルーフィングを乗せ、その上には空気の層を
つくります。
これで、夏の暑さ対策と湿度コントロールの仕組みを兼ね備えた木楽な家オリジナル
屋根の完成です。
11日の上棟式に向け、さらに現場は進みます。
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-08-09 19:52 | 東坂元の家 | Comments(0)

東坂元の家 土台敷き込み開始です。

東坂元の家は、外部足場が設置され、プレカット材も現場に
到着し、大工さんが土台敷き込みをはじめました。

e0273217_18574128.jpge0273217_18581165.jpg

基礎工事で打ったコンクリートと建物の位置を合わせるために、墨出し
を行います。左の写真を見るとコンクリートの外側に沿って黒い線が
見えますね。これが、墨出しです。直角と建物の形を出しています。
きれいに基礎と合っていますね。これがいい仕事なんです。

e0273217_194331.jpg

そして、基礎から出ているアンカーボルトと木の土台をつなぐために
位置を確認し、取り付けていきます。
こうして、コンクリートと木が一体となります。

e0273217_195372.jpg


来週月曜から上棟作業に入っていきます。
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-08-06 19:11 | 東坂元の家 | Comments(0)

東坂元の家 基礎工事が完了しました

東坂元の家は、基礎工事が完了しました。

この木楽な家が建つ場所は、鹿児島市の中心部から近い街の中ですが、
自然に囲まれた静かで気持ちの良い場所です。
e0273217_06592981.jpg
ただし、その分東側に斜面があり(写真奥)、これががけに該当する為、がけから住宅までの距離を離し、
その間の部分を2台分の駐車スペースとして確保し、住宅部分との離隔を確保しています。

あなたが土地を探すとき、もし近くに斜面等がある場合には、建築の専門家に先に
相談して進めることをお勧めします。
e0273217_06595099.jpg
コンクリートの養生のために数日間期間をおいて、足場の組立、土台敷込に入っていきますよ。

それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-08-02 07:47 | 東坂元の家 | Comments(0)

東坂元の家 構造材のプレカット加工が進んでいます。

東坂元の家は、プレカット工場での構造材加工が進んでいます。
現場では基礎工事が進んでいますが、今日はプレカット工場からのレポートです。

写真で積んであるのが、今回使用する柱材です。
木楽な家の柱はオール4寸(12cm)の骨太構造です。
e0273217_06444558.jpg
土台や桁に差し込む仕口の加工が完了し、
これから超仕上と呼ばれる、表面をつるつるに加工する機械にかけるところです。

手刻みの加工場にも材料が運び込まれています。
機械で加工できない部分を工場専属の職人が加工します。
e0273217_06445497.jpg
こちらは当社の大工がプレカット工場で手加工を行う材料です。
建具をはめるための溝など、組み上げてからではできない作業なので
現場での加工を極力少なくするために、特殊な納まりの加工はプレカット工場で行うように工夫をしています。
e0273217_06450177.jpg
家の中心に立てる8寸(24cm角)の大黒柱も搬入されました。
プレカット工場に運び込んだところ工場の方も「うーん、いい柱ですねー!」
と唸っていました。
e0273217_06443538.jpg
来週で基礎工事を完了して、これらの材料を現場に運び、建て方の準備に入っていきますよ。
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-07-31 11:16 | 東坂元の家 | Comments(0)

東坂元の家 基礎配筋が完了しました

東坂元の家は、基礎の配筋が完了しました。

べた基礎の土間と立上りの鉄筋が組まれました。
e0273217_20102876.jpg
配筋が完了したあとは、住宅瑕疵担保履行法によるまもりすまい保険の配筋検査が行われました。
e0273217_20111115.jpg
鉄筋が図面通り組まれているか、型枠と鉄筋の離れがとれているかなど、
入念に検査していきます。

いよいよ明日は、土間コンクリートの打設です。
それでは、また。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-07-28 07:36 | 東坂元の家 | Comments(0)

