カテゴリ:姶良モデルⅢ( 29 )

姶良モデル3 現代版「土壁」砂漆喰塗の工事がはじまりました

姶良モデル3では、現代版「土壁」砂漆喰塗の工事が始まりました。
e0273217_07460439.jpg
外壁周りの壁がより呼吸できるように、下地を杉板のきずりとし、
砂漆喰で下地塗りをしていきます。

通常は、石膏ボードを張って、その上に直接仕上げの漆喰を塗っていますが、
断熱材として使っている木の繊維断熱材の調湿性能をより高めるために、
試行錯誤を繰り返した末に、作り出した「木楽な家 オリジナル調湿漆喰」です。

1人が塗り込んで、1人が追いかけるように下塗りを仕上げていきます。
e0273217_20020586.jpge0273217_20024221.jpg
1面1面丁寧に、あっという間に塗られていきます。
e0273217_20031340.jpge0273217_20030510.jpg
木ずりの隙間に砂漆喰が食い込んでいるのがわかるでしょうか。ここに食い込むことで、漆喰が壁に密着します。
これこそ、まさに現代版の土壁です。

隙間から見えているのは、木の繊維断熱材です。

湿気を透過させて、室内を快適にするしくみは、この暑い夏を乗り切るための必須アイテムとなることでしょう。
新たな調湿壁の完成です。

下地塗りのあとは、数日乾燥させて割れを発生させて、仕上げ漆喰塗りをしていきますよ。
それでは、また。

by kirakunaie | 2016-07-30 07:58 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)

姶良モデル3 外部の塗装工事が進んでいます

姶良モデル3では、外部の塗装工事が進んでいます。

破風と呼ばれる屋根の端部と軒天の塗装が完了しました。
e0273217_20172374.jpge0273217_20172724.jpg
木目を生かした浸透する塗料で木材を保護します。

e0273217_20174205.jpg
玄関横の下屋根の部分も塗装が完了しました。

玄関周りは漆喰仕上げの準備が進んでいます。
e0273217_20173419.jpg
モルタルの目地に漆喰を塗って、下処理をします。

いよいよ内部は、現代版「土壁」砂漆喰塗をしていきますよ。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-07-29 07:35 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)

姶良モデル3 外部の塗装工事が進んでいます

姶良モデル3では、外部周りの塗装工事が進んでいます。

しっかりと養生を行い、今回のモデルでは軒天を白く塗っていきます。

木楽な家の標準は杉板張に木に浸透する塗料を塗っていましたが、
姶良モデル3ではエクセルボードという防火板の上に塗装する仕上としています。

e0273217_20045499.jpg
木部や外壁との取り合いの際の部分を綺麗に塗れるかは、職人の腕によって
変わると言います。特に養生の美しさは、そのまま塗装の綺麗さに反映しますよ。

養生のうまい職人ほど、いい仕事をします。
あなたが現場を見るときには、そこが、チェックポイントですよ。
e0273217_20050238.jpge0273217_20050751.jpg
四周の軒天の部分が塗られました。
このあとは、下屋根の天井の塗装と、外回りの木部を保護するための塗装をしていきますよ。

仕上工程がまだまだ進みます。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


by kirakunaie | 2016-07-25 20:07 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)

姶良モデル3 1階の天井仕上げが完了しました。

姶良モデル3では、天井の仕上げが張られました。

姶良モデル3では、1階の天井に湿気を吸放出することができるモイスという材料を張っています。
木楽な家では、杉板の天井を基本としていますが、姶良モデル3では新しい試みとして白い仕上げ材料を張っています。

壁の砂漆喰が白く塗られたときにどんな表情として見えてくるか、楽しみです。
e0273217_21022893.jpge0273217_21023426.jpg
さて、外部では、モルタル塗りの外壁の仕上げが完了しました。
面積は小さいですが、その分、左官職人の腕の見せ所をつくっています。
e0273217_21024760.jpge0273217_21030419.jpg
玄関ポーチの一番目につくところを丸く仕上げています。
とっても美しいカーブで、撫でたくなるような仕上りです。モデル見学の際は、必見のポイントですよ。

内部の浴室もヒノキ板張が完了しました。
e0273217_21030850.jpg
いよいよ砂漆喰を塗って仕上げに入っていきます。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
木楽な家 現場レポートをご覧いただいている皆様にお知らせです!

現場レポートを更新してきました東持田の家がいよいよ完成します。
完成見学会を開催しますので、「サラッとした夏を過ごせる家」を体感しましょう!

見学のお申込みはお電話またはコチラからどうぞ。

日時:7/23(土)、24(日) 10:00~17:00
詳しくはチラシをご覧ください。
e0273217_07432506.jpg
東持田の家 現場レポートはコチラからどうぞ!
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

by kirakunaie | 2016-07-23 07:49 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)

姶良モデル3 内部の仕上げ工事が進んでいます

姶良モデル3では、内部の仕上げ工事が進んでいます。

木楽な家は、柱を仕上がりとして見せる真壁を基本としていますが、
姶良モデル3では、一部、柱を見せずに大壁として仕上げる部屋をつくっています。

杉の窓枠がはめ込まれ、壁の砂漆喰の下地が張られました。

ここは、キッチン横の家事室になるところで、奥さんのための2帖分のオプションスペースです。
自分だけの居場所、そして好きな物を広げておける場所、片付けなくったっていいんです!
e0273217_20100585.jpg
洗濯をたたんだり、アイロンがけをしたり、家計簿をつけたり、調べ物をしたり、
家事室の使い方はあなた次第。まだ全貌をお見せできませんが、
見学されるときにぜひ想像してみてくださいね。

北側の全開口サッシには、内障子の鴨居が取り付けられました。
e0273217_20100040.jpg
完成に向けて、大工工事が進みます。

木楽な家は、ユニットバスを使わず、壁板にヒノキを張ったお風呂をつくります。
お風呂の壁下地も作業が進んでいますよ。
e0273217_20101044.jpg
一日の終わりに自宅でヒノキの香りに包まれたお風呂でリラックスできる。
そんな浴室をつくっていきます。

それでは、また。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

住まいのことで困っていることはありませんか?
各現場周辺では「住まいの無料点検」、「家づくりの悩み無料相談」を実施中です。

毎日過ごす家のことなのに困ったままにしてしまうと、心にも身体にもよくないですよね。

住まいのことで困っていたら、いつでもご相談くださいね。

無料点検・無料相談のお申込みはコチラからどうぞ。
(お問い合わせ内容に、困っていることをご記入ください)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

by kirakunaie | 2016-07-05 07:42 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)

姶良モデル3 動かせる箱階段つくってます

姶良モデル3では、引き続き、箱階段の工事が進んでいます。
2つの箱階段が出来つつあります。4つに分割されたパーツを
組み合わせると、階段になります。

e0273217_20353145.jpg
e0273217_20354202.jpg
仕掛けは、モデルハウスがオープンしたら現場でゆっくりご覧下さい。
e0273217_20350059.jpge0273217_20344222.jpg
砂漆喰の下地も1枚1枚張り続け、部屋の形が見えてきました。
e0273217_20351863.jpg
外部も最後の仕上げとなるモルタル塗りにかかっています。
まずは下塗りを行いました。しばらく置いてわざとひびを発生させてから、仕上塗りに入っていきますよ。

たくさんの手仕事で、工事が進んでいきます。
それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

住まいのことで困っていることはありませんか?
各現場周辺では「住まいの無料点検」、「家づくりの悩み無料相談」を実施中です。

毎日過ごす家のことなのに困ったままにしてしまうと、心にも身体にもよくないですよね。

住まいのことで困っていたら、いつでもご相談くださいね。

無料点検・無料相談のお申込みはコチラからどうぞ。
(お問い合わせ内容に、困っていることをご記入ください)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
by kirakunaie | 2016-06-27 17:25 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)

姶良モデル3 箱階段の工事が進んでいます

姶良モデル3では、箱階段の工事が進んでいます。

もし、階段を動かせるとしたら、あなたならどう思いますか?

この箱階段は、単に登り降りするだけでなく、家具の一部として考えています。

上から吊られる部分と、下に置く部分に分かれているのですが、
写真は、2階から吊られる部分の工事しているところです。
e0273217_22055499.jpge0273217_22054724.jpg
こう見るだけでなんだか不思議な階段ですよね。
工事が進んでいったらまたレポートしますね!

さて、2階では床張りが完了し、砂漆喰の下地板張もどんどん進んでいますよ。
e0273217_22060074.jpge0273217_22060464.jpg
仕上りが楽しみです!

それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

住まいのことで困っていることはありませんか?
各現場周辺では「住まいの無料点検」、「家づくりの悩み無料相談」を実施中です。

毎日過ごす家のことなのに困ったままにしてしまうと、心にも身体にもよくないですよね。

住まいのことで困っていたら、いつでもご相談くださいね。

無料点検・無料相談のお申込みはコチラからどうぞ。
(お問い合わせ内容に、困っていることをご記入ください)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
by kirakunaie | 2016-06-25 07:39 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)

姶良モデル3 湿度対策工事中です。 

姶良モデル3では、引き続き内部の砂漆喰仕上げの下地板張りが進んでいます。

最近、いろんな所で漆喰塗り仕上げの壁を見ますよね。その下地は、すべて
石膏ボードです。石膏ボードも透湿効果がある建材なのですが、もっと
透湿性を上げることはできないものかと考えたのが、この板張り下地なんです。