東坂元の家 土壌処理を行いました

東坂元の家は、基礎工事が進んでいます。
砕石の敷込みが完了し、白蟻の土壌処理を行いました。
e0273217_20051592.jpg
木楽な家の標準仕様では、防蟻対策として土壌処理は通常行っていませんが、
今回は、周辺の建物が白蟻の被害にあっていることなどから、建て主さんの
強い要望により、行うこととなりました。

では、その様子を見ていきましょう。
土間コンクリートの下には、砕石を敷き詰めて転圧します。
この砕石に白蟻対策の土壌処理材を散布します。

住宅金融支援機構の仕様では、べた基礎で厚さ100mm以上の土間コンクリートを施工することで白蟻対策として有効とされています。
これに対して木楽な家では、厚さ150mmの土間コンクリートを打設するので、十分な厚さとなります。

ガントナーSCと呼ばれる土壌専用の処理材を使います。
目に見えないようなとても小さいマイクロカプセル剤の入った液体をまんべんなく散布していきます。
e0273217_20060535.jpge0273217_20063875.jpg
特に基礎の立上りになる部分の周辺を入念にかけることと、隙間がないように塗り重ねることがポイントです。
今回は全体に3回塗布しました。

このマイクロカプセルを白蟻が食べたり、ぶつかったときにカプセルが破れて白蟻に効果を発揮します。

土壌処理をしたあとは、土間用のポリエチレンフィルムを敷き詰めていきます。
こちらも隙間なく、破れないように敷き詰めていくことがポイントです。
e0273217_20053943.jpg
ポリエチレンフィルムを敷き詰めたあとは、鉄筋を組んでいきますよ。
明日は、住宅瑕疵担保履行法によるまもりすまい保険の配筋検査です。

建て方に向けて基礎工事が進みます。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-07-27 07:42 | 東坂元の家 | Comments(0)

東坂元の家 地鎮祭が行われました

東坂元の家が着工します!

いよいよ夏到来といった暑さですね。
さんさんと降り注ぐ太陽のもと地鎮祭が行われました。
e0273217_22115829.jpg
東坂元の家は、2階建木製カーポート付の木楽な家です。

敷地のかたちが特徴的で南側に隣地建物があり、どこを眺めて生活すると気持ちが良いか、
どんな風に光や風を取り込むかなど、土地との関係にも工夫がいっぱいです。

ほかにも御主人専用1帖の楽座、洗面所の鏡開閉収納、寝室の吊押入などなど、
アイデアがたくさん詰まった住まいになりますよ。

地鎮祭に先だって、地盤調査が行われました。
当社おなじみの表面波探査試験です。
e0273217_22105527.jpg
左側の機械で地面に振動を与え、その波の跳ね返りを右側のセンサーで読むことで、
地盤の固さを判定します。
e0273217_22110059.jpg
建物の四隅と中央の5点を測定し、地盤の強度と、全体のバランスをみます。
全体的に強くても、一部が弱いと建物がバランスを崩すことがあるからです。

今回は、表面が元々樹木が根をはっていたので柔らかくなっていましたが、
そこから下は昔からの地山で、強い地盤だったので、地盤改良の必要はなく、
表面の土を十分に締め固めてから基礎工事をしていきます。

まずは土工事、基礎工事がはじまりますよ。

それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
木楽な家 現場レポートをご覧いただいている皆様にお知らせです!

現場レポートを更新してきました東持田の家がいよいよ完成します。
完成見学会を開催しますので、「サラッとした夏を過ごせる家」を体感しましょう!

見学のお申込みはお電話またはコチラからどうぞ。

日時:7/23(土)、24(日) 10:00~17:00
詳しくはチラシをご覧ください。
e0273217_07432506.jpg
東持田の家 現場レポートはコチラからどうぞ!
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-07-23 07:51 | 東坂元の家 | Comments(0)