湿度の高い鹿児島の夏を快適に過ごせる室内環境をつくろうとしているんです。
e0273217_19433376.jpg
大工がつくる下地に、左官が仕上げる砂漆喰。
それが、室内環境を湿度コントロールし、見た目に美しく、触れて優しい、
ずっと住んでいく、そして次の世代へ残していける家は、そんな温もりがあって、さらに機能もあったら、いいですよね。
e0273217_19435210.jpge0273217_19440018.jpg
しばらく下地張りが続きます。

雨あがりに1階から外を眺めてみました。
e0273217_19434038.jpg
軒が深いので、暗いところから明るい庭や遠景が見えます。
自分の家から、家の一部が見えるとなんだか楽しいですよね。

物置までデッキでつながれるので、物置で趣味の遊びをしている父さんのところへ駆け寄っていく子供たち
そんな姿を想像してしまいます。

それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

住まいのことで困っていることはありませんか?
各現場周辺では「住まいの無料点検」、「家づくりの悩み無料相談」を実施中です。

毎日過ごす家のことなのに困ったままにしてしまうと、心にも身体にもよくないですよね。

住まいのことで困っていたら、いつでもご相談くださいね。

無料点検・無料相談のお申込みはコチラからどうぞ。
(お問い合わせ内容に、困っていることをご記入ください)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
by kirakunaie | 2016-06-22 07:43 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)

姶良モデル3 箱階段の工事が始まりました

姶良モデル3では、階段の工事が始まりました。

Jパネルと呼ばれる杉板を3枚積層させた厚さ3センチの板を加工して、箱階段をつくっていきます。
文字通り収納を兼ねたり、エアコンの設置場所となったり、たくさんの仕掛けが詰まった階段になりますよ。
e0273217_20071026.jpg
まずは部材の加工です。これだけでは、どう使うかわからないですよね。
工事の進捗に合わせてまたレポートしますね!

さて、2階では引続き砂漆喰の下地板張りが進んでいます。

1枚1枚張っていくので、通常の石膏ボードを張る方法からすると時間がかかるのですが、
この見えなくなってしまうひと手間をかけることで、心地よい室内環境がつくれると考えています。

湿度コントロールについて詳しくは、現場やモデルを見学されたときにスタッフに聞いてみてくださいね!
e0273217_20070026.jpge0273217_20070651.jpg
現場を片づけていると、田植えをしたばかりの田んぼで、子供たちが遊んでいました。e0273217_20071571.jpg
住宅と離れの間につくる中庭の外構や、駐車場の屋根もたくさんの工夫がされる予定です。

それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

住まいのことで困っていることはありませんか?
各現場周辺では「住まいの無料点検」、「家づくりの悩み無料相談」を実施中です。

毎日過ごす家のことなのに困ったままにしてしまうと、心にも身体にもよくないですよね。

住まいのことで困っていたら、いつでもご相談くださいね。

無料点検・無料相談のお申込みはコチラからどうぞ。
(お問い合わせ内容に、困っていることをご記入ください)


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

by kirakunaie | 2016-06-19 16:11 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)

姶良モデル3 軒天が張られ、内部の工事が進んでいます。

姶良モデル3は、外部の大工工事がほぼ完了し、内部の工事が進んでいます。

下屋根の部分にも軒天のエクセルボードが張られました。
地震などの揺れが起きた時に力を逃がせるように、目地をとって張っていきます。
e0273217_20572287.jpg
玄関横に連続する窓も木製枠が付けられました。
この枠は、すべて大工さんの手仕事で1枚の板から加工してつくったものなんですよ。
ここにペアガラスをはめ込んでいきます。
e0273217_20571532.jpg
そして、内部では、砂漆喰の下地板張が進んでいます。
杉板を1枚1枚隙間をあけて、留め付けていきます。
e0273217_20573752.jpg
天井でしたアコースティック張と同じように、壁にも湿度をコントロールをしてもらう為の工夫です。
この上に砂漆喰を塗っていきますよ。

それでは、また。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

住まいのことで困っていることはありませんか?
各現場周辺では「住まいの無料点検」、「家づくりの悩み無料相談」を実施中です。

毎日過ごす家のことなのに困ったままにしてしまうと、心にも身体にもよくないですよね。

住まいのことで困っていたら、いつでもご相談くださいね。

無料点検・無料相談のお申込みはコチラからどうぞ。
(お問い合わせ内容に、困っていることをご記入ください)


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
by kirakunaie | 2016-06-18 07:30 | 姶良モデルⅢ | Comments(0)